失われた20年

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

本稿では、終戦後の日本について書き記す。

終戦、そして高度経済成長[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「高度経済成長」の項目を執筆しています。

1945年8月15日、晴れてアメリカの犬となった日本は、1950年に飼い主が参加する朝鮮戦争で使用される武器などを製造することで特需が発生し、経済が成長していく。それにより一般人にも金の余裕ができたためアーン♥♥をし、子供ができさらに消費が活発になり・・・という無限ループとなったため経済はどんどん良くなっていた折に東京五輪開催が決定。建設などさらに景気が良くなるという好循環が働き、1960年にはGNPで世界2位に躍り出た。もっとも、飼い主やそのお友達らは「1ドル360円なんぞに固定してたらそうなるわな」と冷めた目で見ていたがとはいえ焼け野原から10年でここまで来たのは見事なものである。

1964年に証券不況に陥るが、社員は悪くありませんからの会社が日銀特融などで救世主となった。

オイルショック[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「オイルショック」の項目を執筆しています。

その後も札幌五輪大阪万博などの特需で経済成長を続けていたが、そんな最中の1973年に第四次中東戦争が勃発、石炭から石油への移行が進んでおり炭鉱の事故が追い打ちをかけた日本はほとんどの石油を中東に頼っており、その国が「値上げする」といったことから、軍人変人凡人の父が提唱していた日本列島改造論はもちろんのこと、一般企業も現代で言う「省エネ」を求め、新幹線建設まで遅れる始末となった。一般人がトイレットペーパーを買占めようと走りまわったのはあまりに有名だろう。

また、1979年には第二次オイルショックも発生していたが、日本では誰も気にしなかった

そして好景気[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「好景気」の項目を執筆しています。

オイルショックを切り抜けた日本は、好景気へと突き進んでいく。

1985年にはプラザ合意がなされ、急速に円高が進む。これにより一時景気が非常に悪くなったが、その後回復。景気は延々よくなり、日経平均が3万に達することもあった。

天皇崩御 激動の昭和が終わり平成へ[編集]

そんな好景気の最中、昭和天皇が崩御した。列島は悲しみに包まれ、初場所が一日遅れるという異例のことも起きた。時代は戦争から経済成長の「激動」の昭和から、皇太子明仁親王が天皇になった。

快進撃はなおも続く[編集]

天皇が変わった1989年(平成元年)も景気はよかったが、株価は下落していた。とはいえ、庶民はディスコで夜を明かすことがざらにあり、景気は良かった。

その後[編集]

2012年に安倍晋三アベノミクスを提唱した。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「失われた20年」の項目を執筆しています。