大豊田連邦

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
爆霊地獄.jpg この記事は情報が多すぎてグダグダです。
長文耐性が無ければ全部読むと頭が爆発してしまうかも。
内容を削るか記事を分割することで爆発の危険を抑え、ご家庭での使用に適した記事になります。
曖昧さ回避 この項目では、名古屋共和国が設立した共和国連邦について記述しているばい! 宗主の自動車メーカーにつ・い・て・は「トヨタ自動車」をCHECK IT OUT!! はい!!!
大豊田連邦
大豊田連邦(でゃーとよだれんぽう)
Toyota Mark.PNG Toyoda Mark.PNG
(国旗) (国章)
国の標語 : ジャストインタイム
大豊田連邦の位置
公用語 名古屋語
(三河語、美濃辯、遠州辯など)
首都 豊安京(連邦議会、行政機関、最高裁判所)
最大の都市 中京都(名古屋共和国首都)
指導者 不明
総統(元帥) 豊田章男
連邦議長 大村秀章
面積
 - 総計
 - 水面積率
世界第どれ位
16,225平方km
0.1582%ぐらい
人口
 - 総計(2008年
 - 人口密度
世界第どん位
10,000,000人
世界第xx位
616人/平方km
政府 名古屋共和国
長良共和国(傀儡国家)
イオン共和国(傀儡国家)
天竜川共和国(傀儡国家)
国民的な英雄 つボイノリオ
宮地佑紀生
東海併合 2008年5月1日
通貨 東:ドエリャー 西:ダラァ (Der./Dla.)
時間帯 UTC +9 (DST: : なし)
国歌 おいでん
宗教 トヨタ生産方式
国際電話番号 0565 

大豊田連邦(でゃーとよだれんぽう/だいとよだれんぽう)とは、名古屋共和国東海併合岐阜県三重県浜松県長野県筑摩県の一部を併呑した際に設けた連邦である。

連邦議会、行政機関、最高裁判所の所在地は「豊安京」(ほうあんきょう。旧豊田市)。

地域分布[編集]

名古屋共和国(地図:赤)[編集]

詳細は「名古屋共和国」を参照。

長良共和国(地図:緑)[編集]

だがバロー共和国に領土を取られる

イオン共和国(地図:青)[編集]

面積が狭い為に、県を設けていない。

天竜川共和国(地図:黄)[編集]

通貨[編集]

地域によって異なる。なおそれぞれの通貨に関しては名古屋共和国の通貨を参照してほしい。

  • ドエリャー/セントリャー:名古屋共和国の中京都と尾張州、イオン共和国、ながら共和国
  • ダラァ/ジャンリン:名古屋共和国の西三河州、天竜川共和国

連邦歌[編集]

旧豊田市の頃から歌い継がれた「おいでん」が採用された。

7月になると豊安京中心部に数多くの人々が集められ、連邦歌に合わせて踊るマスゲームが行われる。

連邦設立に至った経緯[編集]

名古屋市は自らを「中京都」「東海」と称し、近隣地域を東海道とは何の脈絡もなく「東海」と称している。「東海併合」と称した近隣地域の併合は、当初は名古屋共和国が各地域を併呑するつもりだった。その方が記事を編集するのに統治するのに楽だと思った為である。

しかし様々な歴史の違いにより民族間での相違から混乱を招きかねない事が解り、連邦として統治する事になった。

言語の違い[編集]

連邦内には「名古屋語」だけでなく、大きく分類すると「三河辯」「美濃辯」「伊勢辯」「遠州辯」「伊那辯」が存在する。更に細かい分類では、名古屋語をベースとした「知多辯」や、木曽地域の方言を「木曽辯」とする分類も存在する。これらのうち、木曽三川流域の方言は、「みゃー」の語調で有名な濃尾方言であり、名古屋語・三河辯・美濃辯・木曽辯がこれに相当する。一方で、イオン共和国は、畿内辯の一種である伊勢辯の地域。天竜川共和国は、今川武田徳川時代の地理と歴史を汲む東海東山方言の地域で、遠州辯と伊那辯がこれに相当する。

さすがにここまで言語が異なると、一国で統治する事は困難である。

名古屋のワガママ[編集]

