天理教

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
新興宗教「天理教」の教理は、天理教が教祖としている中山みきの思想や教えとは異なりますのでご注意ください(笑)。
警察を通して署名でもしなさいと神様が言っておられますよ。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「天理教」の項目を執筆しています。

株式会社天理教グループ傘下 宗教法人天理教は医療機器メーカー。奈良県天理市に本部を置く日本の新興宗教という面を建前に営利活動を行う宗教会社としても有名。現代においては株主の一部で行われている詐欺行為もこう呼ばれ問題となっている。「おさづけ(「おちゃづけ」と間違えないように注意)」とよばれるてかざしヒーリングを行う回復魔法のマニュアルを信者株主たちに渡し、人間という名の医療機器を製造している。奈良県天理市にグループ本社がある。「陽気ぐらし」という世界平和の実現を目指し、信者からの寄付金(お供え)で毎日酒盛り宴会(直会)をしている。奈良県天理市に人類が創成された地「ぢば」があるとしており、現在その地に教会本部グループ総本社が置かれている。また今でもここで教祖創設者は生きていると妄想し(これを天理教では、「教祖存命の理」と称しているが信者は「教祖ゾンビの理」と呼んでいる。)、日々会社の収支改善のためにお働きになっているとかれらは主張している。昔創価学会からいじめられていた。なのに支持政党自由民主党(昔は赤ちゃんマンに賛同)。ようこそおかえりおかえりなさい信者株主ばんざい。

信者[編集]

街頭で、黒いハッピを着て鳴り物を鳴らし、歌を歌いながら踊っている(約一時間)集団が天理教である。

黒いハッピの背中には、白で「天理教」と書かれている。そして黒い足袋をはいている。何でも大工の格好をぱくったらしい。こんな格好をした人がたくさん天理市をさまよっている。怪しい人達じゃないので生温かく見守ってあげましょう。

教会から月10~20万円程度を要求されて、「陽気暮らし」どころか「貧乏暮らし」をしています。息子と2人で回転寿司にも行けないし、沖縄旅行にも行けないくらい貧しいので、生活保護を頼むしかない。このことが世間であまり知られていないのは、教団の仕業に違いない!。末端の教会では、上級教会への上納金を納めるためサラ金から借金しており、教会長の自殺が相次いでいる。 最近天理教会に「感謝、慎み、助け合い」という、天理教の教えとは正反対のプロパガンダが掲げれているが、教会長自身はいまいましく思っている。

歴史[編集]

江戸時代仏教を深く信仰していた農民の中山みきおやがみ様が乗り移った。(「天理教教祖伝」に中山みきの病症が詳しく書かれているが、天理教運営の「憩いの家病院」の精神科医師達からは、統合性失調症患者の典型的な「病状記」とみなされている。)中山みきはおやがみの力で回復魔法が使えるようになり、農民や職人の病気や怪我の治療、安産の祈祷などを行った。そして近隣の農民や職人の信望を集めた。ちなみにそのおやがみ様は関西弁をしゃべる。しかし、それが気にくわない寺社や官憲からは弾圧され、中山みきは悪いことをしてないと思っていないけれど、日本の法律を犯していたので幾度も逮捕勾留された。たとえば、現在の天理教会長が、法律的には詐欺や、強姦を行っているのに、自分では悪いことを行っていないと思っているのと同じである。

中山みきが死んだあと、のちに、中山みきを「おやさま」として、親神と共に祭り上げ、天理教が発足した。

戦前は帝国政府のからいじめられたため、いじめを逃れるために政府の言うことを聞いて「教派神道」(神道十三派の一つ)を名乗った。そして、天皇崇拝、戦争賛成の立場をとった。でもこれにより中山みきの教えに背くこととなった。これは、山名系が主導して行った。そして、信者の9割がこの考えに賛成した。つまりほとんどの信者が教祖の教えに背いたという驚くべきことが起こった。1970年に政府の弾圧から解放され、教団自身が教派神道ではないと宣言した。そして、創価学会などの新宗教諸派に分類された。しかし、現在でも神道色が濃い。というか、儀式や建物のデザインなどは神道からパクったものと言っていい。

