天元突破グレンラガン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

天元突破グレンラガン(てんげんとっぱ-)は、ガイナックスアニプレックス日本ブレイク工業製作の熱血土木工事アニメ作品である。

あらすじ[編集]

テレビ朝日「グレンラガンは、普通の男子中学生がガンメンを使って敵を倒していくというストーリー」

第一部
建設ラッシュに沸くバブル絶頂期の世界。建設会社でトップクラスの業績を上げていたが、周りからは陰口を叩かれ、肩身の狭い思いをしていた解体の名手シモン。外資が突如参入してきたことを機に、兄貴分のカミナと共に解体会社を興すことになる。この会社未来はどっちだ!?
マスコミ「解体作業中の事故により、作業員1名が殉職しました」
第二部
リーダーのカミナを失い、廃人同然となる大グレン社の社員達。しかし新たに大グレン社に入社したニアの真っ直ぐ過ぎる姿を見て、再び解体魂を取り戻す。しかしそれもつかの間、ジュージン社とのビジネスバトルが勃発する。
マスコミ「男子中学生がドリルで交際相手の父親を殺害しました」
第三部
ジュージン社とのビジネスバトルを終え、シモンは地下深くに眠るマスタードリルを見つけ、好奇心で引き抜いた。すると、不思議な光に包まれ7年後の世界へ飛ばされた。未来の世界では大グレン社は発展していたが、ロシウは仕事に行き詰まり苦悩する。そんな中、突如アンチスパイラルと名乗る人物が、地球爆破処理システムを発動する。
マスコミ「21歳男性が拳で友人を殴り飛ばすというストーリーで」
第四部
地球爆破処理システムを消去されたアンチスパイラルは自らの所有重機による地球解体に乗り出してきた。行くぞ、最後の朝礼だ!
マスコミ「21歳男性が…おや、掘られた穴から誰か出て来た様でs(ry」

概要[編集]

社会になくてはならないものでありながら解体業は非常に地味な存在である。しかし日本ブレイク工業社歌がヒットし顧客以外への広報活動が意外に有効であることがわかった。本作はその一環として、若年層とオタク層をターゲットに製作されている。ちなみに本作品は全四部構成となっている。

登場人物[編集]

グレン社/大グレン社/大銀河グレン社[編集]

シモン(声優:柿原徹也
本作の主人公。若くしてドリルによる解体の名手。特にドリルの扱いは神がかっている。建設会社ジーハで窓際扱いだった解体部門に所属。ガレキの中から珍しいものを探すことが趣味。後にカミナと共に解体会社グレンを興す。
カミナの死去によって廃人同然になるが、ニアとの出会いによって解体魂に火がつく。
第25話から赤いヒトデ型のグラサンをつけている。ただ、ちょっと照れくさいのか、目から血の涙を流している。
カミナ(声優:小西克幸
熱血漢でシモンの兄貴分な裸族ハンマーバールノコギリ等、腕力を使った解体を得意とする。ジーハ社で解体業の重要性を理解しない社長と衝突し、シモン、ヨーコ、リーロンと共にグレン社を設立する。社長から強奪したバールと父親形見の赤い作業着を愛用している。他にも同業者から重機など様々なものをどさくさに紛れ強奪している。
第8話でジュージンが起こした崩落から仲間を守り死去。
ファンの間からでは、改造人間として黒くなって帰ってくると噂されているが別にそんな事はなかったぜ。
第26話にて幽霊となって、変てこりんな偽者と共に再登場をはたした。
ヨーコ(声優:井上麻里奈
ジーハ社のライバル企業リットナー社の美人社員で、ダイナマイト解体の名手。客の発注ミスでジーハ社とかちあった際にシモンやカミナと出会い、意気投合する。無数のダイナマイトを常に所持している。
シトマンドラに壁へ押し付けられ、10倍返しをよりによって敵にヤられるという屈辱を受ける。
カミナと相思相愛になるが、直後に先立たれ若くして未亡人となる。
グレン社のキャンペーンガールも兼ねているため、よく水着姿などが撮られている。勿論あんなカッコで常に働いているわけではない。そうだとすれば単なる露出狂である。
ニア(声優:福井裕佳梨
ロージェノムの一人娘だったが、経営方針の対立から勘当された。トランクに詰められ投棄されたところをシモンに助けられ、以後彼を慕うようになる。
箱入り娘だったため世間知らずの理想主義者。しかしその真っ直ぐ過ぎる言動は大グレン社の面々を奮い立たせる。
得意料理はこの世の物ではない劇物。
第三部(第17話)から黒くなり、ヘルニアと名前を改める。
ブータ(声優:伊藤静
のような謎の生き物。シモンのペット。
カミナの非常食扱いだったが、最近は特に出番もなく気ままに過ごしている。
ワープ進化し、人間っぽい何かになった。
リーロン(声優:小野坂昌也
リットナー社出身で重機の整備に長ける。何事にも冷静で客観的に考えることができる知的なオカマ。
見た目は三枚目で真正のゲイだが、営業成績は優秀なので社内での評価は高い。
ダヤッカ(声優:中村大樹
オレノダヤッカイザー!
オレノヨメハウチュウイチスイングー!

