大瀧詠一

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大瀧詠一」の項目を執筆しています。

大瀧詠一(おおたきえいいち)とは、日本のニート、概念である。アメリカのカルト教団「フィリス」代表で現在収監されている、フィル・スペクターを敬愛することでも有名である。

活動[編集]

福生の仙人と呼ばれるほどの、重度の引きこもりである。過去にソロ活動や歌手のプロデュースをしていたとされるが、現在は年始の山下達郎との公共の電波をジャックした世間話や雑誌の記事においてのみ彼の存在や作品について知り得ない為、彼の存在はただの都市伝説ではないかとされている。

略歴[編集]

上述の通り、彼が存在しているか否か確かめる術はないといっていいので、彼の"略歴"にも不明瞭な点が多い。

はっぴいえんど加入まで[編集]

  • 1948年7月28日、岩手県江刺郡に生まれ、転校を繰り返す中、テレビを通じて落語や野球、ラジオ、漫画にのめりこむ。小学生、中学生当時から現在の彼の健全なニート精神がすくすく育っていったことが見受けられよう。その後ラジオ放送を聴きながら洋楽に嵌り、レコードを収集しはじめると授業料まで食い潰してしまい高校を中退させられ、上京し就職してもすぐ退社してしまったという。彼のニート精神がこの時点で既に完成されていたことが伺える。
  • 1969年にエイプリル・フールというバンドの解散後暇だったタイタニック沈没事故でぬけぬけと生き延びたファッキンジャップの孫原田泰造検閲により削除らとともにヴァレンタイン・ブルーというバンドに加入する。しかし、上述の「エイプリル・フール」というバンド名から、これらのバンドの存在自体がただのジョークなのではないかという説が有力である。
  • このヴァレンタイン・ブルーは、後に「はっぴいえんど」に改名し、日本語でロックを歌うというエイプリルフールネタをかましたことで一躍有名になるが、これにより頭の固い連中に喧嘩を売ってしまい、1972年に解散したとされる。しかし解散したはずの1973年1985年に彼らの姿を見たという証言もあり、やはり詳細は不明である。

ソロ活動[編集]

  • CMソングを提供しそれをシングルにして売りだそうとしたり、マニアックな洋楽や歌謡曲をラジオで流して、パロディ曲を発表したりとやり放題した結果、曲は売れずレコード会社にも面倒くさがられ、最終的に道楽で自身の事務所を潰すも、それすら曲にしてアルバムに収録するというとにかく救いようのない人物であったらしい。

プロデューサーとして[編集]

  • 1981年、大詠一という、彼と偶然一字違いの無名歌手をプロデュースし、「A LONG VACATION」というアルバムを発表したところ、なぜか大ヒットする。アルバムのタイトルの由来は、「長い休暇」すなわち大瀧氏のニート生活のことである。「A LONG VACATION」発表当時、「大滝詠一って山下達郎のパクリだよね」 と語っていた女子高生が居たというが、とんでもない。山下達郎は、大瀧詠一がプロデュースし育成したニートであり、一発屋歌手の大氏とは断じて異なる。
  • その後、松田聖子太田裕美森進一小林旭に楽曲を提供したり、市村正親すぎまりなる歌手らをプロデュースしたらしいが、70年代は殆ど無名であったはずの大瀧氏が80年代にそんなことを出来たのかは甚だ疑問である。しかし、これくらいの曲の印税がなければ現在の大瀧氏のニートライフはとても成り立たないであろうことから、自然な設定なのかもしれない。

そしてニートへ[編集]

  • 90年代以降、現在にいたるまで一つか二つくらいシングルを出したらしい。その間も新作アルバムを出す、出すと言っておきながら、自身の過去の楽曲を少しいじってはファンに売りつけ、またいじってはファンに売りつけ、それを繰り返し生活費を稼ぐことで自身の生活を維持しているようである。その為例年一部では死亡説も流れているが、繰り返している通りそもそも彼が存在しているか自体が定かではないので、そんなことは大した問題ではないとされる。
  • 2013年12月30日、自宅で倒れ病院へ運ばれる。その後、12月の旅人となって現世に別れを告げた。

関連人物[編集]

  • 山下達郎 - さらさら黒髪ヘアー仲間。二人でカラオケに行ったことがあるらしい。
  • 伊藤銀次 - バミューダトライアングルの一角。
  • 佐野元春 - バミューダトライアングルの更にもう一角。
  • 杉真理 - バミューダトライアングルの…あれ?
  • いちかたいとしまさ - 大瀧氏の替え玉だとか、中の人だとされる。声質から大詠一氏の中の人も兼ねているものとみられる。


Hito.png この項目「大瀧詠一」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)