一方この動きに反して幾つかの分派が天理教から独立をしている。「ほんみち」「ほんぶしん」「天理教豊文教会」「モラロジー研究所」などがあげられる。その数は数十にも上る。これらも天理教を信仰している。

崇拝[編集]

彼等は神道のように神棚をつくり拝んでいる。神道でなくなった今も神道をぱくったままである。親神・教祖・御霊様現金の4つを拝む。

天理王命[編集]

てんりおうのみこと。親神(おやがみ)とも呼ばれている。三島神社で中山みきの身体を乗っ取った神さま。関西弁を話すので関西人に違いない。天理教の神様。世界創造の神。輪廻転生の神。これもどこかの宗教からパクって来たもの。神様の名前も初期は、「天龍神」「天理明神」「天の大将軍」「転輪王神」などと一定しておらず、教祖の天啓はかなりいい加減なものであったことがわかる。

教祖[編集]

中山みき。天理教では「きょうそ」ではなく「おやさま」と読む。親神に身体を乗っ取られちゃった人。所謂超能力者になり、病気を治すことが出来たらしい。乗っ取られたのにもかかわらず、魂は共存していたらしく、何度も教祖は自殺しようとした。しかし、そのたびに神さまに止められた。 とんでもないパワーを得てしまった中山みきは近隣の人たちにその力を見せびらかす  ・村一番の力自慢の男と腕相撲をとった時村の男は瞬殺されてしまった。  ・村の人の腕の皮を人差し指と小指ではさみ「痛い」と言わせた。  ・毎日農作業をさぼっている人のところにわざわざ足を運んで厭味ったらしく「ご苦労様」と毎日言った。などがある。

現金[編集]

天理教の役員及び教会長が最も拝むのが現金である。

信仰[編集]

陰気暮らしのキーワード
  嫉妬、嫉み、いがみ合い
            天理教
陰気暮らしのキーワード
貧乏臭い・卑屈な精神・責任転嫁

冗談。本当は「陽気暮らし~」

朝酒・嘘つき・働かない

お供え[編集]

屋敷を払うて田売り賜え天貧乏の命

天理教の教典の一節をにある家屋敷を売って田を売ってでも天理教に寄附しなさいということ。

天理教への献金寄付。仏教で言うお布施のこと。当然額が多いほうがよいと評価される。教会内の地位も上がるというもの。たくさんお供えすることで悪い因縁を落とすことが出来ると説いている。逆に少ないと、教会内で地位が下がるばかりか、会長から馬鹿にされ、おさづけも取り次いでくれなくなる。ようは教会にお金がたくさん集まれ禁則事項です

毎月教会に納める。金額は自由(月5万円以上との決まりあり)。しかし実際は、心定めといって毎年教会長の前でお供えの目標額を決めさせられるのがほとんど。月10万円以上は当たり前。創価学会よりもお金がかかる宗教なのだ。なので貧乏暮らしの信者も結構いる。

そんな教会にも本部ならお供えの集める額のノルマが課せられている。

教会長からガンが治るといわれて1000万円お供えした信者もいる。一体その多額のお金を何に使うのか疑問である。土地や建物をお供えするように信者へ指示する教会がある。不動産を取得して何に使うのだろうか?

