天地無用

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

天地無用(あまち むよう)は日本の資産家・篤志家。

人物像[編集]

出身地、生年はもとより、性別、来歴など本名以外は一切非公開。しかし名前はフルネームで良く知られており、日本全国、流通業者が出入りしている場所であれば、至る所で毎日のように彼の名前が書かれた荷物を見かけることができる。しかもその荷物は決まって「上下逆さまにして扱ってはいけない」程の重要な物であり、それぞれ相当の価値のあるものと推定される。しかもそれら荷物の行き先はバラバラであり、持ち主本人である天地無用充てのものは皆無である。

これらの事実から、ほぼ無尽蔵とも思われる資産を背景に、資産を恵まれない多くの人たちに、莫大な量の寄付をしていることが推定される。

これは彼が本物のサンタクロースであるか、あるいはマフィアが正体を隠してボランティア活動を行っているか、悪の枢軸国と言われたあの国が、国家の財産と国民を犠牲にしてまで日本国民に対して施しを行っているのかも知れないが、いずれにしても現在に至るまで実態は全く把握できていない。

郵便嫌い?[編集]

これほどありとあらゆる流通ルートを介して莫大な資産を操っているにも関わらず、郵便小包だけは利用しないことが知られている。

郵便小包で「上下逆さまにして扱ってはいけない」重要な荷物は、「逆さま厳禁」と身も蓋も無い。天地が郵便を利用したがらない理由の一つと考えられる。

天地無用の噂[編集]

あくまで推定の域を出ないが、天地は姓のみ暴露した上で、名は隠して下記のような活動をしたといわれている。

関連項目[編集]