アダイ村[編集]

ロシウ(声優:斎賀みつき
デコ男。顔芸の達人。たまに三人になったりする。第5話から大グレン社に入社。素晴らしいくらいの空気キャラクター。
元々回避術は上手かったが、約7年に渡る修行により更に磨きがかかっている(しかし彼の担当する仕事には丸で役に立たない)。
現在の通り名はアゴイ老師。その通り名にふさわしき立派なアゴを持っている。
仕事がうまくいかずスランプになった時は自殺しようとしていたが、シモンの目覚まし顔パンチを受けて目が覚め、再び活力を取り戻した(殴られた時の顔は物凄く変形していて、まるで顔芸をやっている時の様であった)。
その後は再び空気キャラクターとなった。
ギミー(声優:本田貴子
やんちゃなガキ。リーロンが苦手である。
ダリー(声優:伊藤静
幼女時代は根暗だったが、7年経ってしっかり者の萌えキャラクターに変貌した。

黒家組[編集]

キタン(声優:谷山紀章
地雷撤去を行う黒家組リーダー。M&Aにより後にグレン社に経営統合されるとカミナの経営方針に深く賛同し、グレン社の専務として貢献していくことになる。
4話で出てきたとき不細工と指摘されたことを気にして、こっそり整形を行った。その後はイケメンに変貌し、彼の死に際には多くの女性が涙する結果となった。
かつては世界3大ヘタレ主人公に数えられる程のダメ人間だったが、色々あって改心した結果、今の性格になった。
キヨウ(声優:佐藤利奈
黒家組の長女。ないすばでぃのボインちゃん。温和な性格を装ったリットナー社のダヤッカに重機を借りた際、重機の扱い以外のこと(銃器の扱い)を教わる。しかし、安全装置への知識がイマイチだったようで、ほどなくオメデタとなった。
明らかに実兄より歳上のオッサンと何の躊躇いもなく結婚する辺り、かなりの強者と思われる。
キノン(声優:植田佳奈
黒家組の次女。メガネっ子。惚れた男に染められやすいタイプ。カワユイ。
幼い頃は名前通りのんきなマイペースだったが、17歳になる頃にはデコ男の影響でキツい性格になった。
第19話でシモンとともに重機グレンラガンに乗って、そのディーゼル振動でおっぱいをたゆんたゆんに揺らしたことで一躍脚光を浴びる。
キヤル(声優:阿澄佳奈
黒家組の末女。八重歯っ子。重機乗りだったが戦後は日雇ホワホワフリーターとしての地位を確立する。
髪型はロングの黒髪で顔だちもそんなに凛々しくないのに、一人称は「」である。