大豊田連邦議会場

この辺りの大企業の町と言えばお判りだろう。豊田市。そこが刈谷岡崎などと手を組んで名古屋共和国から独立しようと考えていた。

しかし、トヨタ様あってこその名古屋共和国…じゃなく、単に首都名を付けた「大名古屋帝国」や「大名古屋連邦」を検討していたが、「豊田市の物は名古屋の物?詐称するな!!」っていう豊田市からの苦情によって、「大豊田連邦」に決まった。

アメリカからのクレーム(守衛さんの話)[編集]

あれは「大名古屋帝国」か「大名古屋連邦」で揉めてた頃の事さ。俺はいつもの様に仕事をしながらうたた寝してると、突然電話が鳴ったんだ。

ボーっとした頭で出てみると、アメリカの…街の名前までは忘れたんだが、そこからだったんだ。彼からは「そんな名前を付けるな。乗っ取る気か?」なんて言われたんだ…かなり流暢な日本語で。それを河村さんに話したら、外交的に支障が出る恐れがあるって事で、急遽見直しが決まったんだ。

あれは何て街だったっけなぁ…あぁ、今思い出したよ。マイアミだ。

娯楽[編集]

中日ドラゴンズ[編集]

大豊田連邦内は中日ドラゴンズの地盤。ただし、中日スポーツは、東は掛川・駒ヶ根から、西は敦賀草津伊賀上野潮岬までの広い範囲で購入できる。伊勢志摩・熊野三山・琵琶湖若狭湾浜名湖・伊那谷は中日の物って事か。

一方で、中日の本拠地である名古屋は、浜松や飯田よりも、津市長浜や敦賀の方が近い。このため、中日戦の観戦に来る三重県民や滋賀県民は、遠州辯を「ダニみたいでウザイ!!」って見下している。

日本プロサッカーリーグの地盤[編集]

元々、濃尾(名古屋共和国と長良共和国)は鯱軍の地盤であり、三遠南信(天竜川共和国)は歓喜軍の地盤である。メインスポンサーは鯱軍がトヨタ自動車で、歓喜軍がヤマハ発動機となっている。

ところが、鯱軍は西の紀伊半島(主に三重県奈良県)に地盤と加入選手を開拓しているが、歓喜軍は東の富士山麓(特に藤枝から清水までの地域)に地盤と加入選手を開拓している。藤枝は歓喜軍の地盤だが、清水は鼓動軍の本拠地でありながら鼓動軍と歓喜軍の両方に多くの選手を出している。

つまり、鯱軍は南近畿のチーム、歓喜軍は今川武田のチームとも言える。銀行の分布を見ても、鯱軍の地盤には中京銀行と第三銀行が多くて、歓喜軍の地盤には静岡銀行が多い。

又、日本サッカー協会のエンブレムは八咫烏(やたがらす)だが、八咫烏は熊野三山の守り神である。鯱軍は、この熊野三山に最も近いJリーグチームである。熊野三山の新宮までの距離を見ると、大阪より名古屋の方が近い。

そう言えば、J2にFC岐阜とか言うチームもあったか…まぁいいや。名前ぐらいしか知らねぇもん。

今後の動き[編集]

名古屋に都は渡さない。」
大豊田連邦 について、東近畿三県同盟
「おのれ三重滋賀福井三県!名古屋は必ず甦る。畿内人に悪の心がある限り、必ず甦る。忘れるな!!」
東近畿三県同盟 について、大豊田連邦
「この霞ヶ関による道州制の区割り案が実現すれば、紀伊半島琵琶湖岸・若狭湾岸の者どもは、誰も三重県に入る事はできないのだ。そして、三重県民は、同じ紀伊半島仲間の奈良県和歌山県、琵琶湖岸・若狭湾岸の滋賀県との交流や救援も受けられずに死ぬのだ!!」
大豊田連邦 について、ギガゾンビ
「とんでもない奴だ!名古屋なんかに都になられて堪るか!!」
大豊田連邦 について、ドラえもん奈良県和歌山県
「あたりまえさ!だから名古屋のようなミスはしない。大豊田連邦を支配するのはこの僕達さ!ハハ、アハハハ!」
大豊田連邦 について、W・Bリーダーズのふたり(B・H団のリーダーW・H団のリーダー
「もう名古屋なんか騙されない!!」
大豊田連邦 について、千葉県
「バローの真の力を見せてやる!イオンなどには負けない!!」
大豊田連邦 について、バロー共和国
「非公認国は黙れ」
バロー共和国 について、大豊田連邦

