姉弟妹相姦

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「姉弟妹相姦」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

姉弟妹相姦(きょうだいそうかん)とは近親相姦の三型甲種である。

概要[編集]

これは家族構成で3人姉弟妹のときでなおかつ年齢順に並べると一番上が、中間が、一番下がのときに発生するきわめて珍しい現象。

原因[編集]

姉から押さえつけられ、妹から突き上げられた弟は必然的に穏和な性格になる、この現象を悔負効果と呼ぶ、さらに成長する過程では必然的に女の遊びが中心になるので弟は優しく家庭的な人間になる(そうでないと姉に殺される又は悔負降ろし(親にしかられること)発生するので)するとなぜか女装が似合うようになってくる。そしてそれは、姉や妹よりも美しいので癖のように女装をさせられるのである。この現象は基本的に10歳以上では沈着するが時々15~16歳頃にチャンピオンとかを読み復活するバヤイがある。これが姉弟妹相姦の原因である。

段階[編集]

姉弟妹相姦はまず、姉が弟を女装させるところから始まり、だんだん姉との興奮が高まりついには姉と弟で相姦をしてしまう。そして、妹がそれを知ると今度は弟に詰め寄って結局相姦する。これを挟み撃ちの原理と言い、その二つのことが最後には姉弟妹間で発覚し、最後には逆3Pが発生する。

対策[編集]

知ったことか!むしろ裏山ほしいもというらやましい。 舐めたり噛んだりしゃぶったりすればおk。