ジュージン社[編集]

ヴィラル(声優:檜山修之
株式会社ジュージンのエリート社員。後のことは考えず巨大な建造物を作りつづける。重機の操縦だけではなく手作業もこなし、カミナと互角以上に渡り合った。毛深い。
社内でのあだ名は「公務王」。内心このあだ名を気に入っている。「定時王」とも呼ばれたりする。
上司からは「死神」とも呼ばれたりする。これは彼が部下となった上司は、いずれ死んでしまうという伝説から来ている。
他にも「公M王」「監獄王」「半裸王」「勇者王」等の数え切れない程のあだ名を持っている。
現在は大グレン社にヘッドハンティングされ、ナンバー2のはずだが、空気的存在である(その為「空気王という新しいあだ名をつけられた)。
ロージェノム(声優:池田成志
ジュージン社の社長。100万匹のを自らの鍛え抜かれた肉体のみで全員KOしたという伝説の所有者。
現在は大グレン社にヘッドハンティングされ、メインコンピュータ管理役を務めている。
チミルフ(声優:梁田清之
第一事業部の部長。色黒で筋肉質な容姿で、ゴリラに似ている。
現場第一主義で、今でもハンマーを振るう。
第8話で、発生した崩落に巻き込まれた部下を守って死亡。
シトマンドラ(声優:陶山章央
第二事業部の部長。孔雀のような派手な飾りつきの服を着ている。
設計を得意とし、非常に奇抜なデザインの建築を数多く手がけてきた。
テンションがあがると鳥の鳴き声の様な奇声を発する。
第14話で自分の設計した建築に欠陥があった事が多数報告され、その責任を取る為、ジュージン社からクビになった。
グアーム(声優:川久保潔
第三事業部の部長。チビでハゲ。
接待、談合、他社への嫌がらせなど、裏工作を得意とする。
しかし第14話で不正が発覚し、その責任を取る為、ジュージン社からクビになった。
アディーネ(声優:根谷美智子
第四事業部の部長。紅一点。美しい外見だが、意外と顔芸が得意である。
水中作業を専らとしたが、第12話で水上に上がった際にうっかり殉職してしまった。

その他[編集]

アンチスパイラル(声優:上川隆也
ムガン等の謎の重機を所有する謎の存在。黒い棒人間の様な姿で手が伸びる。
その正体は高度経済成長の陰で死んでいった作業員たちの怨念の集合体である。
シモン達が持つ解体力を危険視し、大銀河グレン社にM&Aを仕掛ける。
一方グレン社は重機で対抗した。
ようやくシモン達を認め、解体業の未来を託して立ち去った。

登場重機[編集]

大グレン社所有[編集]

ラガン
所有者はシモン、生首型の重機、単体だと手とか足とかが生えてくる。
他の重機と合体、コントロールを奪うことができる。
また、合体した重機や自身を変形させることもできる。
必殺技は、足の部分からドリルを出す「ラガンインパクト」。
グレン
所有者は当初カミナだったが当人は死亡したため大グレン社内部で貸しまわしされた末、ヴィラルが新たな所有者となった。
首なし死体型の重機。
グレンラガン
グレンとラガンが合体したデスピサロ型の重機。取り込んだ重機の能力が使えたりする。
ワイヤーアクションからスクリュー化、さらには巨大化まで何でも出来るドリルを全身に内蔵している。
必殺技はもの凄くデカイドリルで相手に風穴をあける「ギガドリルブレイク」、ウニに変形して色々な事をする「ギガドリルマキシマム」等。
キングキタン
その名の通り、キタン専用重機。
金色。
オレノダヤッカイザー
オレノとついてるがダヤッカの所有重機ではなく、オレノ社から発売されている只のレンタル重機
ダイグレン
大グレン社がチミルフから略奪した戦艦型の重機。元の名はダイガンザン
無駄にデカイくせにダッシュやジャンプが出来たり空中で回し蹴りが出来たりする。
本気を出せば、海も走れる。
アークグレン
ロージェノムが土の中に隠していたとっておきの宇宙重機。
アークグレンラガン
アークグレンとグレンラガンが合体、変形した姿。
キャッチコピーは「怒濤合体」
カテドラル・テラ/超銀河ダイグレン
に化けていた宇宙重機。
船内は広すぎて、ワープ装置を使用しなければならないほど。
超銀河グレンラガン
超ド級メートルの大きさの重機。キャッチコピーは「天上天下、一騎当神」
天元突破グレンラガン
無量大数メートル(推定5億光年分)の大きさを持つ重機。銀河単位での解体を行う。某匿名掲示板ではその巨大さ故にこの機体を最強のロボットだと認識している住民がいるが、しばしばゲッターエンペラー派と衝突がおこる
超天元突破グレンラガン
劇場版2作目に登場した気力の塊。
もはや重機はおろか機械ですらない。
天元突破エンキドゥルガ
ヴィラルの最後の武器「勇気」によって創造された重機。

