太原雪斎

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

太原 雪斎(たいげん せっさい)とは、坊主のくせして信長の野望でそこらの二流の武将など足下にも及ばない能力を与えられているコーエー公式のチート坊主。今川義元の家庭教師で、義元が今川の家督を継いで当主の座に収まると、軍事や政務にも関与して八面六臂の活躍を遂げた。死ぬことで主君義元の死亡フラグをONにさせる程度の能力を持つらしい。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「太原雪斎」の項目を執筆しています。

概略[編集]

武田信玄が師事した岐秀元伯、上杉謙信が師事した天室光育など、戦国大名が師事し、感化を受けた禅僧は多数いるが、家老さながらに振るまい軍事、政治、外交にまで干渉してきたのは雪斎ぐらいである。俗事に関与せず、堂に篭って経を唱えるという坊主の戒律を平気で破る破戒僧であり、その事績からは卓越した力量と共に、領分を弁えない不遜な性格を伺わせる。だがそれがいい。

経歴[編集]

雪斎が主と仰いだ今川義元は、嫡男ではなく五男であった。実母の寿桂尼は後継ぎ争いの火種になると面倒だと判断して義元を仏門に入れてしまう。一種の育児放棄である。出家した義元は善徳寺に預けられ、ここで雪斎と邂逅を果たす。義元は雪斎を伴って京都へ登り、京都五山で学問に打ちこんでいたが、そんな最中実家の今川家では御家を揺るがす大騒動が起こる。当主今川氏輝、その弟の彦五郎が相次いで没したのだ。そのため、義元に家督相続のお鉢が回ってきた。

こうした経緯があって、義元は今川氏の家督を継承した。あからさまに怪しい。義元が家督を継げたのは雪斎の貢献によるところが大きい、と言われるが、要するに雪斎が水面下で策動して氏輝と彦五郎を亡き者にしたのである。

かくして上手い事義元当主に奉り上げた雪斎だが、家督継承は円滑には行われなかった。露骨な手段を採らなかったため雪斎の暗躍に対する詮索こそなかったが、雪斎を怪しむ者も多く、遂には福島越前守らが今川氏親の妾の子、つまり義元の異母弟に当たる玄広恵探を担ぎ上げて謀叛を起こし、花倉の乱と呼ばれる内乱が生じた。この内乱の鎮圧に、雪斎は多大な貢献をし、福島の軍勢を迅速に征伐した。内乱を鎮定した戦果によって雪斎の今川家中における評価は不動のものとなり、義元の信頼も一層増し、軍事や武田や北条との交渉などに重用されてゆく。雪斎は大車輪の活躍を見せ、今川の隆盛に大きく貢献した。織田信長の親父である織田信秀も雪斎には辛酸を舐めさせられ続け、武田信玄北条氏康らの名将ですら懐柔されてしまった。

ところが、雪斎の活躍を快く思わない者もいた。今川譜代の家臣達、そして、義元の母寿桂尼である。譜代の家臣達や寿桂尼からすれば、雪斎は、義元と一緒についてきた「得体の知れない坊主」であり、余所者にすぎない。なまじ優れた才覚を発揮し、義元に重用されて栄達している辺りも、家臣達の雪斎への嫉妬と憎悪を増幅させた。また寿桂尼は、親としての立場を雪斎に奪われたことで、雪斎を嫉視していた。義元は寿桂尼に頭の上がらないマザコンであったが、4歳で寺に入れられた彼にとっては、生みの親というだけの寿桂尼よりも、共に暮らし、薫陶を受けた雪斎の方を慕う処もあり、育ての親として雪斎を敬い、私淑していた。

雪斎が成果を上げれば上げるほど周囲の嫉妬と憎悪は先鋭化し、やがて雪斎の排斥運動に繋がった。寿桂尼がその旗頭に立ち、早々たる譜代の連中を率いて雪斎の隠遁を義元に要求して来た。モンスターペアレントである寿桂尼の威圧感に圧倒されてしまった義元は、要求通りに雪斎に隠遁を申しつけた。

隠居を言い渡された雪斎は憤慨し、「儂が死んだら今川の家は数年も持たずに滅びるだろう」と捨て台詞を吐いた。ところがこの捨て台詞は現実のものとなったので、雪斎は預言者として人々から礼賛されるようになった。

引退後の晩年は松平家から人質に向えていた松平元康(徳川家康)の養育に専念していたようで、義元に遠ざけられた事を怨み、意趣返しのため、元康に武田ないし織田と結託して今川から独立して下剋上を起こすよう教唆し、お膳立てをしてやった、などという話が「三河物語」を初めとする徳川家の文献、史料に記載されているが、これは家康が義元が桶狭間の合戦で戦死した後今川家を裏切り武田、織田と結託して駿河、遠江に侵略したという悪辣極まる背信行為を正当化するための歪曲である。