信者から集められたお供えは、上級の教会をつうじて本部に集められる。しかし、一部の教会では、そのお供えを横領している。そしてそのお金で裕福な暮らしをしている。しかし、ネズミ講みたいですね。まぁ、実際に河原町検閲により削除とか麹町いわゆる愛町系とかトウホンとか三島とか規模が大きい大大大教会様ほど、詐欺かつどうは、活発に行われる。

また信者が減ったことによって、一人あたりのお供えノルマが増えてしまった。高額なノルマを払うのが馬鹿らしくなり、脱会する信者は後を絶たない。

いいか、みんな 

    (゚д゚ ) 
    (| y |) 

信者という言葉は 

   信 ( ゚д゚)  者 
   \/| y |\/ 

二つ合わさって儲けるとなる 

    ( ゚д゚) 儲 
    (\/\/ 
つまり、お前達信者は金づるでしかないと言うことだ 

    (゚д゚ ) 
    (| y |) 
人をだまして わが身たすかる

にをいがけ[編集]

天理教信者が布教活動をすること。マーキングみたいなものか?臭いからこっちに来ないでください。

いいか、みんな 
        (゚д゚ ) 
        (| y |) 

人の為とか言って、勧める人がいるが・・・ 
      人  ( ゚д゚)   為 
       \/| y |\/ 

   そんなのは、ほとんど偽りだぞ! 
        ( ゚д゚)   偽 
        (\/\/ 

うまい話には裏があるから偽善者には気をつけろ。 
        (゚д゚ ) 
        (| y |) 
信者=信+者=儲

人の為=人+為=偽

つまり、信者集めは儲けの手段。
あなたの為を思っての言葉は偽りである。

最初は天理教の名前を出さずに占いや子育てサークルを騙り、天理教の施設へ連れて行かれる被害が多発しているから注意しよう!

       / ̄ ̄`ヽ : 
      /. i /ヘ\ヽ\: 
     ;| ! |/__.xト、L,_ ト}:  な… 
     ; |!ヘ cモリ  lモ!oV     なんなんですか? 
     ;| !|.ト" rっ ツ|.|、:   ここ、どこですか? 
     ,',ノ 斗ャ fて`Y  トミヽ     なんであたし 
    / {トミトv|'´ゝ } ノノ:l }:   つれてこられてるんですか? 
  :/イ { ゝィVr-ヘト、 ! ハ 
.    | !|Y⌒'ミ{ヾ=' | /イ| 
     ヽ人   |!   /\ : 
       `'┬' トー'´  ヽ : 
       :,/{、 || ,.|='´   } : 

こどもおぢばがえり[編集]

毎年夏に天理教信者の子供が天理教に集まってイベントをする。

こどもおぢばがえりには特殊なルールが存在する。他の子に物を取られても、怒ってはいけない。怒ったら被害者のほうが大人に怒られる。

また、一般の子供へこどもおぢばがえりに参加するよう執拗に誘ってくることがある。天理では、これを断るのに難儀しているという。

因縁[編集]

因縁は、殆どの場合、天理教信者の出任せである。信者に「どうして因縁が分かるの?」と質問してみるといい。答えに窮するからだ。

    ,.  ´  ̄ ̄ ̄ `丶、 
   /             \ 
  / ./         /_!  ヽ 
  !/  , / ァ‐'''フ/  |  l  ', 
  /  .///ー' 〃ー'  ヽ、| , i 
 , /| '´  -    -    | |_| 
 !/i  l  ̄ ̄`   ´ ̄ ̄ ||} 
. 〈| !            | .!イ __ , -―- 、     「私が生きているだけで因縁が悪い」ですって? 
 l`|  | ∪              | .l.l/.:.!     __,r‐、 
 || |    r――┐   , !  !{.:.:.!     /.:ノ.:.:〈 
. ヽ| |\  ` ̄ ̄´ ,.イ |  ||:.:.:.\  ,.-ノ:/.:.:.:/   そんなわけ ないない!! 
.  |  .!>{::`:ーr:┬:r‐:´::: }<! .| >、:.:.:.Υノ :.:.:.:.:/ 
  ,| |:::::\::::|:: |:::|::::_:/::::::|  !{__:.!.:.:.:.!;.-'.:.:.:./ 
/.| |::::::::::/::∧::\:::::::::::::!  |ノl:.\:.:|:.:.:.:.;.イ、 
.  | i \::/::/  \::\::/   | ヽ:_:ヽ.:.:/丿i 
.  ヽ ト、 } ̄|      | ̄{ ,イ 丿    ̄ ̄   | 
   jノ. ∨   ト、__,.イ  ∨ l,ハ          ノ 
 /!      |:::i:::::i::::|     i  〉、__    ,.イ 
/ ,! |     |:::l::::::!:::|     |∨    ̄ ̄ / 

