A元一級建築士

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
A元一級建築士
遂にゲーム化。
第2弾も発売決定。
被り物を取られた時の姿
Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「A元一級建築士」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「構造計算書偽装問題」の項目を執筆しています。
第64回 (2005年
エクストリーム・謝罪準優勝プレイヤー
「被告人が逮捕後に拘置所へ向かう際、マスコミに対しスキンヘッドで姿をあらわし、かつらの着用を露呈してしまった例もある。」
A元一級建築士 について、ウィキペディア

A元一級建築士(1957年6月10日 - )は、日本で最も高名な建築家。超一級欠陥建築士カツラ検定六段。

概要[編集]

従来の建築工法に比べて大幅にコストと骨組みを削減できる画期的な「姉歯ジェンガ工法」を提唱・実践し、一躍時の人となる。 建築士と建設会社が対話形式で骨組みを一本ずつ限界まで引っこ抜いていくというこの工法は、ごく普通の一般向けマンション建築において緊迫感や恐怖感、絶望感を見事に表現することに成功し、木村建設など一部の会社に熱狂的に支持されるが、前衛的過ぎるその建築手法は保守的な日本の建築界では理解されず、大人の事情により隠蔽されることとなった。


趣味[編集]

上記のすばらしき建築術に加え、カツラコレクターとしても知られており、「毎日微妙に違う髪型」や「髪が変に浮いている」、「髪が明らかにズレている」など、髪の毛を偽装しているのではないかという疑惑が前々から喧伝されてきたが、逮捕時に撮られた写真、映像にスキンヘッドの姿をうつされたため、疑惑が確証へと変わった。さらに自宅の家宅捜索で何百ものカツラがタンスの中に入っているのが発見されたことで、世間からは「カツラコレクター」と呼ばれるようになった。この件について小倉智昭に質問をしたところ、「ノーコメント」と答えられた。

著名な姉歯物件[編集]

A元一級建築士監修のゲーム[編集]

創価学会と拝金教[編集]

創価学会拝金教の敬虔な信者。「姉歯ジェンガ工法」による利益は全てお布施に、自宅の外壁に公明党のポスターを貼り『聖教新聞』を複数部購読して玄関前で無料配布する熱心振り。なのに創価と拝金教は姉歯が信者である事を必死で隠蔽、否認した。

関連事項[編集]