好きこそ物の上手なれ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「好きこそ物の上手なれ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

好きこそ物の上手なれ(すきこそもののじょうずなれ)とは、房中術極意の一つである。そこから転じて現在では一般的に、「好きな物事には積極的に取り組むため自然と上達する」といった意味で使われている。

しかし現在では前者の意味を理解している人は少なくなっており、後者の意味で使われることが殆どとなってしまっている。この言葉はごく当たり前のように日常会話の中で使用されるが、本来は大人の世界の言葉であることに注意していただきたい。

概要[編集]

現在は、興味がある物事に対しては自分から積極的に取り組むため、 上達が早かったり他者より秀でた能力を発揮することが出来るといった意味で使われる。

しかし本来は、性交における極意を表した言葉であり、ここでいう「物」とは本来、性交のことを指す。このの本来の含意は大きく二つに別けられ、どちらもより良い性交を行うための姿勢の持ちようを説いたものである。 以下にそれを挙げる。

一、性交を好きになり楽しむ心を持つべし
性交には勿論技術力が要求される。よって飽くなき探究心により様々な性技を試し、己の研磨すべし。それによって床上手となることが出来る。その道のりは長く険しいため、性交を好きでなければ頂点を極めることは難しい。また常に上を目指し新たなアイデアを試すことによってマンネリを防止し、長く楽しむことが出来る。
二、相手を好くべし
性交では自慰行為と違い相手がいる。その相手に対する思いやり、相手を好きだという想いが上手な性交へと繋がる。互いに相手を好きになり、相手を喜ばせようという心を持つことが重要なのである。技術的なものだけにとらわれることなく、相手のフォースを感じながら行うことによって更なる高みへと到達することが可能となるのである。

これらを心に留めて性交に臨むことで、より良い性交を実現することが出来るとされる。ここで特に第一の意味の方には現在の意味にも通じる原型が含まれていることが見て取れる。

歴史[編集]

発生[編集]

古代中国において発生した房中術であるが、その試行錯誤の果てにこの言葉が生まれた。これは当時の皇帝がその権力を傘にきた独りよがりな自慰的性交を行うことが多かったことに対する戒めとしての意味合いも含まれていたとされる。この極意へと到達したのは、生まれた時から女性との接触を一切断絶するという荒行を積んだ童貞暦130年の仙人であったという。いわばその思考の飛躍と中学生並の妄想力とが極意到達に必要とされたといわれる。

変遷[編集]

元来は先述のような意味で使われている言葉であったが、子供がこの意味をに聞いたとき、大人の事情でそのまま伝えることが憚られた。そのため非常に簡略化し、言葉の上辺だけを説いた現在意味を教えるということが横行し、その結果その意味から本来の性的な要素が排除されたとされる。またセックスフレンドのような肉体的快楽を追い求めるだけの存在が出現してきた現代社会において、「」というを性交時の要とすることは難しく、それが相手を思いやる気持ちという面をこの言葉から薄れさせてしまったと嘆く研究者童貞)もいる。

関連[編集]


この「好きこそ物の上手なれ」には
まだまともなことがかかれてないけど、
おいしいものをたべてかきくわえたらなおるよ! (Portal:スタブ)
Naoruyo Transparent.png