女子中学生

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

女子中学生(じょしちゅうがくせい)とは、無駄にたむろする事の多いキャピキャピした出世魚の一種。小女子の成長したものが女子中学生と呼ばれる。

概要[編集]

女は生後、約6年が経過すると小女子と呼ばれようになるが、女子中学生はさらにその小女子が、一般的に6年の年月をかけて成長したものの総称である。

一般的に女子中学生として3年成長したものは、女子高校生と名前を変えるものが多いが、一部の女子中学生は未熟なまま、市場へと出回ることがある。このような場合、その希少価値から一部のマニアがこぞって買い付けに走るが、未熟であるという事を理由に、需要に見合った価格はつけられず、十分に成熟した女に比べると安価な値段で落札される事が多い。

女子中学生の上位種である女子高校生と比較した場合、女子中学生は所持金が少なく行動範囲も限られていることが多いが、女子小学生と比較した場合には女子中学生の方が所持金が多く、行動範囲も広く、ある程度自由であると言える。


エロ真っ盛りの男子中学生に、美人中学生はリコーダーにイタズラをされる。特に、リコーダーに精液をぶっかける行為が多発する。

外見[編集]

小女子に比べると、ヒップが大きくなっていて、ウエストがくびれ始めていることで、小女子かどうかを見分ける大きなポイントになる。バスト小女子高学年の11-12歳に著しく成長するため、大人のバストに近くなっていることで小女子かどうかを見分ける大きなポイントになる。また生殖器付近からの発毛が見られるが、通常、発毛の有無を確認する事は難しく、小女子との判別には役に立たない。女子高生になる頃にはバスト・ウエスト・ヒップ共に大人の体型に近くなっている。

また上位種である女子高生に比べると、顔面部に模様があるものは少なく、模様の有無は女子高生との判別に重要なポイントと言える。

生態[編集]

基本的に一人で行動できず、一人だと不安で仕方がないように感じると言われている。 その証拠として動物行動学の権威コンラート・ローレンツにより、「女子中学生はトイレに行くときはほぼ必ず群れる。」という研究成果が発表されている。

また、突発的に恋に目覚めることが多く、手当たり次第に異性に告白し始めるという事例が報告されている。 しかしフられることも多く、フられたことにより意気消沈し失恋症候群にかかる場合がある。 失恋症候群に罹患すると、失恋したことにより周りが見えなくなり成績が下がるなどの症状がでる。 よって、学校、部活によっては恋愛禁止を叫んでいるところもある。

それの類似種であるスイーツ (笑)に目覚めてしまうと少し価格が下落するためそうならないように注意が必要である。

生息地[編集]

昼間は中学校を中心に生息しているが、近辺のコンビニエンスストアや、スーパーでもよく確認する事が出来る。 夜間になると屋外での確認は難しくなるが、そのかわりに、インターネット上のプロフなどの携帯サイトに出没するようになる。

また極稀ではあるが、夜間に風俗店などの屋内で発見されるなどの報告事例もあり、このような場合は、珍しい発見に各マスメディアなどが大きく取り上げる。

関連項目[編集]

この項目「女子中学生」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)