同じ軍師としての立場上からか、山本勘助とはライバル関係にあったらしく、雪斎に対抗して、勘助も晩年頭を剃って坊主になっている。勘助の剃髪を見た武田晴信は、自分も勘助や雪斎のように頭を剃れば軍師並の知能を会得出来るに違いないと根拠のない思い込みをして出家して信玄と号した。つまり信玄の生みの親は雪斎ということになる。さらに信玄は、猪武者が多い家臣達に理知的になって欲しいという願望からか、家臣達に「お前らも頭を剃れば雪斎のように聡明になれる」と訳の分からない俺様論理を展開して、真田幸隆原虎胤など、家臣達に出家を強要した。その結果、雪斎の所為で甲斐の国は坊主で溢れ還ってしまった。

評価[編集]

雪斎や今川義元に言及した後世の文献、書籍を見ると、「雪斎が生きてたら今川は滅ばなかった」「雪斎の死が今川の滅亡を早めた」という記述がとても多い。これらの記述から、今川家は雪斎一人によって掌握、運営されており、今川義元は雪斎に糸で操られている飾りの傀儡であるという評価が普遍化していることが分かる。 もっとも、今川義元を擁護する論者の中には、い「多少なりとも調査、分析すれば、これがあまりにもナンセンスな考えであることが判る」などと主張する者もいるが、早くも雪斎が死んだ翌年には、今川義元は織田信長の謀略にかかって、対織田の最前線である笠寺の守将・戸部豊政を無実の罪で処刑し、桶狭間の戦いの直前には、同じく織田信長の謀略により、大高城の山口教継を無実の罪で処刑している。雪斎死後、織田信長を滅ぼそうと思えばいくらでもチャンスはあったのに、義元はそうしたチャンスを活かすこともできず、逆に織田信長が勢力を盛り返し、今川方の大高城を包囲するに至り、ようやく重い腰を上げている。 その上、今川義元は、少なくとも2万の軍勢を動員しておきながら、桶狭間の戦いで「もはや敵はいない」と思い込んで自ら危険な前線にノコノコと顔を出し、その結果兵数で劣る織田信長の軍勢に急襲されて敗れ、しかも自害すらできず織田方の雑兵に首を取られた。この義元の失態により、武家の名門・今川家の権威は一気に失墜し、今川家の滅亡を招いている。こうした歴史的事実を前にしては、今川義元は雪斎がいなければ何もできなかった人物だと評価されてしまうのはやむを得ないところであり、今川義元擁護論の支持者がなかなか増えないのも当然のことであろう。 このような理由から、雪斎が死んだから今川は滅んだという考えは広く浸透し、支持されている。『甲陽軍鑑』によれば、同時代人である山本勘助は、今川家のことを「悉く坊主(雪斎)なくてはならぬ家」と評したとされており、徳川家康も「義元は雪斎和尚とのみ議して国政を執り行ひし故、家老の威権軽ろし。故に雪斎亡き後は、国政整はざりき」と評したという。『甲陽軍艦』が偽書呼ばわりされていた時代には,これらの記述が無視され「義元名君説」が支持されることもあったが、近年の研究により『甲陽軍鑑』の史料的価値が再評価されるようになった今日では、義元時代の今川家は、雪斎のおかげで成り立っていたという見解が再び通説化するのは当然のことであろう。 もっとも、如何に有能で、しかも今川家譜代家臣の家に生まれた人物であるとは言っても、一介の坊主が今川家の国政を事実上掌握し、しかも本来なら当主が自ら出陣すべき大戦まで坊主が総大将を務めていたというのは、あまりにも異例の事態である。あるいは、義元があまりに無能な弟子であったため雪斎も匙を投げたのかも知れないが、本来なら義元主導で行うべき政治・軍事・外交のすべてについて雪斎が代わりに行っていたというのは、義元の教育係としてはあまりにも過保護であり、雪斎死後における前述のような義元の失態を見ても、雪斎が義元の教育係として本来の責務を全うできたとは評価し難いであろう。

異説[編集]

実は今川義元は雪斎が寿桂尼と不倫して出来た隠し子なのではないかという風聞が存在する。この風聞は義元の生存当時、まだ還俗して家督を継ぐ前、坊主の梅岳承芳と名乗っていた当時から流れていたようで、玄広恵探はこの風聞を利用して、義元に大義がないことを主張していた。あまり効果はなかったようだが、武田信虎はこの風聞を信じ込んでしまい、一時期玄広恵探に荷担した。後にこれが根拠に乏しい風聞であることを知り、また雪斎に調略されたせいもあって義元側に鞍替えしており、節操のないことをするなと諫言した工藤虎豊を処刑し、家臣達の反感を買って息子に追放されるフラグを立ててしまった。まさに風が吹けば桶屋が儲かるとはこのことである。

義元が雪斎の隠し子であった可能性については、必ずしもないとは言い切れない部分があるが、もしそうであるなら今川家中では相当に問題が生じたはずである。ただでさえ雪斎は有能な人物だった上、彼は義元の養育係。それが家中を切り盛りしていたのだから、隠し子説などあったらそれこそ公然の事実扱いされ、もっと後世に残ったはずである。

というわけでこのトンデモ説は現在ではほとんど語られることはない。ちなみに今川義元研究の第一人者である小和田哲男氏もこの説を否定している。

関連項目[編集]