紀伊半島への侵攻[編集]

豊田軍(指令本部:セントラルタワーズ)
  • 常滑航空隊(通称:セントレア航空隊)
  • 名古屋高速鉄道師団(通称:JR東海師団)
  • 鈴鹿攻略部隊(通称:信孝部隊)
  • 安濃津進駐部隊(通称:東海労金部隊)
  • 伊勢攻略部隊(通称:八咫鏡部隊)
  • 新宮攻略部隊(通称:烏狩り部隊)
  • 奈良攻略部隊(通称:鹿狩り部隊)
  • 橿原攻略部隊(通称:天皇教制圧部隊)
三重・奈良連合軍(指令本部:伊勢神戸城

紀伊半島に当たる三重県(含東牟婁郡)と奈良県に向けてのインフラは、道路では名四国道東名阪自動車道が、鉄路では関西本線が整備されていた。名古屋と那智勝浦を結ぶ「特急南紀」も健在である。

狙うは桑名を越えて鈴鹿から潮岬奈良への侵攻である。豊田軍は、紀伊半島侵攻のうち、四日市以北を侵略してイオン共和国という傀儡国家を建設した。尤も、イオン共和国の成立以前から、三重県と東牟婁郡と奈良県は、紀伊半島を分断する名古屋の横暴に苦しめられていた(→新宮市#論争・対立)。

名古屋の横暴と和歌山の強請りと大阪の妄想に苦しむ東牟婁郡を救援すべく、三重軍は伊勢神宮熊野本宮を結ぶ「熊野古道」を道の世界遺産にまで押し上げた。三重県から大阪府までの紀伊半島沿岸が、道の世界遺産になったのである。この熊野古道の世界遺産への登録を、「熊野の春」という。熊野の春を実現し、観光客の増大を目論む伊勢と新宮は、「熊野三山の観光ガイドには、紀伊半島の付け根である名古屋と大阪、それに名古屋と大阪の間に位置する京都がアクセス拠点として掲載されている。名古屋・京都・大阪が、新宮に逆らえるはずがない!!」って名古屋と大阪への懲罰的言動を強めている。

熊野の春による紀伊半島の統一を分断する為に、名古屋国軍は中部国際空港を開設した。ところが、蓋を開けてみれば、中部国際空港は三重県民(含東牟婁郡)と滋賀県民(含若狭)には利用されているものの、肝腎の観光案内には滋賀県が掲載されていない。一方で、早くに開設された関西国際空港は、観光案内で三重県(含東牟婁郡)・滋賀県(含若狭)・福井県の全域が観光案内でキチンと掲載されているなど、阪神淡路大震災からの教訓に学んで、紀伊半島・琵琶湖岸・若狭湾岸を一体的に「迂回路」と見ている。

名古屋が率いる豊田軍は:

「名古屋の熱田神宮には三種の神器である草薙剣がある。伊勢神宮には三種の神器である八咫鏡と八坂瓊勾玉がある。新宮など熊野三山は台風銀座で伊勢志摩との縁が深く、八咫烏をマスコットにしている。だから伊勢と新宮は近畿じゃない、名古屋支配圏の中部東海だ。大阪市民もそう言ってるぞ!」「伊勢が州都名古屋の中部州じゃないとは、上出来じゃないか。ここへ来い!!」って霞ヶ関の理屈で攻撃した。

伊勢が率いる三重・奈良連合軍は:

「バーカ!三種の神器のある伊勢が名古屋支配圏で近畿じゃないなら、織田信長や豊臣秀吉の領土だった長浜も京都も大阪も名古屋支配圏で近畿じゃないだろ?!」
「紀伊半島の名古屋と大阪は、中部東海じゃなくて南近畿だ!!新宮経由で名古屋と大阪を結ぶ紀伊半島一周線があったろうが!!」
「濃尾地震や伊勢湾台風の時に、同じ紀伊半島の三重県民や奈良県民や大阪府民に助けてもらった恩を忘れたのか?!」
「紀伊半島が大地震や台風に襲われたら、名古屋市民と大阪市民は、伊勢や新宮や橿原の住民と一緒に死ぬんだよ!!紀伊半島の仲間たちから離れる事もできずにな!!!畿内州から離れることもできずにな!!!!」
「琵琶湖圏の長浜と京都が同じエリアで、紀伊半島東部の伊勢志摩と奈良が別のエリアにされるのはおかしいだろ!!」って、豊田軍をバッサリ斬り捨てた。