ジュージン社所有[編集]

エンキ/エンキドゥ/エンキドゥドゥ
所有者はヴィラル。当初は何か色々凄い機能を持った兜が付いていて、その時期にはエンキサンアタックという技が使えた。
兜をカミナに盗られた後、代わりにアイスラッガーが付けられエンキドゥという名に改名された。
その後、更にゴチャゴチャした改良が加えられ、エンキドゥドゥとなった。
ダイガンザンドゥ
エンキドゥ、エンキドゥドゥっぽい上半身がついたヴィラル専用重機。劇場版1作目に登場
ビャコウ
ダイガンザン
所有者は当初チミルフだったが大グレン社に略奪された。後述のダイガンカイ、ダイガンド、ダイガンテンと合体することができたが、ダイガンザンが奪われたため四体合体は封印されてしまった。が、映画では代理としてダイガンザンドゥが登場したため合体後の姿を見せた。合体時には頭部、胴体となる。
セイルーン
ダイガンカイ
回避能力は凄まじいが、スペランカー並に装甲が薄く、陸上に上がれない。四体合体時には二つに分離し、両腕となる。
ゲンバー
ダイガンド
半球状のもので、後の東京ドームのデザインとなった。四体合体時には下半身となる。
シュザック
ダイガンテン
唯一長時間の飛行が可能なメカ。四体合体時には四つに分離し、脚部となる。手のひらのような形をしている。
デカブツ
見た目は恐ろしくダサイが、これでもアークグレンラガンと対になる存在である事が映画版にて判明。
ラゼンガン
所有者ロージェノム。全身から様々な形状に変化するドリルが出せる。

アンチスパイラル所有[編集]

ムガン
小型の謎の重機。一番量産しやすいと思われる。
上級ムガン
テーブル型の謎の重機。ムガンを無数ぶら下げる事が可能。
キョムガン
コップを逆さまにした様な形をした謎の重機。クウムガンと合体可能。
クウムガン
植木鉢型の謎の重機。キョムガンと合体可能。
岩っぽい重機(ハスタグライ級(手) パダ級(足) アシュタンガ級(顔))
無数の顔と腕を持つ謎のキモーイ重機。大仏。
水銀燈(通称グランゼボーマ)
ラスボス。各種媒体で機体名が明かされているにもかかわらず、そのシルエットからグランゼボーマと呼ばれる。
必殺技は、手裏剣を超銀河のようにして投げる「超銀河手裏剣」や、
「否」という単語を「否否否否…断じて否ーッ!」という感じで連呼しながら相手を連打する「否否ラッシュ」、
数個の銀河をにぎにぎして繰り出す、「ニッギニギビッグバンストーム」(通商インフィニティビッグバンストーム)。
グレンラガンの技をパクった「反螺旋ギガドリルブレイク」。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

各話タイトル[編集]

