太宰治

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、太宰治について記述しています。 その他の太宰については「太宰 (曖昧さ回避)」をCHECK IT OUT!!
「僕は太宰さんの文学は嫌いなんです」
太宰治 について、三島由紀夫
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「太宰治」の項目を執筆しています。
Quqpacmanlogo3.png
太宰治が放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/作家」へ収録されています。

太宰 治(だざい おさむ、1909年6月19日 - 1948年6月13日)は、日本小説家。通称はダサいおさむ。その生き方が賛否両論を生んだ為、「ダサい」の言葉の由来になったとされる。グーグルの曲にも登場する

人物[編集]

太宰治のツイート

4度も自殺未遂を繰り返した。それでも簡単には死ななかったのだから、生命力はGKBRにも匹敵する。しかし、結局最後には死んでしまったことを考えると、「あっけなく死んじゃった」とも言える。

青森県の大地主の家に生まれたいわゆるボンボン。津島家の長男文治は後の青森県知事。娘の佑子も国際的作家。帝国大学(現東京大学)フランス文学科に入学したが家のお金で遊びほうけては留年を繰り返したため、後に中退した。 その後、馴染みの芸者を落籍して結婚したが処女ではなかったという理由で離婚した。

最終的に多摩川上水での自殺(心中)が成就した際、女性が苦悶の表情で引き上げられたのに対し、太宰は恍惚とした表情だったといわれている。水中で何が行われていたのかが窺われる。太宰の死体自体が発見されたのは、彼の誕生日である6月19日だったため、太宰は水中で6回イったという風評が当時の童貞たちの憧れの的となった。また一方では中原中也との同性愛疑惑もあり、若い童貞の男の子だけでなく、当時の同性愛者たちの間でも静かに噂になった。

代表作に暗い作品、自殺、私小説風の作品が多いため暗い人物だと思われがちだが、周りの証言によると普段の彼はとても明るく、よく冗談を言う饒舌な人だったらしい。

私小説を書く自殺未遂をするなど、「日本人がイメージする作家」の典型である。その為か『さよなら絶望先生』など多くの作品でパロディとして登場する。

作品[編集]

人間失格』があまりに有名な為、暗い話ばかりを書いていると思われがちであるが、実際には多岐に渡り幅広い作風を持っていた。しかし、嫌いだという人がいてもそれはそれで当然であり、無理に好きになろうとすることなどは、当人も好まないであろう。

彼の中編・短編小説は秀逸なものが多い。そのテンポやコミカルさは「ギャグマンガ日和を彷彿とさせるものがある。」「いや日和が太宰の小説を彷彿とさせるのだ。」と一部のファンの間で論争が起きた。とにかく媒体は違えど作風が似ていることは確かである。ただいわゆる代表作とされている作品にこのような雰囲気の中編・短編が入っていないのが悔やまれる。

書き始め締めの文章に印象的なものが多い。

彼の文章は句点を多く用い、読点を用いず文章を引っ張る癖がある。それが太宰治の文体であり、日本の小説のひとつの理想とされる。まさに日本文学の頂点に君臨していると言える。

『ヴィヨンの妻』の大谷、『斜陽』の上原、『人間失格』の葉蔵といった「優柔不断」で「弱虫」で「無責任」なのに「女にモテる」男性キャラクターは、後に誠死ねを始めとする多くのヘタレ主人公の雛型となった。

走れエロス
ポルノ小説。性欲が強いエロスと紳士的なたしなみを求める王の対立を描いている。人質はセリヌンティウス著のエロ本
人間失格
日本で最も売れた小説として、夏目漱石の『こころ』とトップを長年競っているという。『人間失格』が日本で一番売れた小説だと思うと胸がスカッとするのは、不思議なものである。
『社用』
会社にこき使われる自分の人生を振り返り、最後には「自分は社用な人間であった」と結ぶ。人間を社用として扱う洞察力は優れており、現代の予言書と呼ばれるのにふさわしいであろう。貴婦人の放尿は誰もがびっくりした描写だろう。
『女生徒』
綿矢りさが『蹴りたい背中』を書いた時に手元に置いていた小説であるとされる。このことに対し、ある人は「太宰といえば、純情な文学青年が食いつくと思って! あさましい!」と非難したりもされた。幅広い作風で知られるのは、こういう作品があるからである。
ヴィヨンの妻
自らをフランスの無頼詩人ヴィヨンになぞらえた傑作コメディ。内容の暗さを軽さへ変容させてしまう軽妙な語り口が見事である。処世の書としても非常に有用な書物だと思われる。
カタトントン
おばあちゃんから隣人の「静(しずか)ちゃん」に至るまで、人の肩を叩くことに異常な執着(性的快感)をもつ、中年男が主人公。自殺をしようと思った→カタトントン→自殺できない、という流れで話は進む。また、最終的に主人公の肩たたきの標的となる「静ちゃん」は、決してドラえもんのヒロインではなく、太宰晩年の恋人太田静をモデルにしているといわれている。
『カチカチ山』
キモヲタの中年男が、懸想したドS白兎娘に徹底的に虐待される、ダメ人間的ヲタク観察SM日記。キモヲタ中年の生々しい見苦しさも大概だが、なんだかんだ死ぬまで付き合ってくれる上に引導まで渡してくれる白兎さんもいい根性だ。

注意[編集]

もし太宰の小説を読んで自殺しても、当然のことながら太宰治は責任を取ってくれない。「僕が死んでも作品は永遠に残る」などと考えて自殺しても、太宰治は責任を取ってくれない(死んでいるので不可能なのである)。遺族から取り立てようとしても無理である。死ぬのならせいぜい俺を笑わせてくれ、ビッチが。


シコれペニス メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐の記事加筆せねばならぬと決意した。
メロスにはユーモアわからぬ。メロスは、暇人である。
記事を見て、ニヤニヤして暮して来た。けれどもダメな記事に対しては、人一倍に敏感であった。 (Portal:スタブ)

関連項目[編集]


外部リンク[編集]