そして、同じ近鉄王国の奈良県民からも、「大阪の猿真似は止めたらどうや!」「奈良を『大豊田連邦』に入れるって言いながら、中部国際空港には奈良の観光案内が無いぞ。これで奈良が『大豊田連邦』だって?アホ言うな!!」って嘲われる始末である。この点からも、中部国際空港は確固たる信用を得ていない事を露呈して終った。

更に、2008年2月23日には、鈴鹿と草津を結ぶ新名神高速道路が開通し、伊勢(紀伊半島東岸)から敦賀(若狭湾岸)までが高速道路で結ばれた。これにより、新宮から敦賀までが実質的に一つの道となり、京都から伊勢志摩への観光客も増え、津市や四日市から京都へ行く高速バスも走り始めた。一方で、豊田軍は「甲賀は名古屋の家来になる」って軽く見ていたが、実際には名古屋から甲賀へ行く観光客が増える逆の結果になって終った。そして、この交通網の充実と「2007年問題」に乗じた東牟婁郡は、念願の三重県への復帰を果たした。

そして、2008年7月には、伊賀忍者部隊と鹿師団がイニシアチブを取って、「関西本線奈良亀山複線電化促進同盟」が結成されたが、これには名古屋共和国・イオン共和国・三重県・京都府・奈良県・大阪民国が一挙に丸め込まれた。豊田軍は、「(電化複線化で新快速が通れば、)奈良は名古屋の家来になる」って軽く見ているが、名古屋に本拠地を置くJR倒壊師団は、大阪の朝日放送が制作する「歴史街道」の協賛企業に入っており、首都の実績を持つ奈良(=平城京)の前ではメロメロである。この豊田軍のアキレス腱を見ている奈良軍は、「半島の付け根同士は離れては生きられないのよ!!」って、名古屋と大阪を屈服させる算段である。

しかし、ここじゃ默ってないのが豊田軍。熊野三山はサッカー日本代表のマークである八咫烏のお膝元であり、最寄りのJリーグチームが名古屋グランパスである為、「グランパスの番組を見たいんだろ?!」という説得や、「豊田スタジアムで日本代表戦があるなら、入場券を優先的に配ってやるぞ!!」という人参作戦に出ている。

近江・若狭・越前への侵攻[編集]

豊田軍(指令本部:セントラルタワーズ)
  • 常滑航空隊(通称:セントレア航空隊)
  • 名古屋高速鉄道師団(通称:JR東海師団)
  • 長浜攻略部隊(通称:秀吉部隊)
  • 安土攻略部隊(通称:信長部隊)
  • 敦賀攻略部隊(通称:気比神宮部隊)
  • 福井攻略部隊(通称:勝家部隊)
滋賀・福井連合軍(指令本部:長浜城
  • 長浜黒壁部隊(通称:長政部隊)
  • 八幡製薬部隊(通称:メンターム部隊)
  • 草津鉄道警護隊(通称:温泉部隊)
  • 水口斥候部隊(通称:甲賀忍者部隊)
  • 福井織物部隊(通称:義景部隊)
  • 彦根商業師団(通称:平和堂師団)
  • 敦賀夜店師団(通称:屋台ラーメン師団)
  • 鯖江眼鏡師団(通称:レノマ師団)

琵琶湖若狭湾方面に当たる滋賀県福井県に向けてのインフラは、元々あった名神高速道路東海道本線に加え、1988年には京都から福井まで北陸自動車道が通り、2008年2月23日には前述の新名神高速道路が開通した。更に、福井軍・滋賀軍・舞鶴軍・京都軍が手を結んで、2014年を目処に舞鶴若狭自動車道舞鶴から敦賀まで開通させる予定である。滋賀県(近江・若狭)と福井県(越前)は、戦国時代にも「浅井朝倉連合」という反尾張の同盟軍を結成していた地域で、現在では「東近畿三県同盟」という形でこの同盟軍が復活している。

