出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
架空の生物ながらも多くの男子諸君は欲している

(いもうと)とは、ギリシャ神話に登場する伝説の生物。実際には存在しないと言われているが偶に実在報告例が出ることもある生物である。

「見た目は大変可愛いく、にベッタリ、なんかみんな同じような声な気がする。」とされる。姿を見る前にすぐに爆発してしまうため捜索は困難である。また、爆発スイッチを常備する妹の存在も報告されている。

かつて、各メディアでは、18歳未満は妹と認められていなかったが、近年はそうでもないようだ。(年齢不詳である場合もある。)

「おばあちゃんが言っていた…。『たとえ世界を敵に回しても守るべきものがある。』
妹 について、天道総司

特徴[編集]

仲の良い兄と妹の図
  • 兄から見て、恋愛対象になるくらい可愛い。
  • 年齢が1つ若いだけでも、まるで子供のように若々しい。
  • 血がつながっていないのが本当の妹であると以前はされていたが、最近は実妹もOKになったようである。
  • 男性を「お兄ちゃん」と呼ぶ同い年の同居人はこれに定義されるかどうかは微妙である。
  • アグミオン
  • 都市伝説の一種とされることもある。(主に三次元に生息する兄からの意見)
  • ふすま一枚へだてて眠っていることもある。
  • 「早く街に ガス電気電話水道が つくといいな」と木琴を叩きながら言ったりもする。
  • ある日突然12人の妹ができ、しかも全員がお兄様を慕ってきた事例が存在する。(トミタケ・プリンセス)。
  • 注意して取り扱わないと爆発する恐れがある。
  • 20000体の妹達が生産されているとか・・・
  • 暇になると、バルサミコ酢~!!!と叫びたくなるようである。

生態系[編集]

「妹」は「母」もしくは「父」あるいはその両方によって飼育されるとされた。ある程度成長した場合、「兄」がその世話係をすることもある。「兄」もしくは「父」、あるいはその両方と性行為を行う妹も古文書に記されている。 また、「妹」は女性のポジティブな側面の象徴にして集大成であり、それゆえに女性のネガティブな側面の象徴にして集大成である「姉」とは、不倶戴天の天敵同士であるという。

歴史[編集]

のび太も欲しがる妹。この場合、兄に対する呼称によるシチュエーションの重要さを示している。
  • プラトンの著書「ティマイオス」では、妹は元素の1つであり、形は正十二面体だとされている。十二面体の各面には「可憐」などそれぞれ名前がついている。
  • 古代中国では妹は「義理」「血縁」の2つから成り立っていて、さらに「ツンデレ」、「デレデレ」、「しっかり者」、「帰国子女」など五行に分かれていると考えられた。
  • さらに春秋戦国期に至ると木星の公転周期(約11.8年)と結びつけられ12種の属性に分割する事が提案されているよ、おにいちゃん。
  • 西洋では19世紀にドミトリ・メンデレーエフが妹を「萌え」と「ツンデレ」を手がかりに並べ替えることで、108人の妹の出現を(未発見のものを含めて)正確に予測した。周期妹表の発見とよばれ、ノーベル賞の有力な候補とされたが、妹と「ツンデレ」の分離に成功したアンリ・モアッサンに1票差で破れ、翌年メンデレーエフは憤死した。メンデレーエフの最期の言葉は「妹が・・・ほしかった・・・っ・・・・」だったといわれている。また、兄に胸を偶然触られ、あまりの恥ずかしさにアトランティスを海底に沈めた妹の存在も史実にある。

歴史上の妹ふぇち[編集]

  • 伏羲:妹(女媧)を妻とし、天地を創造したといわれている。
  • 狭穂彦:妹を垂仁天皇に奪われた腹いせに皇位簒奪をもくろんだ。
  • 天智天皇:実妹(間人皇女)を孝徳天皇から寝取り、母(斎明天皇)が死ぬと「妹の力」で日本を治めた(称制)。マザコンに加え、シスコン、寝取り好き、近親婚大好きという日本史上屈指のド変態
  • ニーチェ:妹フェチの代表として知られる偉い人
  • 柳田国男:「妹の力」という本を書いた偉い人
  • 最上義光:「妹の力」で停戦した困った武将

有名な妹[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。
ツンデレ ……見ての通り、この記事「 」は書きかけなわけだけど…、はぁ!?何言ってんの?勘違いしてるんじゃないわよ! べっ、別に加筆して欲しいわけじゃ無いんだから!まぁ、アンタがどうしても加筆したいって言うのなら、加筆させてあげてもいいんだけど…… (Portal:スタブ)