天満橋

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「天満橋」の項目を執筆しています。

天満橋(てんまばし)は、大阪市の旧淀川(大川)に架けられた、およびその周辺の地名である。大阪砲兵工廠跡地に近いことから、終戦直後にはアパッチ族がしばしば見られた。

橋の概要[編集]

OMMビルが建って影が薄い天満橋
梅田はもちろん京橋よりも閑散としているため、ひよこ陛下もお気に入られてご滞在になる。

水の都大阪にかかる橋の中でもとりわけ有名な橋である。木曽義仲が渡ったとか、聖武天皇が難波遷都の際に造り直させたとか、果ては仁徳天皇御自ら橋を架けられたとか、多くの伝説が残るが定かではない。

20世紀まで白木造りの壮麗な橋であった。ゴールデンゲートブリッジが造られる際には「ローマ水道橋、天満橋に並ぶ立派な橋を」が合言葉となっており、いまなおアメリカ人の間では、ローマ水道橋・天満橋・ゴールデンゲートブリッジを世界三大美橋と呼ぶものも多い。

しかしそんな橋もアメリカ人による大阪大空襲によって消失した。木橋復元を望む声もあったが、今では単なるコンクリート造りの橋になっている。二階建てという点が特徴的ではあるが、OMMビルという巨大建造物を背景にして存在感は薄い。

アパッチ族[編集]

フリージャーナリストの小松左京によれば、アパッチ族は当時国の厳しい監視下におかれており、工廠跡地から出ることを許されていなかった。しかし潜水を得意としたアパッチ族は、鉄屑を集めるために工廠跡地から水路を通って密かに大阪中心部や臨海部に繰り出していた。その際に利用したのが天満橋である。彼らは当初、第二寝屋川を経て京橋付近から上陸していたが、大阪城天守閣の監視兵に見つかるようになってから潜水距離を伸ばし、天満橋付近で上陸するようになった。彼らが川を泳ぐ様子は京阪電鉄の車中からも見ることができた。

アパッチ族の脱走は日本法により摘発対象であったが、人情に厚い大阪のおばちゃんたちは彼らを見逃し、ときにはブリキのバケツなどを提供していた。アパッチ族はさらに郊外へ繰り出すために京阪電鉄を利用しており、京阪天満橋駅のホームではアパッチ族の姿を見ることが多かった。大阪市民の間では「アパッチ駅」という愛称も定着していた。

今日ではアパッチ族を見る機会はなくなった。

大阪音頭[編集]

「大阪音頭」には「梅田ちょいと出りゃ天満橋 二人揃って中之島」というくだりがある。しかし梅田から天満橋まで2km以上あり、その道のりは面白みのないオフィス街である。筆者も真夏の昼下がりに歩いてみたが意外と疲れた。果たしてどれだけの人がちょいと天満橋まで出るのかは疑問である。しかも中之島は梅田と天満橋の間にあり、順番が滅茶苦茶ということも突っ込みたいところである。

周辺地区[編集]

以下に示す地区が天満橋に隣接しており、十把一絡げにして天満橋とされることも多い。

天神橋
アーケード入り口にライフが聳える天神橋筋商店街の起点。橋の上まで店舗とアーケードが続く天神橋は大阪の観光名所であり、東洋のヴァネチアと称えられる最も重要な根拠である。
谷町1丁目
地下鉄天満橋駅は、もともとは谷町一丁目駅になる予定であった。現在市では天満橋駅を天満橋谷町一丁目駅へ改称する協議を行っている。
大手前
民国政府所在地である。しかし住所は2-1-22と大変中途半端な位置にある。大手前1-1-1は府庁でも府立大手前高校でも大手前学園でも追手門学院でもなく、日本経済新聞大阪本社である。

参考文献[編集]

  • 小松左京『日本アパッチ族』、光文社