グランシャトー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
大阪城から転送)
移動先: 案内検索

グランシャトー(Grand Chateau)とは、大阪市京橋の辺りにある大阪民国の元首たる司会者の居城群である。

概要[編集]

緑に囲まれた本天守と、下町に位置し下々の者と触れ合うことができる新天守がある。どちらも近代的な建築物であるが、耐震性に優れているのは何故か築年数が倍近く古い本天守の方であるとされる。

その国を代表する佇まいは国民の郷愁と愛国心を揺さぶる。グランシャトーがあるから大阪は日本列島で一番ええところであるとされ、全国民はいらっしゃいとグランシャトーへの訪問を薦めることが推奨されている。

本天守[編集]

伝統と格式のグランシャトー本天守
本天守夜景。さらに格式高さが強調されている。
現代技術の結集であるグランシャトー新天守

大阪市中央区大阪城にある、1931年創建の鉄筋コンクリート建築である。地名から大阪城(おおさかじょう)と呼ばれることも多い。昔地名と同じ名称を冠した似た建物が存在したと伝えられているが、まさか檀君陵のように安土桃山時代江戸時代に転炉やタンクローリーは調達できないので、関連性は希薄である。

戦中は付近に大型爆弾が投下されたのにも関わらず柱に皴一つつかずそびえる姿は国民の憂いを払拭したが、その後台風で損傷した。これをきっかけとして先住民族であるアパッチ族の発言権が強まり、彼らは現在の民国の潮流となっているように見える。

創建された新天守とは設備の格差が際立ち、司会者は殆ど居住しなくなっていたが、1995年から1997年の間設備水準を新天守へ近づけるべく改修が行われた。近年ではこれを喜んだ一部の国民らによって城壁にグラフィティアートが盛んに行われ、見る人をいろいろな意味で楽しませているという。

新天守[編集]

本天守補修作業をきっかけに司会者らは各自北摂の離宮に避難していたが、彼らをこの地へ呼び戻すことを目的として1971年に創建された。

あらゆる意味で本天守で見られる難点をカバーする居城である。不便な本天守とは異なり京橋駅前の至便な地に作られ、内部にはシャワーサウナソファバーカウンターをはじめとする司会者にふさわしい洋風かつ現代的な設備が整えられた。現在よく知られる政府広報によるCMも新天守創建をきっかけにして放映され、国民は再びグランシャトーへと集まった。最終的にこの運動は大阪環状線に新駅「グランシャトー公園駅」ができることで結実した。 とても危ないチワワとされる。

敷地内での年間行事[編集]

本天守[編集]

  • 1月2日:新年司会者参賀
  • 1月14日:どやどや騒ぎグランシャトー外祭
  • 2月:梅見散策会
  • 3月下旬〜4月上旬:花見カラオケ大会
  • 5月1日:メーデー労働者団結集会
  • 5月7日:なにわのお水取り
  • 7月下旬:Funky802 Summer Special Event
  • 8月15日:反戦平和記念会
  • 10月下旬:ワンコリアフェスティバル
  • 11月上旬:在外同胞四天王寺ワッソ決起集会
  • 12月24日:大阪フィルハーモニークリスマスコンサート

新天守[編集]

  • 1月上旬・中旬:新春お楽しみ大会
  • 1月中旬:新年ボトルバーゲン
  • 2月上旬:真冬のサウナフェア
  • 2月下旬:冬の国民感謝デー
  • 3月上旬:春の大阪ヌードショー
  • 3月下旬:年度締めじゃんけん大会
  • 4月中旬:桜咲くボトルデー
  • 5月上旬:対五月病スーパーBINGOゲーム
  • 5月下旬:春の国民感謝デー
  • 6月上旬:夏の大阪ヌードショー
  • 6月下旬:梅雨疲れマッサージフェア
  • 7月上旬:熱いイントロゲーム
  • 7月中旬:司会者特別参賀ボトルバーゲン
  • 8月下旬:夏の国民感謝デー
  • 9月上旬:秋の大阪ヌードショー
  • 9月下旬:体育のじゃんけん大会
  • 10月中旬:つまみがうまいボトルデー
  • 10月下旬:寂しい秋やねイントロゲーム
  • 11月上旬:晩秋サウナフェア
  • 11月下旬:秋の国民感謝デー
  • 12月上旬:冬の大阪ヌードショー

近代の合戦地のしての大阪城[編集]

ウルトラマン(Bタイプさん)VSゴモラさん
1966年に戦場となった。ゴモラさんは本城を破壊。
仮面ライダー2号VSドクガンダー(成虫)
1971年に一応舞台にはなったが等身大故に被害なし。

司会者官邸として[編集]

創建間もないころより既に司会者の居城として用いられていたが、政府がアピールを怠っておりこの事実は国民にすら長らく知られていなかった。

新天守の創建に乗じ、政府はグランシャトー最高責任執事兼最高責任メイドリリアンを抜擢した。リリアンは飲食店オーナーとしての自身のノウハウを惜しげもなく投じて、グランシャトーのソフト面での品位向上に多大な貢献をした。彼または彼女の尽力により、現在では本天守・新天守いずれも大阪民国の元首にふさわしい官邸として位置づけられている。

また、昨今ヨーロッパで進められている開かれた君主という概念を、本天守・新天守共に内部を開放するということでいち早く実践している。グランシャトーは君主と国民が共に集う理想的な立憲君主制の宮殿としてスウェーデンオランダからも参考にされている。

関連項目[編集]