大麻

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Disambiguation

ここでは、まーそのー……いわゆるひとつの世間様に最も一般的とみなされていると考えられているとされている
大麻につきまして説明している項目です。はい。

  • 神道で使用される道具の大麻(おおぬさ)につきましてですがー、えー……大麻 (神道)をご覧ください。

大麻(たいま)(アサ)とは、縄文時代から栽培される、麻繊維を採取するための植物である。現在でも、丈夫な繊維として様々な製品に利用されている。朝日新聞社社長のご子息もこよなく愛好されていらっしゃったため、セレブの間ではもはや定番化した流行の服飾素材として認識されているようである。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アサ」の項目を執筆しています。
こんな服に使われています(オークランド 2001 S/S ユニセックスプレタポルテコレクションにて)

大麻とは、繊維の一種であり、日本古来から衣服の原材料として使われた繊維を採取するために栽培されてきた植物である。丈夫で風通しのよいその布地は、現在でも多くの利用者を生んでいる。特に、その丈夫さは折り紙つきで、主にアフガニスタンソマリアといった戦地で多く栽培されている。だって、服が足りないじゃないか。そこで栽培された繊維が、世界中の若者達に利用されている。裸で過ごすわけにもいかないじゃないか。さらに丈夫なので袋にして、重いものも持ち運べる。これ便利

厳密な定義[編集]

大麻は産業界では、麻繊維の大きさ、品質や性質を示す等級の1つであり、日本工業規格および国際標準規格により定義されている[1]

日本工業規格[編集]

以下の基準値を全て満たす麻繊維は大麻と定義される。

  • 繊維巾が50マイクロメートル以上であること。
  • 麻幹含有率が18%以上であること。
  • アスペクト値[2]が30000以上であること。
  • ヤング率が3500以上であること。

また、以下の基準値を全て満たす大麻繊維は特級大麻と定義される。

  • 平均中空腔直径が繊維巾の30%から50%であること。
    • 有意水準が0.95以上で、上記の数値が有意であること。
  • アスペクト値が1500未満であること。
  • ヤング率が3800以上であること。
  • 熱伝導率が0.64以上であること。

国際標準規格[編集]

日本工業規格と比較すると、太さやアスペクト値、熱伝導率にはより厳しい基準が設けられているが、ヤング率すなわち弾力性については一切考慮されていない。

大麻
  • 繊維巾が70マイクロメートル以上であること。
  • 麻幹含有率が17%以上であること。
  • アスペクト値が32000以上であること。
  • 熱伝導率が0.64以上であること。
特級大麻
  • 平均中空腔直径が平均繊維断面積の32%から48%であること。
    • 有意水準が0.95以上で、上記の数値が共に有意であること。
  • アスペクト値が34000以上であること。
  • 熱伝導率が0.644以上であること。

規格成立史[編集]

麻繊維は海運では、古くは粉末素材、あるいは不定形で静置できない小型の原材料や製品を梱包する荷袋として用いられていた。現在ではナイロン繊維やビニールによる袋に取って代わられたが、通気性が求められる穀類や天然物質を搬送するためには大麻の方が優れていると懐かしむ声も聞かれる。また、麻繊維は古代エジプト以来衣服としても用いられる重要な繊維でもある。

しかし、麻繊維は生育環境要因によって大きくその性質が異なり、さらにその用途によって最適となる性質も大きく異なる。下着に使う麻繊維が太い物であったために乳首が丸見えになってしまったり、荷袋に使う麻繊維が貧弱であったために船に積載するや否やすぐに破れてしまい白い粉が溢れ出る等の被害が続出した。17世紀のヨーロッパでは大航海時代以降の産業活発化によってこれが極めて顕著となった。貿易商会から修道院に至るまで、ありとあらゆるコミュニティから問題視される事案となった。

当時旧教新教の対立が頂点をむかえていたのにも関わらず、麻繊維の品質問題の解決に向けては全国家・全宗派一致の体制がとられた。有識者らはロンドンに集まり、アイザック・ニュートンとまだ若きカール・フォン・リンネによる監修の元、麻繊維を現在に通じる大麻、中麻、小麻に区分することに合意した。産業活動の基幹をなす麻繊維の品質が安定することにより、人間は実に計画的に経営に関する懸案を決めることが可能となった。

エクストリームスポーツとしての大麻[編集]

大学生とは、主にバカであることが一般的である生物である。そのため、衣服としての大麻を一つのスポーツとして楽しむ連中も多い。まったく、服をバカにするのもいいかげんにしてもらいたい。

主なルール
Tシャツをどれだけ着ることができるか。100枚着たバカも存在する。
自分探しと称して、戦場に布地を買いに突撃。テロリストに首を切られたらアウト。
自宅で栽培して、世界で一枚だけのTシャツを作る。後輩の目とタンスの中の電球、異常な電気代に君は耐えられるか?なお、優しいおまわりさんがそっと注意してくれたら、ゲームオーバーだ。なぜか、人生もゲームオーバーだ。

栽培方法[編集]

基本的に丈夫な植物であるため、河川敷や荒地、電球の光で家屋の中でも平気で育つ元気な子。そのため、種さえ手に入れられたら、誰でも栽培は可能である。どこに種が売ってるかは誰も知らないが、北海道なんかじゃ山に行けば雑草に紛れている。なお、海外産の鳥のエサを庭に捨てていたら、炒りかたが甘かったと見えて、食材として使われていた種が発芽、おまわりさんが笑顔で教えてくれるという実際の話も存在する。

てゆうか、当たり前のように七味唐辛子に入ってる。麻子仁と呼ばれるそれは普通においしい。火が通っていないと、違う意味でおいしいが、それは小指がちょっと短い人々の意見である。

大麻の文化[編集]

花言葉運命。日本古来の繊維として平安時代から和歌に詠まれるなど民衆の味方の繊維として、戦国時代に木綿が流行るまで日本の衣服を支え続けた。現在も、丈夫な布地として、コーヒー袋や、船のもやい綱などに使われている。中国やイスラム圏では、大麻の種やハッパを国に持ち込んだだけで、に大麻の縄を巻いてくれるぐらい、世界中で利用されている繊維である。

現在の利用方法[編集]

一般的にヘンプ(Hemp)と呼ばれており、現在、ロシア中国ルーマニアで栽培されている。日本でも栽培されているが、残念なことに安い外国産に押されたためか、近代に入ってその栽培面積は超絶に激減してしまった。どうしてだろう?なお、作物としての大麻は、に畑に植えることで、連作障害や害虫の発生を防ぐなど、様々な利点のあることが知られており、これに加えて都市圏の減反制度改革を主張する農政運動家をカンナビストという。なお、オランダではこのような農政改革を一足早く実現しており、大麻は繊維としてのみならず食物繊維質としても使用され、スポンジケーキをはじめとするダイエットフードに添加されている。

そのため、先進国ではクローゼットに虫がわいた際に、積極的に栽培する例が存在する。しかし、いくらなんでも、家が火事になるまで栽培することはないだろうに。

そっくりさん[編集]

ケナフオクラトロロアオイなんかは、見た目が似ているので、間違って通報されちゃう例もある。 見た目が似ているだけなので、どってことないですよ!

脚注[編集]

  1. ^ 他には中麻(ちゅうま)、小麻(しょうま)、微小麻(びしょうま)、特級大麻(とっきゅうたいま)という基準がある。
  2. ^ 見た目の繊維の長さ。

関連項目[編集]