ジョシ (ヒト科)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、生物としての女子 について記述しているばい! 言葉としての女の子につ・い・て・は「女の子」をCHECK IT OUT!! はい!!!
女子(ジョシ)
2011年、女子高生の最新ファッション.jpg
冬によく見かける女子の画像
分類
ドメ
イン
: 真核生物
: 動物界
: 脊索動物門
亜門 : 脊椎動物亜門
上綱 : 四肢動物
: 哺乳綱
上目 : 真主齧上目
: サル目
亜目 : 直鼻猿亜目
下目 : 狭鼻下目
上科 : ヒト上科
: ヒト科
亜科 : ヒト亜科
: ヒト族
亜族 : ヒト亜族
: ヒト属
: ジョシ
学名
E~Sore meccha ukeru
亜種

ジョシ女子 あるいは )はサル目、ヒト科に属する哺乳類の総称である。主に日本に分布する[1]

形態[編集]

女子は主にスレンダーで小柄な体形をもつ。稀にブクブクと肥えているにも関わらず、自らを女子と偽る種がいるが、これは女子ではなくイノシシ科のの仲間である可能性が高いので、女子と接する時には注意が必要である。また、多くの女子は頭髪を弄り、自分に見合う髪型を作っている。中学生以上の女子化粧を覚え、眉毛がなくなっていることが多い。また女子の多くの個体が、自らの体毛をムダ毛と呼び、それらを刈り取っている姿を確認している。

生態[編集]

女子は主に学生であることが多いため、必然的に学校、大学で生活している。一日のほとんどを仲間と喋ることと、ケータイを弄ること、更には「彼氏[2]」を作ることで過ごす。

女子はこれを見てカワイーの鳴き声をあげる。

鳴き声は「カワイー」「ウケルー」という独特のもので、近年は何を見ても「カワイー」と鳴く個体が増加している。専門家はこの事について、「女子の発するカワイーは人間の雄がよく発する『やべぇ』のようなものだ」とする意見と「女子はカワイーと鳴くことにより自分も可愛くなれる。もしくはカワイーと鳴く自分が可愛いと考えている」の二つの見解を示している。

また、見た目に似合わず肉食で餌は主に人間の雄である。もしも遭遇した場合は死んだふりをするというのが通例とされてきたが、実はそれはとても危険であり、襲われる可能性が高い。もし遭遇した場合は背中を見せないように後退りながら逃げることが重要だと猟友会は注意を呼び掛けている。だが依然として、学校でちょっと優しくされた、また少し話し掛けて貰えたことで童貞が被害にあう事件は減少せず、そればかりか増加しているという。

人間との関わり[編集]

女子肉食の猛獣だが、人間と深い関わりを持っている。

女子飼い[編集]

女子を飼い慣らして、銭や処女性を捕る、日本の伝統的な漁法である。近年になり廃れてきた、一部では伝統文化として毎年多くの人で賑わっている。誰でも女子匠(じょしょう)になり、女子を飼い慣らすことはできるが[3]、飼い慣らすのは時間精力が必要で、近年は奥手がちが多くなっているため、女子匠の人口は減少の一途を辿っている。

女子の好物[編集]

  • ディズニーキャラ・・・いうまでもなく人気である。カワイーと泣きわめく。
  • ジャニーズ・・・総じて人間の雄が好みのようだ。
  • キラキラ感や派手さ・・・目立ちたくて仕方がない。とても強い自己顕示欲を持っている。

近年の問題[編集]

  • 人間が乱獲しすぎたため、若い世代の女子が減少し始めている。迅速な対応が求めらており、臨時の女子会が開かれることとなった。
  • 女子力は、女子が使える、漫画でいうとドラゴンボールや、ハンター×ハンターのオーラのような生体エネルギーのようなものであるが、近年になり、これが高すぎる個体が数頭発見、保護された。女子力は高いと群れの中での地位があがったり、より多くのイケメンを捕食できるが、高すぎると負荷がかかり、最悪の場合は死に至る。専門家は「女子力は高ければ高いほどいいという風潮が多くの群れで流行した。新種のウイルスかもしれない」と話している。今後、その「女子インフルエンザウイルス」が人間に及ぼす影響があるのかを中心に調査していくと研究チームは発表した。

関連項目[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「女子」は何故か「女の子」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「女子」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

脚注[編集]

  1. ^ 幼い容姿や幼い精神年齢が異性に好まれる種族が余り海外にはないことから
  2. ^ 女子たちが仲間内で優劣をつけたいとき、もしくは何かを買うときの財布。本命のための保険として使用する個体も多く確認されている。
  3. ^ ※ただしイケメンに限る