狙うは関ヶ原を越えて長浜から京都・敦賀・福井への侵攻、列びに木曽三川を越えて四日市から彦根への侵攻、鈴鹿から草津・安土への侵攻だが、滋賀軍と福井軍は、2007年に恐るべき兵の存在を公表した。滋賀軍が彦根城を居城とする「比科念」、福井軍が武生を本拠地とする「ケータイ天皇」である。比科念は、一見ゆるキャラである為に、相手へ油断を与ひこにゃんえたら最後。「井伊の赤備え」着用を認められている比科念は、仲間の「刺魔裟科念」らと共に一気に攻め立てると言われている。ケータイ天皇も、日本海に好い顔、琵琶湖に好い顔、瀬戸内海に好い顔、太平洋に好い顔をするカメレオン根性を持っているため、こちらも油断のならない兵である。

又、長浜は豊臣秀吉の本拠地であったため、織田信長・豊臣秀吉・琵琶湖との関わりが深い地域で結成する「琵琶湖若狭湾友好同盟」の会長代理である。なお、「琵琶湖若狭湾友好同盟」には名古屋と敦賀も加盟しており、長浜にとっての「琵琶湖若狭湾友好同盟」は、いずれも秀吉との縁が深い京都・名古屋・敦賀・大阪を丸め込んで、「大近江共和国」の盟主になって三つの海岸(太平洋の名古屋・日本海の敦賀・瀬戸内海の大阪)と紀伊半島を制することである。後述の「滋賀県庁移転期成同盟」は、「大近江共和国」の樹立への前触れである。

比科念とケータイ天皇の登場と、長浜の確固たる知識に恐れる豊田軍は、警戒して手が出せない状況である。

名古屋が率いる豊田軍は:

「長浜は豊臣秀吉の本拠地だったから、名古屋の家来で中京圏だろ。」
「安土は織田信長の本拠地だったから、名古屋の家来で中京圏だろ。」
「福井は柴田勝家の本拠地だったから、名古屋の家来で中京圏だろ。」
「継体天皇の妃である目子媛(めのこのひめ)は尾張国春日井の出身だから、武生も名古屋の家来で中京圏だろ。」って攻めた。

対する長浜が率いる滋賀・福井連合軍は:

「バーカ!豊臣秀吉は名古屋で生まれて、長浜や大阪を本拠地にして、首都の京都で死んだから、名古屋・長浜・大阪は皆京都の家来だ!!」
「柴田勝家は、尾張で生まれて、織田信長の家来になって近江に転居し、近江の後に越前福井に転居したから、尾張も近江も越前も皆京都の家来だ!!」
「継体天皇と目子媛は、琵琶湖伝いに南下して摂津樟葉宮に都を建てたから、越前も尾張も摂津も皆同じ仲間だ!!」
「上洛大好きの名古屋人は、畿内州から出る事もできず、京都で死ぬの!!織田信長や豊臣秀吉と同じくな!!!」
「濃尾地震の時に助けてもらった恩を忘れたのか!!」
「敦賀経由で名古屋と城崎を往復する特急があったろうが!!」
美浜をメルトダウンさせて、名古屋にもセシウムさんを降らせてやろうか!!」
「名古屋の理屈なら、浜松も長浜も京都も『大豊田連邦』なんだろ!?長浜と浜松なんぞ、地理的にも歴史的にも何の縁も無い!!」って反撃し、豊田軍の無知をコテンパンに撃破した。

しかし、ここじゃ默ってないのが豊田軍。「大権現様へのご恩を忘れたのか?!」との説得や、好物の「おだんご」を贈呈するなど、実は比科念に近付いているとも風聞され、既に関ヶ原の戦いで豊臣軍だった刺魔裟科念を消す約束をしたとも言われている。

京都への侵攻[編集]

豊田軍(指令本部:セントラルタワーズ)
  • 名古屋高速鉄道師団(通称:JR東海師団)
  • 京都進駐部隊(通称:上洛部隊)

長浜・名古屋・敦賀の住民と中小企業は、京都市大津区に滋賀県庁があった事で不便を食らって来た為、「滋賀県庁移転期成同盟」を結んでいた。そして、名古屋・敦賀・京都の市長と商工団体の会談により、交通の要衝で秀吉の城下町であった長浜へ滋賀県庁は移転し、若狭は滋賀県に返還された。

