奈落の底への片道切符

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

奈落の底への片道切符(ならくのそこへのかたみちきっぷ)とは、地獄が発売する地獄を味わうための切符。詐欺罪で訴訟が起こされるもっとも多い切符である。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「奈落の底への片道切符」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

概要[編集]

この切符は地球誕生の58億年前からあったとされ、最も古い切符発券の資料は「旧約聖書」とされている。この中でアダムとイヴがこの切符を購入、神によって無事奈落の底への運行が為されたことが始まりとされる。興味本位で買う、嫉妬で買う、人気者のため買うなど、とにかく調子に乗って買う人が多く、またその切符で奈落の底へ落ちた人は裁判所に訴えたり、桜田門に被害を報告するなど、弁償騒ぎが相次いでいる切符である。しかし販売側は「自分で買って運行されたのだから仕方がない、そもそもそういうリスクを考慮すべき」とし、訴訟を全て打ち勝っているのである。

被害[編集]

概要で述べたとおり、この切符は「奈落の底へ行く」ということがウリであり、そこが争点になりやすいのである。旧約聖書ではアダムとイヴが蛇のセールスによってリンゴの形をした切符を購入し、神に奈落の底まで突き落とされている。ノアの箱舟であってもノアの箱舟に乗れる切符とこの切符が出回り、買い間違えた人には土佐衛門化が待ち受けていた。 現代においても芸能人、タレントやアーティストが次々この切符を購入している。奈落の底への突き落とし方は逮捕不倫を始めとした方法を経由し、人気の墜落や界隈から除名されるという結果で奈落の底行きを達成している。有名人に限らず、近くの友達、学生などもミスいじめによって奈落の底行きになる人もいるのである。また、物理的な奈落の底行き精神的奈落の底といった切符も販売は好調であり、世界的に多くの個人から国まで、この切符を購入しているものとされる。

訴訟と地獄側[編集]

この切符はなぜか理不尽な形で買わされたとわめく有名人、友人達が多い。自己責任であるにも関わらず、これを提訴したり警察へ被害を届けようとする人々が多いのである。警察や裁判所、検察は「またかよ……」と呆れながら裁判所や検察に届け出ることが多い。しかし発売側の地獄は「買った覚えがなくとも、他者から見れば購入していることは事実。そういう方向に走らないよう自制していれば買うはずがない」と釈明し、地獄側は今まで弁償や請求を課せられたことは一度もない。また人によっては「買ったことがない、嵌められた」と弁明する人もいるが、自分で蒔いた種によって引き起こされたことを分からない人物が大勢であり、一般の人はそれを無視するのである。自業自得ということばが似合うほど、買った人は愚かともいえる。

販売[編集]

東武鉄道は、この切符の有力な販売代理店のひとつである[要出典]

この切符の購入の仕方は二通りあり、一つ目は自分から購入に向かう、もう一つは他人から付与されることである。前述のケースを見ると大体前者の方法で購入している人が多く、後者はいわゆる「罪のなすりつけ」である。自分から購入に向かうことに関しては救いようのない話であり、ましてや他人に助けを求むのは論外である。しかし後者はクーリング・オフできるケースもいくつか存在し、世界的にも後者は救済されるべきとされているものである。


関連項目[編集]

東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「奈落の底への片道切符」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)