嫌韓

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』 民明書房『"嫌韓"起源異聞』
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「嫌韓」の項目を執筆しています。

嫌韓(けんかん)とは、を嫌うという意味である。

韓とは[編集]

韓とは中国戦国時代に存在した王朝で、現代の陝西省の周辺を本拠地にしていた。当時の中国は小国が微妙なバランスで共存し、統一政権が無い状態であった。韓の公子韓非はこの弱小国家を強くする方法を考案し著述した。これが有名な『韓非子』である。

韓非子[編集]

韓非子の思想的背景には、「人間なんざそもそもロクでもないもんだ」(生悪説)というものがあり、そんなロクでもない人間の集合体である国家を少しはマシな方に運営するには、「法」による統治が最適であるというのが彼の持論である。彼の説く法の内容は、以下のような厳しい内容であった。

嫌韓の始まり[編集]

韓非子の主張は多くの儒家の反発を受けた。また韓非子の法による統治は、非常に厳しいものであったため、この手法が自分の国に波及するのを恐れた人々(右手が恋人の人たち)は「嫌韓」の運動を始めた。

韓の隣国、秦では、車輪(Che lung)に韓の悪評を書かせ、猥褻禁書を扱う商人の晋遊(jing young)を利用して諸国にばらまいた。事は秦の思惑通りに動き、諸国は韓との関係を断絶。外交的に孤立した韓を秦は征服し、韓は滅亡した。韓を併呑した事により秦は大国となり、小国間の微妙なバランスは崩壊、秦はその他の諸国をも征服することに成功した。

司馬遷による評価[編集]

山川出版社の従業員である[1]司馬遷は著書において、戦国時代の秦以外の諸国が滅亡した理由として「嫌韓」を挙げ、安易な扇動に煽られて他国を嫌悪する事は、自国の滅亡につながると評した。故事成語としての「嫌韓」は司馬遷のこの評に由来している。

脚注[編集]

関連項目[編集]