敦賀には新快速が京都や長浜から乗り入れしているが、名古屋を本拠地とするJR倒壊が「京都の物は名古屋の物」であるような宣伝をしている為、長浜・名古屋・敦賀の中小企業は、「JR倒壊の商法は京都を敵に回すぞ!」「京都から名古屋へ新快速を乗り入れさせろ!!」と火消しに躍起になっている。又、敦賀市役所は「若狭の総意は畿内州へ入る事。」と宣言しているが、長浜と若狭の商工団体は、敦賀と同じく「近江の外港」でもある名古屋を畿内州へ引き入れるつもりである。

このように、霸権主義的な「大豊田連邦」を志向する名古屋共和国の政財界と、地理と歴史に則った「大近江共和国」を志向する住民と中小企業とでは、考えが食い違っている。尚、「大豊田連邦」を主張する有名人は奥田碩が、「大近江共和国」を主張する有名人はワッキーがそれぞれ代表格である。

飛騨・北陸への侵攻[編集]

東海北陸自動車道の全線開通(予定:2008年7月5日)と同時に、岐阜県飛騨地方・富山県石川県福井県への領土拡大を開始する見込みである。これらのうち福井県には、敦賀経由と郡上経由の2路線で挟み撃ちする腹積もりである。

もし北陸が大豊田連邦に併呑されると、日本は東西分断の危機に直面する。

この東西分断の危機を回避する為、富山軍は「さらさら越え作戦」という作戦に出る算段である。これは、戦国時代に、佐々成政徳川家康へ同盟の締結を求めて富山から浜松へ行った歴史に因んだ名称で、富山と浜松を結ぶ連絡線を通す作戦である。具体的には、富山~下呂~中津川飯田~浜松のルートで、連絡線の鉄道と道路を整備する。富山と浜松は東京京都から等距離で行ける為、富山県にとっては是非実現したい路線であるが、岐阜と名古屋の行政屋が桎梏になっている。

そこで、浜松に対しては、以下のように説得するつもりである。

「名古屋と同じ『織田豊臣組』の長浜敦賀から、紀伊半島の津市伊勢新宮から、『名古屋とは地理的・歴史的な縁も有るが、浜松なんて何の地理的・歴史的な縁も無い!!』って苦情が来てるぞ!!」
「天竜川共和国には兵越峠があるけど、兵越峠は武田信玄の軍勢が通った道だろ。だもの、浜松は今川武田組だ!甲府からも、『織田豊臣組の名古屋や長浜と一緒になるな!』って苦情が来てるぞ!!」

又、長良共和国の分割を希望しており、西濃を長浜と一緒の織田豊臣組に入れて、東濃木曽を紡績工を送り出した諏訪と一緒の組に入れるつもりである。

岐阜と名古屋に対しては、「織田信長や豊臣秀吉なんか『愛知都民』『滋賀都民』だろ!」「長浜や敦賀や京都の方が圧倒的に近いだろ?それなら首都長浜の『大近江共和国』か、首都京都の『織田豊臣共和国』に入ったらどうだ?!」って言い放ち、浜松とは縁を切って長浜や京都と一緒になるようよう説得するつもりである。

バロー共和国が関を取ったので侵攻が難しい状況となった

道州制問題[編集]

13道州制が施行されると、大豊田連邦のうち、木曽地方、下伊那地方が北関東州になるが、代わりにイオン共和国が三重県、天竜川共和国が静岡県伊豆県、長良共和国が岐阜県を吸収することが出来る。
大豊田連邦は道州制を利用して東海地方や北陸地方、近畿地方、日本の中枢であって大東京帝国が構える関東地方を吸収しようと考えている。何故なら、東海地方を吸収し、近畿地方や北陸地方、関東地方に近くなるからだ。もしこれらの地方が吸収されれば、日本は滅亡の危機にさらされる。だが、下伊那や木曽が筑摩県佐久県と一緒に北関東に吸収されるため、「先に筑摩と岐阜、三重、静岡、伊豆を侵略せよ」という案も出ている。

関連項目[編集]

大豊田連邦
東近畿三県同盟
西近畿条約機構
冷戦