姉歯秀継

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、戦国時代に活躍した一級建築士について記述しているばい! ジェンガの世界大会で準優勝したハゲにつ・い・て・は「姉歯秀次」をCHECK IT OUT!! はい!!!

姉歯秀継(あねはひでつぐ、まえだひでつぐ)は、戦国時代の建築士、設計士。槍の又左衛門として有名な前田利家の末の弟。

人物・生涯[編集]

前田利春の末の子として生まれる。幼い頃、父が買って来たレゴブロックに興味を示し、やがて没頭するようになり建築業に目覚める。生まれつきの手先の器用さを生かして押戸の修理や本棚の設置、固定など前田家の日曜大工を一手に引き受けてきた秀継は、武辺者で建築のことなど何も分かっていない家族から「お前将来一人前の大工になれるぞ」と持て囃され増長してゆく。やがて父利春は尾張の大工姉歯家に秀継を無理矢理脅して養子に入れさせた。

ある日、秀継が電光石火の閃きによって設計、建築したオブジェが織田信長の目に留まり、以降その奇抜な発想、デザインとキューピー3分クッキングとタメを張れる速さで建築を仕上げてしまう敏腕振りを買われ、築城などにその手腕を存分に発揮する。しかしあまりにも仕上げが早すぎる事や、彼が築城に携わるようになってから前田家の懐が急に肥え始めたことから、手抜き工事をしているのではないかとの声が絶えなかった。

1586年に発生した天正大地震によって、居城舟木城が崩壊して妻子とともに圧死。この地震では他にも秀継が改修に携わった長浜城が全壊するなど、秀継の関わった城、建物の倒壊が著しかったため、今一度秀継の手抜き工事が疑われる事になったが、兄の利家が弟を冒涜するかと秀継に疑いの眼を向けるものに対して脅しをかけて強引に疑惑を握りつぶした。

前田慶次曰く、利家も含めて存在感が薄く役に立つのかどうか疑わしい二流武将ばかりの前田家において数少ない前途有望な人材であったようである。しかし慶次と秀継に面識があったかどうかは疑わしい。利家もその死を惜しんだと言う。しかし、一部の心無い輩の噂に過ぎないが秀継は証拠隠滅のために利家に抹殺されたのだとも言われる。何の証拠かはお察し下さい

ちなみに、秀継はヅラではない。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「前田秀継」の項目を執筆しています。