女大学

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

女大学(おんなだいがく)は、戦前に日本に存在した日本初の女子大学である。


概要[編集]

古来より日本では男尊女卑の考え方が根強く、女性の地位は低く見られてきた。その現状に反発し、「良妻賢母の育成」(現代風に言えば「女子力アップ☆」)を掲げ、江戸時代1716年に設立された。全寮男子禁制。現代の女子大学はキリスト教系のものが多いが、女大学では「教育と宗教の分離」いわゆる「教教分離」を原則としていた。終戦とともに廃学。

名称に関しては他に「女子大学」案、「女帝国大学」案が存在したが、「女子大学」案は「どこまでが女『子』か」という議論が起こりかけ、「女帝国大学」案は誤解されかねないため廃案となった。

教育内容[編集]

「女性は結婚するのが当たり前」とされていた時代であったため、結婚したうえでの女性の力を伸ばす教育内容が採用されていた。主なものに、下記のようなものがある。

家事
に文句を言わせず、なおかつ夫がから離れられないようにすることを目的とする。
算術
夫よりも高い金銭感覚をもち、家計を握ることを目的とする。
管理能力
家族全体をコントロールし、夫や召使いや下女や夫などの規律を保たせることを目的とする。「夫にお使いをさせる方法」など。

校則[編集]

当時は女性のための教育機関を作るというだけで風当たりが強く、不祥事が起きないようにするため、厳しい校則を作らなければならなかった。しかし、この厳しい校則のおかげで、過保護にされることなく、たくましい女性が育ったという見方もある。ここでは、主なものを紹介する。

  • 私語は禁ずる
  • 人の多い所へは行くべからず
  • 衣服は露出の多いものは避け[1]、常に清潔を保つこと

社会的評価[編集]

女大学の卒業生のほとんどは嫁ぎ先で家庭の実権を握り活躍し、家の発展や家庭円満を実現した。そのことから、女大学の卒業生に関して「真面目だ」、「はずれがない」、「家庭的だ」など好意的な意見が多かった。しかし、「真面目すぎる」、「何かヤダ」、「古臭い」などの否定的な意見も少数存在し、そのような意見を持つ文化人の代表であった福沢諭吉新女大学を設立した。

脚注[編集]

  1. ^ 変な男が寄って来るのを避けるためと考えられる

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「女大学」の項目を執筆しています。


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第30回執筆コンテストに出品されました。