姉妹

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「姉妹」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「姉妹」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「姉妹」の記事を執筆しています。

姉妹(しまい)とは、断ちがたい絆で結ばれた女性たちの事である。

概要[編集]

兄弟と同じく様々な理由で結ばれた(物理的含む)女性二名以上からなる集合体であり、一般的にその関係性を破棄することは難しい。

読みは「しまい」だが、メディアでの呼称は「きょうだい」になることが近年多い。男女平等思想によるものかそれとも単に呼びわけが面倒なのかは不明である。

また人間以外にも女性名詞及び雌個体にも用いる。

結縁例[編集]

血縁[編集]

もっとも一般的な姉妹。同じ親を持つ事が前提だが、母親が異なる場合は「腹違いの」父親が異なる場合は「種違いの」が冠詞として付けられる。また親の立ち位置によって「妾腹の」などが付くこともある。

間に男子が混ざると姉弟妹、上に兄がいると兄姉妹になる。兄弟妹や姉兄弟もあるが何にせよ女子が絶対権力者であり、どうなろうとも男子は奴隷として扱われる。

一般的ではあるが外面的な結び付きはあまり強くなく、物理的に結ばれる事は少ない。

義理[編集]

兄弟が結婚した、という事で入ってきた外家の女性を「後で合流した家族」として姉妹に組み込んだもの。自分がそうなることもある。

生活習慣などの差異により対立することもあるが、新しい風を家にもたらすということで結果的には歓迎される事が多い。またある種の傾向がある女性にとっては恋愛対象としての姉妹になることもある。

本人の意思とは関係なく、離婚や死別によって解消されてしまうため結び付きとしてはやや弱い。

経済/文化[編集]

都市同士に対して用いるもの。都市は女性名詞なので、友好関係を持つ都市同士を姉妹として扱う。

法的な関係性はなく、どちらかの都合であっさり断たれそうになるが色々と柵もあってダラダラと存続する傾向が強い。

恋愛[編集]

いわゆる女性同性愛の形態。同性間婚姻が認められていないため、外面的な続柄を取り繕うために用いる。また恋愛までいかずとも、精神的な依存効果により相手を姉または妹と呼ぶ事がある。

二名で構成される事がほとんどだが、希に大人数になることもある。特に同種コロニーではその傾向が強く、「○○さんは私のだから」と所有権を主張しあって喧嘩をする事も多い。

物理的心情的結び付きが非常に強く、常に行動を共にする傾向にある。入る墓まで一緒、という仲良し姉妹も少なくない。

性経験[編集]

同じ竿もしくは棒を使用した女性同士を「竿(棒)姉妹」と呼称する。これは姉妹の中では例外的に本人たちの自覚がない場合が多い。上記の血縁姉妹が同時刻にそうなった場合は姉妹丼という特殊な食品が精製される[要出典]

この姉妹関係は結び付きが殆ど無い。その竿に対して強い思い入れがある場合は竿争奪戦を繰り広げることもあるが、大抵は次の竿を求めて去っていく。

関連項目[編集]