大阪市立桜宮高等学校

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Stop hand.png どくいり きけん よんだら しぬで
この記事にはが含まれており、読むことで不快感に襲われる場合があります。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大阪市立桜宮高等学校」の項目を執筆しています。

大阪市立桜宮高等学校(おおさかしりつ さくらのみやこうとうがっこう)又は桜宮高校とは、大阪府大阪市都島区にある公立高等学校。

普通科のほか、体育科(各学年80名)とスポーツ健康科学科(各学年40名)の体育系の2学科を併設しており、教育方針としては戸塚ヨットスクール並のスポ根精神で知られている。スポーツに特に強いイメージがあるが、スタイルとしては暴行(通称:体罰)或い精神的苦痛を与えるといったスポ根がメインで、スポーツ科学は取り入れていない。また体罰といっても内柴正人スタイルの導入はしていない。

校則[編集]

校則では、生徒の自主制を鑑みて、特にプライベートにおいて、わりと自由が効くようになっている。

容認事項[編集]

飲酒・喫煙の容認
生徒の自由を認めるうえで、未成年であっても、飲酒・喫煙では処罰を受けないようになっている。
場合によっては、教師とともにお酒を飲む機会も用意されている。
教師による体罰の容認
スポ根を徹底的に追求するため教師側の体罰を容認している。

また、バスケットボール部のみ非公認という括弧つきでの寮生活を許可している

禁則事項[編集]

表現の自由の制限
公立でありながら、法的根拠における在学契約論を取り入れている。
たとえ社会問題となっていても、学校の内部情報を漏らしたり、生徒側が社会問題を大きくとりあげた場合、無期停学の処置をとっている。
通常、在学契約論では、人権に対するものは及ばないとされているが、桜宮高校では漏洩された者や体罰を行う者のプライバシーと権利を守るため、これらを漏洩する行為を憲法第12条にて定められた「公共の福祉に反する、人権が制限されるべき行為」とみなしている。

関連項目[編集]