大鏡

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大鏡」の項目を執筆しています。

大鏡※"だいきょう"ではない)とは道鏡が作った鏡の内の一つであり、今鏡水鏡増鏡手鏡と合わせて五鏡と呼ばれる。映したものの姿を針小棒大、過大評価して月をスッポンの如く映すためナルシストおばちゃん中二病患者達に絶大な人気を誇る魔法の鏡であるが、大鏡に映った姿を真実の自分だと勘違いして妄想と現実の区別が付かなくなる馬鹿が増え社会問題になったため平安末期に封印された。ちなみに鏡に向かってテクマクマヤコンとか言ってもヒミツの魔法少女にはなれないのでオタ受けは悪い。藤原道長が愛用しており、道長はその辺の自意識過剰でイタタなブサイク女にこの鏡を見せて思い上がらせて遊んでいた。

大鏡に映す事によるイリュージョンの一覧[編集]

  • ブサイクがイケメン、美女に見える
  • その辺りのおばちゃんが美少女に見える
  • 腐女子がシンデレラに見える。
  • 桃太郎金太郎に見える。
  • ちなみに元から美形だった人は映してもそんなに変わんない。
  • デブを映すとさらにデブに映って見える為逆効果。
  • ハゲ頭を映すと2倍に光って見える為これも逆効果。
  • 男根も2倍の大きさに映る為デカイ人は要注意。
  • 156cmの身長が2倍に見える。それでもhydeの身長は156cm

関連項目[編集]

この項目「大鏡」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)