天沢聖司

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「じっと我慢の子であった」
天沢聖司 について、子連れ狼
「やな奴!やな奴!やな奴!」
天沢聖司 について、月島雫

天沢 聖司(あまざわ せいじ)とは、1995年にスタジオジブリによって放映された映画耳をすませばの主役のうちの1人。天沢航一の末子であり西司郎の孫。ヒロインである月島雫と同級生である(クラスは不明)。そしてジブリ映画1のマキャべリストである。


概略[編集]

「吾十有五而志乎學」(吾れ十有五にして学に志す→私は十五歳の時に学問に志した)と孔子が述べた15歳にバイオリン職人を志し、クレモーナで職人修行に行くことを決意した。しかし父母の反対激しくなかなか状況が進展しない中、雫に出会い惚れてしまう。雫を見に図書館へ足を運ぶ過程で、雫を愛するにふさわしい男になろう、そして気づいてもらえるようになろうと、雫の『カントリーロード』訳詞の間中こっそりとバイオリンで『Coutry Roads Take Me Home』の練習を行う。紆余曲折がありながらも後に雫と恋仲になるが、留学が適い離れ離れになるということになっても初志を貫き通した。そして2ヶ月の試験留学の後、即座に雫にプロポーズを行い、成功した。

恋愛成就までの経緯[編集]

映画を見る限りでは涼しい顔をしているが、雫の心を得るために、情報収集と並行して多大な努力と工作を払っている。これより彼の行為とその効果を叙述する。

Ⅰ,深層心理浸透作戦

自分の事をよい印象で知ってもらうことが恋人獲得において重要である。図書館で初めて出会ってから雫が物語大好き少女であることを察知した聖司は、当時資料の登録が図書カードによっていたことを利用して、童話・ファンタジーといった雫の読書分野に重なるように自分の名前を多数入れ込むことで名前の浸透を図った。自らの名前が浮世離れするほどの清潔感漂う語感字面に気づく事を知って行っていたとしたら、大変な洞察力としか言いようがない。

Ⅱ,反発誘導作戦

自らの名前に注目してもらえたとしても実体として、生身の人間としての聖司を認識してもらわなければ意味がない。だが留学をするとなると日本にいる時間は殆どなく、しかも杉村という恋敵がいる以上、あまり時間を掛けることが出来ない。そのため、嫌らしさが出ない程度に雫を怒らせて印象をさらに深くしようとした。これにより学校で遭遇してもきっちり睨まれる様になった。この悪影響面は後のバイオリン演奏で払拭される。

Ⅲ,朋党比周作戦

朋党比周の意味は、ある目的のために仲間を作って結託し、他の者を排除するという意味の四字熟語である。この場合排除される相手は杉村と「聖司の息がかかっていない人間」のことを指す。まず1年生次に同じクラスであった絹代と関係を再開し(性的な意味ではない)、その後に絹代を介して雫の親友である原田夕子との連絡を提携した。その後は彼女らをなるべく雫の元に付き添わせるようにして、聖司に対する関心を高めるようにし、同時に聖司にとって好ましからざる情報に触れさせないようにした。

Ⅳ,指桑罵槐作戦

指桑罵槐とは、本来効果を与えたい相手ではなく、別の相手に働きかけることで間接的に本来の相手に打撃を与えるという意味の中国の四字熟語であり、岡田英弘東京外国語大学名誉教授によって日本に紹介された言葉でもある。わざわざ人が多く集まる昼休みの教室で、しかもいかにも意味ありげな呼び方で雫を呼んだのは留学を知らせること以外に、雫をめぐる杉村との冷戦の終止符を打つためであった。これにより聖司と雫との中は学校中に知られ渡り、ここから生ずる圧力によって杉村の抵抗を完全に封ずることに成功した。以後杉村は映画からまったく登場しなくなることからもこの作戦の効果の程が知れる。

以上、ここに聖司の諸謀略の軌跡が記されている。ここまで読んだ人は聖司はとんでもない奴だと思っているかもしれない。だが実際に聖司は読書を嗜みバイオリンをものにしているのは紛れもない事実であり、また長期にわたり慎重に事を運んだ忍耐力を見るに、ただの謀略家ではないことを注記しておく。

総論[編集]

勉強も出来て人間も出来ていて才能も備わり気概がありその上恋人までできるなんて・・・羨まし過ぎるぞおおおおおおおっっっっ!!!!!まあその相手はあんなヤツだけどな。

関連項目[編集]