大船市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第11回執筆コンテストに出品されました。

もしかして: 大船渡市

大船市(おおふなし、Ohfuna-City)とは、よくある誤解である。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大船」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「大船」の項目を執筆しています。

鎌倉市は南東部の山に囲まれた「まさに古都鎌倉」地域(いわゆる鎌倉地域)と北西部の湿地帯を開拓した「さしあたって(行政区画的な意味で)鎌倉」地域(いわゆる大船地域)、そして南西部の稲村ヶ崎から江ノ島にかけての「鎌倉って言うかむしろ湘南」地域(いわゆる湘南地域)の3つ[1][2]に分けられる。伝統ある「まさに古都」地域や洗練された「むしろ湘南」地域に対して「さしあたって鎌倉」地域は少なからず引け目を感じており、また、市外の人々も大船地域を鎌倉と認めていないことがあり、中には露骨に「え、お前大船に住んでるの?何だよ、鎌倉在住だなんて見栄張りやがって」などと、その存在を認めない人までいる始末である。まして県外の人にいたっては「え?大船って市じゃないの?」「大船駅って、大船市じゃないの?」という声を、これまで何度聞かされたことであろうか。だから大船は鎌倉市なんだってば。信じてよ。

陰謀[編集]

また、このような不自然なまでの大船独立論(あるいはそのように看做す見解)が盛んに囁かれているのは隣接する横浜市栄区[3]の陰謀工作とする説もあり、一度独立させた大船市を併呑することによって横浜市内各区間における権力闘争を有利に運ぼうと目論んでいるとも言われている。そうした意味では、「むしろ湘南」地域が藤沢市に併呑あるいは藤沢の鵠沼地域と連合して独立するのではないかという不安もないことはなかったが、そちらの方はたぶん杞憂である。ちなみに、この「併呑したい地域を一度独立(=本国から分離)させて弱体化させる」手法は、現在中華人民共和国沖縄県に対して行なっている工作と同様であり、一部の心ある市民はこうした大船地域に蔓延する分離独立の気運に対して強く警鐘を鳴らしているが、誰も気にしないのであった。

脚注[編集]

  1. ^ 本当は「鎌倉地域」「腰越地域」「深沢地域」「大船地域」「玉縄地域」の5つだが、面倒なのでざっくりと仕分けてみた。
  2. ^ ちなみに大船市の範囲は「大船地域」「玉縄地域」および「深沢地域」の一部である。
  3. ^ 同じ隣接していても、戸塚区金沢区はあまり領土的野心を示していない模様。

関連項目[編集]