役職[編集]

真柱[編集]

「しんばしら」とよむ。天理教の統括者。代々教祖中山みきの子孫が務める。現在は教祖の系譜の六代目の中山善司が四代真柱を務める。しかし、現在の真柱に跡継ぎとなる子供がいないため、問題になっている。だって、子供が出来ないのは真柱のいんねんが悪いと云うことになるからである。天理教のトップなのに、幹部は誰も言うことを聞いてくれないというお飾り状態になっている。お金持ちで、年収は約1億円であり、奈良県の高額納税者の常連である。

神殿で真柱様がお通りになるときは、信者は何と土下座をしなければならない。

教会長[編集]

仕事集金です。集金のことを天理教用語では、「お助け」と称す。信者は天皇陛下を「天皇さん」と呼び、大教会長には「大会長様」と呼び土下座が強制される。

組織[編集]

教会[編集]

本部→大教会分教会分教会布教所

という縦型の組織になっている。大教会、分教会、布教所それぞれに信者数などのステイタスにより基準がある。小さい布教所がたくさん信者を集めると、分教会として認められる。さらに分教会は、配下に50の教会を従えると大教会へレベルアップする。これらがヒエラルキーとなって、お供え(信者からの献金)を末端教会から本部に集める体制になっている。ネズミ講みたいでしょ? 大教会や規模の大きい分教会はそうして集めたお供えをパクリ、自分の私腹を肥やす為に使っている。末端信者や末端の分教会布教所は搾取される側。大教会や規模の大きい分教会は人のお供えで裕福な暮らしが出来る搾取側となる。かつて「搾取の宗教」と言われていたゆえんである。

天理教は各大教会が大きな権限を持っている組織である。教祖の教えと違うことを説いている教会や、本部の言うことを聞かない教会がある。中には、大教会の初代会長様を神様と拝み、教祖を蔑ろにしているところも(関根豊松初代会長を崇拝する愛町分教会の系列など)。中山みきが泣いているぞ。

教会長をはじめ、天理教を統括する役職は全て世襲制。最近は、若い人が教会を継ぎたがらない。組織は腐敗しているし、信者の減少に歯止めがかからず生活していけないから。だから約17,000ある教会の3分の2は信者がいない名前だけの教会になっている。これを事情教会という。それでも残しているのは見栄があるからなのだ。

ぢば[編集]

天理教は奈良県天理市で人類が発祥したと主張している宗教である。何でも泥の中の9億9999万9999匹のどじょうから人が生まれたと言っている。

「ぢば」は「磁場」の意味として捉える考えも根強い。つまり、「金(かね)」を引き付ける力という意味である。ただし、現在磁場で引き付ける貨幣は、ニッケルを含有する50円硬貨、100円硬貨、500円硬貨だけである。

詰所[編集]

ぶっちゃけていえば、オウム真理教で言うサティアンのこと(ヲイ)。しかも、その数はサティアンの比ではない。100軒以上あり、天理市内のあちこちに林立している。こどもおぢばがえりのときは、詰所デッサンが歪んだアニメのキャラクターの看板が立ち並ぶ。でも、著作権者から苦情が入ってからはなくなっちゃった。(ほんまかいな? 今でもチキンラーメンのキャラクターばっかり見かけるけどなあ?)

