孫悟空

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情新しい顔が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ希望が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「孫悟空」の項目を執筆しています。

孫 悟空(そん ごくう)は中国の明王朝の頃に書かれた小説『西遊記』の主人公を務める凄いサルである。

生い立ち[編集]

花果山の巨石から生まれたが、そもそもこんなサルが実在するだろうか!?おそらく宇宙からやってきた生命体に違いない。

当然、普通のサルとは違うので度胸試しに勝ってサル族の王になった上に人間の仙人(亀仙人ではない)に術を習うことも出来た。しかし、ほとんどの人間からは自分がサルとしか認識されていないので不服を感じ、天界に行って頂点に立とうとするが「サルごときが人間様の上に立つな」という事で馬番とか果実園の監督しか任命させてもらえなかった。が真面目に務めすぎたため周囲の嫉妬を買い、遂にブチ切れた悟空は天界で反乱を起こして一時は天下をとる寸前までいったが、釈迦に敗北して幽閉される。(真相は釈迦に保護されたとの説もある。)

それから数百年後に玄奘三蔵に救われ、彼の弟子およびボディガードとして新たな生き方を歩んでいく。もっとも実際の妖怪たちとの戦闘の際は、後輩弟子である猪八戒の背に隠れてばかりで、ほとんど役には立たなかった。

衣装[編集]

日本の著作物のイラストなどでは「頭に金の輪をはめ、赤い着物を着ている姿」で描かれている。金の輪に関しては原作通りだが、着物の色に関しては不明。これは『秘密戦隊ゴレンジャー』などの戦隊もののお約束である「チームリーダーは赤い服」という思想に基づくものと思われる。

ちなみに悟空の後輩である猪八戒(これは天界の人間が豚人間に転生させられたものである)と沙悟浄河童なのは日本のみ)に関しては特に着物の色は決まっていない。

なお頭の金の輪は、強そうな妖怪が出てきた際、「頭の輪が絞まって気分が悪い」との言い訳で戦わない口実に用いるためのものである。

演じた人物[編集]

関連項目[編集]


この項目「孫悟空」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)