大田原市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大田原市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「大田原市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「大田原市」の項目を執筆しています。

大田原市(おおたわらし)は、栃木県那須地方に位置する都市である。

の名手として名高い那須与一の所縁の地であり、那須野が原を舞台に壮大な弓術大会が催されている。いまのところ、学問的には与一の実在は立証できていないが、那須地方では、与一の実在が固く信じられているため、「与一は平家物語の作者が創作した架空の人物にすぎない」などと発言すると、社会のつまはじき者にされてしまうので注意が必要である。

概要[編集]

栃木県北東部に広がる那須地方の中心地である。那須地方のみならず塩谷地方にも影響力をしめしており、両地方はしばしば塩那地方と総称され、大田原は塩那地方における行政の中心として発展してきた。

足柄県小田原市と比較して「大田原」の名は偉大であるが、都市規模は決して大きいといえないにもかかわらず、国営放送の首都圏版天気予報では、宇都宮市とともに栃木県の二大都市として扱われている。これに対して栃木市が猛烈に批判を浴びせているが、大田原市は国営放送及び宇都宮市の後ろ盾があるため、完全に無視している。

しかしながら、それだけの理由で大田原が栃木県の二大都市の一つとなることができたのか疑問が残るが、那須地方は栃木県内における食糧基地としての役割を担っており、国土経営の面から見ても大田原を無視できなかったとみられている。

歴史[編集]

古くは那須国の中心地であったと考えられている。7世紀下野国に併合されたため、一時的に発展が阻害されてしまったが、江戸時代奥州街道宿駅が置かれると徐々に町並みの整備が進んでいった。

大田原周辺は、那須野が原とよばれる広大な台地であり、伏流となる河川が多く、水資源に乏しい地域であったことから、開拓は困難をきわめたのである。大田原及び那須地方が本格的に開発されるようになるのは明治以降であり、それ以前は禁則事項ですもままならず、禁則事項ですであったというから、いかに那須地方の発展が遅れていたかをうかがい知ることが出来よう。

市町村合併では、経済的に一体となっていた西那須野との合併を目指していた大田原だが、結局、鉄道に無視された佐久山と、鉄道に逃げられた湯津上や黒羽といった自治体同士で仲良くまとまることになったのである。

経済[編集]

西那須野との合併に失敗した大田原であったが、それでも那須地方の商業の中心として君臨し続けたのである。しかし、これを良く思わない者がいた。ほかでもない黒磯市民である。東北新幹線が開業し、黒磯に那須塩原駅が設置されると、大田原優位の状況にも陰りが見え始め、経済の中心は那須塩原駅周辺に移りつつあった。さらに、新幹線の駅に目がくらんだ西那須野と塩原は黒磯と合併して「那須塩原市」を発足させるなど、経済圏を無視したきわめて政治的な結託によって、那須地方は真っ二つに分断されてしまったのである。両者の和解はあり得るのか、黒磯にレイープされた西那須野が反旗を翻せるのか、今後の動向が注目される。

交通[編集]

市の中心部に鉄道が通じていないという非常に不便な都市である。

しかし全くの鉄道空白地帯というわけではなく、市域の端を東北本線宇都宮線)が通じており、かろうじて野崎駅が設置されている。しかし、市街地から遠いため市の代表駅とされることはなく、事実上、隣の西那須野駅が大田原の代表駅となっている。したがって、大田原市民がこの駅を利用するには必然的に市境をまたぐことになる。

市街地にはかつて東野鉄道の大田原駅が設置されていたが、いつの間にか廃止され、いまではスーパーマーケットになっているため、一部の市民が、市内唯一の鉄道駅である野崎駅を「大田原駅」に改称しようと運動を起こしているようである。…が、駅前見たとたんガッカリするのが明らかなので、せいぜい「西大田原」とか「新大田原」とかにしてほしい今日この頃。

そのため市街地の移動手段はか?と思いきや、やっぱり麦茶ポットであった。 特に朝の麦茶ポットは満タンだ。飲み放題!

関連項目[編集]


この項目「大田原市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)