天洋食品

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「天洋食品」の項目を執筆しています。

河北省食品輸出入集団天洋食品工場(かほくしょう-しょくひん-ゆしゅつにゅうしゅうだん てんようしょくひん こうじょう、Héběishěng Shípǐn Jìnchūkǒu Jítuán Tiānyáng Shípǐn Gōngchǎng)とは、中華人民共和国人民解放軍隷下の諜報機関・国家安全部(こっかあんぜんぶ)の出向機関である。略号は「天食」。

概要[編集]

天地開闢以来5千年以上にわたって中華思想と華夷秩序(いわゆる柵封体制)によって「世界を我が手に!」を国是として繁栄と衰亡そして内乱を繰り返してきた中華(China)大陸の歴代政権の一つとなった中国共産党であったが、中華人民共和国の建国(1949年)後、間もなく起こった冷戦によって{{極端すぎる皮肉}}すなわち露骨な対外攻撃すなわち侵略行為による領土拡大が国際的に考えて困難な状況に陥ってしまった。

※ちなみに、新彊ウイグル自治区(東トルキスタン)とチベットへの侵攻やホロコーストまがいの大虐殺については「国内反乱の鎮圧」を名目としているため、誰も気にしない

そこで治にあって乱を忘れず、武力を用いずして敵を制するために考えたのが間接的侵略行為、すなわち「銃火を用いない対外戦略」である。外交しかり、産業しかり、歴史問題しかり(特に日本に対して)、内政干渉しかり。特に近年日本へ対して輸出の高まっている食品需要に着目し、化学物質(たとえばメタミドホスとか)の混入によって日本人にバイオ攻撃(いわゆるサイレント・テロ)を仕掛けるための組織として国家安全部の指揮監督のもと、天洋食品は設立されたのであった。

日本への攻撃[編集]

画像はイメージです。記事の内容とは関係ないかも知れないとも言い切れません。

かくしてより効果的なバイオ攻撃のために試行錯誤を繰り返し、ついに開発された日本向け特製冷凍食品(餃子ロールキャベツ串カツソーセージミートパイ、その他)を日本に向けて出荷することに成功(その裏には日本企業であるJTフーズの多大なる貢献があった)、2007年12月下旬から2008年1月にかけて千葉県(千葉市市川市)と兵庫県(高砂市)での奇襲に成功、まさにトラ・トラ・トラであった。

日本国当局はこれに抗議し、警察による調査を求めたものの中国当局はこれを軽くあしらい、その上で「なぁに、かえって免疫力がつく」とコメントした。もともと莫大な人口を抱える中国においては人民が10人100人単位でくたばろうが痛くも痒くもなく、むしろもっと減らしたいくらいという本音があり、沿岸都市部(北京天津上海南京香港マカオほか)に在住する1億人ほどの富裕層のために内陸部(各少数民族自治区、重慶延安西安ほか)にひしめく10億人以上の貧困層から搾取と虐待の限りを尽くすのも、むしろ人減らしのためには好都合なのである。

そんな訳でのらりくらりと捜査の手をかわしながら、今日も再攻撃の隙を窺っているとかいないとか。ちなみに2010年は寅年でもあり、なお一層トラ・トラ・トラの襲来が心配されている。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中国産食品の安全性」の項目を執筆しています。