子宮

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「子宮」の項目を執筆しています。

子宮(しきゅう)とは、生む機械又は初期段階の育てる機械である。

概要[編集]

主に成人女性(一部未成年)の下腹部内に発生し、生涯に概算480回ほど子供を製造する体制に入る。が、その殆どが材料の不足などで製造に失敗してしまう。その場合は製造体制終了の証として赤いサインを放つとされている。 材料選別の為に強酸を出すという説もあり、その生体はまだ解明されていない。

材料の調達が予定通りに行われた場合、卵子と組み合わせて極初期の子供を作成した後280日程度育成を行う。この間に容積が20倍以上に膨らむ事から、女性の下腹部内には超次元空間が生成されているものと思われる。

赤ちゃんはどこからくるのか、それは人類発祥の頃から続く謎だった。19世紀にその疑問に対して解剖学的なアプローチが考案され、開腹して直接調べた結果赤ちゃんは子宮から来るという事が明らかになった。 ただし多くの女性は子宮に関する情報を開示したがらない。これは特に日本人女性に顕著で、米国ではクスコを使ったセルフチェックが励行されているのも関わらず目診どころか触診さえ行わない事が多い。

では子宮自体は何処から来るのか、それは未だに明らかになっていない。新潟県胎内市が一大産地だという説も専門家[誰?]が唱えているが、自然発生説が今のところ有力である。

子宮に関する誤解[編集]

女性器とは違いカテゴリは「内臓」なので、AV等で子宮口部を露出させた場合でもモザイクは不要である。ただし開腹して全体図を提示した場合は「グロテスク」としてモザイクがかかることになる。
  • 常時設置型ではない。
子供を生む為の機械であるため、子供が生めない女性の場合には存在しない。ただし、子宮の有無で女性を判断するのは性差別的な事として憚られる為、便宜上開腹して取り出さない限りは存在し続けていることになっている。
男性が持つ素材注入官は長さが足りず湾曲も出来ないため、直に注入する事は出来ない。また子宮口は異物混入を防ぐためコンプライアンスに則り閉じているため、抉じ開ける事も不可能である。開腹して直接接続することは可能だが、機能不全を誘発する。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

食材として[編集]

子宮は筋肉の塊であり、かつては食材として珍重されていた。が、少子化を招く事もあり子宮の食用化は1932年に禁止され、現在は肉質の近い豚の子宮が「コブクロ」として流通している。現在では通人技術の披露を兼ねた交流会で振る舞う程度である[要出典]

関連項目[編集]