大道典嘉

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大道典嘉」の項目を執筆しています。

大道 典嘉(おおみち のりよし)、1969年10月28日 - )は、日本のプロ野球選手。 消滅した伝説のチーム南海からの最後の生き残りだった人物である。そんな貴重な人材にもかかわらず、血も涙もない某O監督福岡ソフトバンクホークスから追い出してしまう。そこに救いの手を差し伸べたのは読売ジャイアンツ巨人)。大道本人は過去日本シリーズを制した際「トラキチ」であることを告白したが欲しがりの読売には通用しなかった。代打の仕事人として活躍を収めるが、鷹ファンは無頼漢に僕らの大道がとられたと悲しんでいる。

代打としての起用が主で「代打職人」「左キラー」として一打席に命をかけた。バットを極端に短く持ち、大きな体躯を小さくたたんで構える独特の打撃フォームで流し打ちを狙う。パワプロはこのフォームをうまく再現している。

鍛えこまれたがっしりとした体形だが、以外にも目は大きくくりっとしていてかわいい。女子高生に人気が出てキーホルダーとなってもおかしくないが、実現していない。彼の愛称マンハッタン大道は彼の眼がマンハッタンホテルから見える100万ドルの夜景のようにキラキラしていることから来ている。

漢・大道、2010年10月29日に現役引退を表明。もう渋いヒットが見られないのは残念です。23年間お疲れ様でした。

競馬通[編集]

漢・大道は競馬が大好きで、たまに巨人の機関紙で予想を披露している。結果は禁則事項ですだけれども、たまにでかいのを当てることもある。実は競馬予想のほうが本業では?と言いたくなるくらい好きみたいだが、本人にそれを言っても「そうそう」とボケてくれそうな気がするな。 自身の引退会見では涙を見せたが直後に天皇賞の予想を披露した。結果はやはり禁則事項です

古城あっーと!飛び出している![編集]

2007年のCS最終戦、漢・大道は巨人の劣勢を回復すべく、打席に向かった。

相手は中日の守護神・死神。しかし漢は彼からヒットを放つ!誰もが巨人が一矢報いるのだと思った…しかし彼に代走が送られた…古城である…その後巨人ファン悪夢の瞬間が訪れる…あっーと!

あれのせいで大道のヒットがパーになってしまった。原監督の視線が宙をさまよったことは言うまでもない。その後も後続の命を奪っていく死神。そして巨人の目の前で落合監督宙を舞ったのであった。

関連項目[編集]

この項目「大道典嘉」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)