大阪都構想

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「我が国の強大な神風があれば、実現できる筈がない。」
大阪都構想 について、飛鳥連邦帝国国民

大阪都構想(おおさかとこうそう)とは、日本の首都を東京都から大阪府に奪還する構想である。それにともない、東京都は解体され、大阪府大阪都に改称される。国会議事堂や政府省庁や天皇は大阪に移転することになる。これによって、大阪府知事は日本最大の知事権力をもつことになる。一方、東京都知事は日本最大の知事権力を失う。

経過[編集]

新しい首都の地図。

日本の首都は、江戸時代には名目上の首都である京都と、行政機関である幕府の設置された江戸との、二つが共存した。つまり、複都制である。その後、天皇が江戸改め東京に移ることにより、名実ともに東京府(のちの東京都)が日本の首都となった。(ただし法的には規定されていない。)

こうして法的に曖昧である状況を突いて、大阪に首都機能を持ち込こみ東京都を解体、隔離する野望が企てられた。それが「大阪都構想」である。

「大阪都構想」は次の三段階によって進行する。

  • 大阪府と大阪市を発展的に解消し、「大阪都」を制度構築する。これによって東京の23区制に似たものが導入される。
  • 「大阪都」が制度構築されたあとで、首都機能を東京から大阪に移転する(遷都する)。具体的には、行政機関を中之島周辺に設置し、皇居を大阪城に設置する。
  • 元号を「橋下」に変更する。歴史教科書には明治維新と並ぶ歴史的イベント「橋下維新」として記される。「大阪のヒトラー」として名高い橋下徹と彼の率いる維新の会による独裁制に移行し、その他の政党は粛清される。

メリット[編集]

関東では次の関東大震災の発生が危険視されているが、関西ではすでに阪神大震災が起こったので、今後は長らく大地震が来ないと予想されている(上町断層は何かの間違いだろう)。そこで、首都機能のマヒを避けるため、遷都することが好ましい。首都機能の移転を全面的に可能なのは、現状でも第2の大都市であり、その上阿倍野南港舞洲夢洲うめきたといった開発用地が余っている大阪以外にはありえない。

また、何事も東京に対抗心を燃やす大阪人のプライドを満足させる、という効果もある。さらにまた、現在の大阪府知事は、首都の知事を経由して、日本の首相になる道をたどれる。すなわち大阪が日本を制覇することになる。これが秘められた最大のメリットである。

記述[編集]

大阪都構想について、本項の記述は正しく、Wikipediaの記述は間違っている。Wikipediaの記述は、大阪都構想ではなくて、大阪都制度構想である。そこでは「都」という概念と「都制度」という概念とが混同されている。   ただし、大阪が日本の首都になろうとする野望を隠すためには、このような混同があえて必要である。そのために、Wikipediaでは大阪都構想の真実は隠蔽された。もし大阪都構想の真実(首都になろうとしていること)が記載されれば、大阪による日本制覇を狙う人々によって、必ず記載は削除されるであろう。(既に確認済み。)

問題[編集]

大阪都構想は飛鳥連邦帝国松原市を侵略してできるため、実現するためには飛鳥連邦帝国との和解が必要である。しかし、飛鳥連邦帝国側は一向に承認しない。理由としては「神様のお住まいが減るから」としている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大阪都構想」の項目を執筆しています。