教典[編集]

原典とよばれる3つの書物がある。天理教教義の基礎となっている。

しかし現在は、原典の教えを無視して勝手に教えを捏造しちゃう教会が増えてしまった。

修養科[編集]

 「修養科は地獄みたいなところだった。」これが、参加者の感想である。  「修養科はセックス天国みたいなところだった。」これが、参加者の感想である。  「修養科は合コンみたいなところだった。」これが参加者の感想である。だったら俺も行かせて下さい、お願いします。 昭和30年頃には、6ヶ月の期間であったが、半年の間に7割の修養科生が死亡し、彼らを焼くために(葬儀、墓はなし)現在も天理市周辺には巨大な煙突が多数存在する。

学生会[編集]

 実質、「合コン」「出会いの場」だと思えばいい。特に毎年3月と8月に1週間ほど開催される「学生生徒修養会高校の部(8月)」「学生生徒修養会大学の部(3月)」は関西最大の合コンと言っても過言ではない。天理教は社会から嫌われているので、どうしても信者同士でないと結婚が上手くいかない。実際若い信者がたくさん集まるため、彼氏、彼女が出来た人が多い。結婚までゴールインするカップルもいる。そんでもって運営側に至っては、パワハラなどが日常茶飯事に行われており、結局のところ天理教の思想とは程遠い活動をしている。

天理市[編集]

天理教は毎年天理市約15億5000万円もの巨額の寄付をしている。天理教はかなりのお金持ちらしい。ふとっぱら~♪ ・・・いや、それは信者から搾取したお金禁則事項です

天理市は、宗教名がの名前になっている唯一の自治体。天理教自体は、別の名前を推薦したとしているけど、天理教に推薦する発言権はあるのかな?

また、この天理市の地下にはスプリングフィールド原子力発電所が存在しているという情報もあり、国家電力の役目を担っているとされる。ちなみに、万が一警報システムが作動した際には、システムに熱湯を注ぐことにより警報を故障させて解決させるなど、原発の信頼度はアンサイクロペディアの記事、天理教に匹敵する。


施設[編集]

神殿に多数存在する賽銭箱はすべて繋がっており、地下には「ただただ賽銭が貯まっていくだけ」の賽銭部屋が存在する。 神殿の地下には明治時代に内戦を計画していたために、大量に購入した武器が隠されているが、現在では当然使い物にならない。(一説によると、現在も引き続き武器の製造を続けており、核ミサイルを皇居に向けて配備しているという説もあるが、現在の勢力ではそれは不可能であると、思われる)

儀式[編集]

教祖と女性信者がやらしいことをする儀式がある。

異端[編集]

異端扱いされると監禁・洗脳される。

癒着[編集]

女性信者を使い、警察などを接待している。

政治家などVIPが宿泊する際には三十八母屋(通称サンパチ)が利用されており、中はホテルさながらの内装である。建物専用シェフがいる。

給料[編集]

中の人の給料は月給15000円。

ボーナスを一人づつ手渡しする、これが教祖の非常に大きな仕事の一つ。

血縁[編集]

上の方の人間は血筋を非常に重要視するため、近親婚が非常に多くみられる。そのため、障害を持った子供の出生率が非常に高い。つまり近親相姦だらけ、知的障害者・身体障害者だらけ。しかも、現教祖は種なしである。

教育[編集]

傘下の天理高校において、生徒がふざけて「屋敷を払うて田売りたまえ」などとうっかり漏らすと無期限停学になる。

天理高校の寮でいじめがありいじめられっ子が自殺、その後いじめっ子が2人心臓発作で死亡した。

昔天理高校軽音楽部が文化祭で「よろづよ8首」をロックで演奏し停学になり軽音楽部は部活から降格した伝説がある。

教義の授業では過去に天理教徒が神社に対して行った迷惑行為や警察に逮捕されたことを誇らしげに語られる。

また別席と呼ばれる過去の犯罪自慢大会に強制参加させられる。