  • 第1話「お前のユンボで廃屋を突け!」
  • 第2話「俺がユンボるって言ってんだ!!」
  • 第3話「ツルハシが2つたぁナマイキな!!」
  • 第4話「スコップが多けりゃ偉いのか?」
  • 第5話「俺にはさっぱりユンボらねえ!」
  • 第5.5話 「俺のユンボはピッカピカ!!」
  • 第6話「てめら全員お茶にしやがれ!!」
  • 第7話「コンパネはお前がやるんだよ!」
  • 第8話「あばよ、ユンボウ」
  • 第9話「玉掛けっていったい何ですか?」
  • 第10話「現場監督っていったい誰ですか?」
  • 第11話「シモン、廃材をどけて」
  • 第12話「ヨーコさん、棟上げ式のお払いがあります」
  • 第13話「みなさん、弁当はダブル盛りです」
  • 第14話「皆さん、安全第一で頑張りましょう」
  • 第15話「私は次の現場へ向かいます」
  • 第16話「コンクリ片」
  • 第17話「あなたは何もユンボっていない」
  • 第18話「聞かせてもらうぞこの槌音を」
  • 第19話「ユンボるんだどんなツルハシを使っても」
  • 第20話「雨はどこまでコンクリを濡らす」
  • 第21話「あなたはユンボるべき人だ」
  • 第22話「それが僕の最後の足場だ」
  • 第23話「行くぞ最後の朝礼だ」
  • 第24話「忘れるものか爆破一分一秒前を」
  • 第25話「お前のユンボは受け取った!」
  • 第26話「行くぜユンボウ」
  • 第27話(最終話)「そこの瓦礫は全部撤去」
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

スタッフ[編集]

  • 監督:今井氏
  • 副監督:大つかさん
  • シリーズ構成:中島かすき
  • キャラクターデザイン:にしこり
  • メカニックデザイン:俺の吉成さん
  • 音楽:岩崎豚

主題歌[編集]

オープニング「派遣デイズ」
作詞・作曲・編曲:萬Z(量産型)/歌:しょこたん(某宗教団体の尊師ではない)
エンディング1(第1話~第15話)「UNDERGROUND」(最下層)
作詞・作曲・編曲:萬Z(量産型)/歌:HIGH VOLTAGE
エンディング2(第17話~)「みんなのユンボ」
作詞・作曲・編曲:萬Z(量産型)/歌:アフロマニア
挿入歌「happily ever after」(第11話、第15話の挿入歌/第16話ED)
作詞・作曲・編曲:萬Z(量産型)/歌:しょこたん(某宗教団体の尊師ではない)

漫画[編集]

日経アーキテクチュアにて2007年6月号より連載開始。

ゲーム[編集]

コナミデジタルエンタテインメントよりWindows版オンラインゲームとして『天元突破グレンラガン超絶発掘ONLINE』のサービスが発表されたが、クローズドβテストのインストーラーがOS穴を掘る(アンインストール時に修復不可能な損傷を与える)ことが発覚し、同テストは急遽中止となり、後日サービス中止となることが発表された。

「不具合の改修が困難」ということが中止理由であったが、およそ引き起こすことのほうが難しいような不具合であったためにその説明を信じる者は少なく、

  • 「トラブルを理由にプログラマが左遷され、開発できる人間がいなくなったため」
  • 「クローズドβテスト参加者が少なく、サービス正式開始後にも黒字になる見込みが薄かったため」

等多くの憶測を呼んだ。

そのほか、ニンテンドーDS版、携帯アプリ版、カードゲームが発売されている。2014年にはパチスロ化も決定したが、ステラ女学院高等科C3部がこけてガイナックスが資金回収するために版権を差し出したということが囁かれている。

関連[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「天元突破グレンラガン」の項目を執筆しています。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)


キャベツ.jpg このアニメ「天元突破グレンラガン」はまだかんたん作画のままです。
作画修正をしていただけるスタッフを募集しています。 (Portal:スタブ)