子ども手当

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「子ども手当」の項目を執筆しています。

子ども手当(こどもてあて)とは、民主党が罹患した病気の一つである。一部の医療専門家は、この病気の原因を新型定額給付菌だと指摘しているため、各方面による治療が行われている。

概要[編集]

民主党は2009年の第45回衆議院議員総選挙子ども手当に感染することをマニフェストに掲げて選挙に挑み、政権交代した。

子ども手当の主な症状は、中学校卒業までの全ての子どもに月額2万6000円を支給するというものである。民主党自らの発表によると、2010年(平成22年)6月に半額支給から実施して、翌年の平成23年からは全額を給付する症状を見せるという。また、国が子ども手当を発症すると、公立高校無償化と合わせ、全ての子どもが教育を受けられるようになると主張している。

しかし、子ども手当は身体に大きな負担がかかる。具体的には、年間約4.5兆円の血税を吐かねばならない。

そのため一部の医療専門家は、身体が負担に耐えられないのにこのような症状を見せているのは、民主党が定額給付菌に感染したからではないかと疑っている。

経緯[編集]

民主党が子ども手当に感染したのは、2006年であるとされている。

2006年当時は小泉純一郎が現役であり、子どもは風の子元気な子の影響が強かったため、子ども手当の早期発見と治療が遅れてしまったのだという指摘が存在する。しかし、2007年、2008年にも参議院で感染者の姿が確認されているため、この段階で隔離措置をとらなかったのは感染症に対する意識の低さの現れであるという意見も存在する。

また、2009年に民主党が本格的な子ども手当の症状を見せたことと、2009年新型インフルエンザの流行に因果関係がないかを調べ、今後の対策に生かすべきであるという研究者もいる。

2009年10月6日血税を吐く兆しを見せていた民主党は、各方面の懸命な治療によりなんとか症状を持ちなおした。しかし、未だに埋蔵金を求め続けているため、2010年に症状がぶり返すのではないかという憶測が広がっている。

負担[編集]

財政負担[編集]

国が本格的に子ども手当を発症した場合、肺結核に似た症状を見せると推測されている。咳き込むたびに年間約4.5兆円もの血税を吐き出してしまい、血税の補充が追いつかないと見られている。

民主党は輸血のため、扶養控除配偶者控除自民党政権で作られた2009年度補正予算から血税を絞り上げると言っているのだが、それでも足りないため国債を発行しようとしている。

IMFからは「少し身体をいたわって、赤字国債を控えるように」とさえ言われているのだが、民主党はあまり重要だと思っていないようだ。

国民負担[編集]

民主党は国民からも血税を輸血するように求めている。具体的には前述の扶養控除と配偶者控除を廃止し、それまで税金を免除していた層からも輸血させようとしている。

これにより国民の負担が増える一方で、子ども手当を発症した国からの見返りは微々たるものであると指摘されている。事実、子ども手当により吐き出される血税より、控除の廃止で吸い上げられる血税の方が多い。そのため、高校無償化と合わせて考えたとしても、実質的には血税を搾り取っているだけなのではないかという意見もある。

治療方法[編集]

子ども手当の原因となっている病原体は未だ特定できていないが、新型の定額給付菌であるという説が有力となっている。

本来、定額給付菌は一過性の病気であり、一度症状を見せたあとは経済の活性化を残して完治する病気である。しかし、子ども手当は通常の定額給付菌とは違い、症状を発症すれば治療しない限りずっと身体をむしばむことになる。

通常の定額給付菌は一過性だからといっても、国の負担は相当なものだった。それがずっと続くのである。最悪、国や経済が疲弊して死ぬことすらある恐ろしい病気であるといえる。

対症療法としては、常に吐血する分の血税を輸血すれば良いのだが、リーマン・ショックのあった2009年の時勢では、輸血量が増えるわけもない。そのため、万が一国が本格的な子ども手当を発症した場合に備えて原因療法の発見が進められているのだが、民主党が治療に消極的な態度をとっているため、研究は難航している。

重度の患者が出ている。鳩山由紀夫総理が重度の症状が出ていることが判明、鳩山由紀夫のママから発症した子ども手当により12億円給付されていたことが明らかとなった。

関連項目[編集]