大気汚染

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大気汚染」の項目を執筆しています。

大気汚染(たいきおせん)とは、地球上において広範囲で発生している自然災害の一種である。

概要[編集]

地球上では古来より様々な自然的活動が成されており、その中でも火山の噴火や大洪水など大きな災害が発生してきたがその中でもこの大気汚染は自然災害の一種に過ぎない。地球上各地に生息するヒトと呼ばれる生き物が原因となっている公害であるとする説が存在するが、このような小さな微生物では地球という巨大なものを汚染できるはずが無いとするのが妥当である。ヒトの記録に残る大気汚染としては主に工場による煙害などが挙げられるが、ヒトの力程度で揺るぐものでは無く大気汚染は発生し得ない。

大気汚染とは何か[編集]

あらゆる生き物が必須としている空気が汚れている状態を大気汚染と呼び、大気中に有害な物質が多く含まれる事により様々な生物に対して害をもたらすが、火山が噴火しようとも大洪水で街がひとつ流されようとも生物が死ぬ事には変わりは無い。スモッグによる視界の悪化や河川の汚染同様に地球は粛々と正常化を図るのみであり、ヒトの行いなど意に介する事は無い。その証拠としてヒト史上で地球からの抗議文など何一つ届いていなければ抗議の電話の一本も鳴ったことは無い、これは地球がヒトに対して抗議の念を訴えようなどとは考えていない事の証に他ならないのである。

大気汚染と国家[編集]

各国の大気汚染事情について記述する。

中国[編集]

中国・上海での大気汚染、少々視界が悪いがその程度である。

地球上でもっとも巨大な国家である[要出典]中華人民共和国にて重度の大気汚染が発生しており、画像の通り非常に視界が悪い。この汚染により中国地域は交通事故などが多発し、景観も悪化しており人民たちは中国政府に対して改善を求めている。しかし、中国当局はこれを「ちょっと視界が悪いだけ、気を付ければ大丈夫」と一蹴し、改善活動を行う予定は無いとしている。一部の専門家らは「ヒトに対して有害な物質を含んでいる可能性がある」として警告を発しておりPM2.5などとの関連性を指摘しているが、これに対しても中国当局は「お前は風呂場が曇ったらガスマスクをつけるのか、ちょっと霧が濃いだけ」とコメントしている。

中国当局の独自調査の結果として「直ちに人体に影響は無い」としている。この件に関しても特に人的災害である可能性はなく、地球上人口がもっとも多い中華民国であるだけに、ヒトが密集したことにより発生した一種のコミケ雲のようなものではないかと推測される。

インド[編集]

中国国内にかかっているモヤのようなものに話題性を持っていかれ、インド人以外は誰も気にしない状態になっていたが、中国の汚染がメディアに露出することによって有名になり、これに負けじと頭角を現し始めている。大気汚染の原因としては中国と同じく人口の急激な増加などが原因であると主張しているが、元々車両が道端で排ガスを撒き散らしながら動物をひき殺す後景が日常茶飯事となんているインド国内ではそんなことを誰も気にしていない。

この大気汚染であるとされているものは、インドに支社を構える三菱商事を始めとした日本企業が社宅などに空気清浄機の設置を開始しており、低迷している家電業界の過剰な宣伝である可能性が高い。もはや世界的に有名となってしまった環境ビジネスの一環であって、実際的な大気汚染は発生していないとする見方が強い。

なおインドの人口増加によるコミケ雲は観測されていない。

日本[編集]

日本国ではそれほど深刻な大気汚染は発生しておらず、むしろ積極的に空気の正常化に努めているためかなり綺麗な方である。しかし何故だか良く分からないが世界各国から「もっと空気を綺麗にするんだ!」と迫られ、無駄な努力を強いられており、清浄化するにも既にほぼ伸びしろが無いグラフを伸ばそうとしているような状況である。

地球に優しい国を目指しているはずの日本であるが、京都議定書と呼ばれる国家ぐるみの詐欺に引っ掛ったり、地球に逆恨みされているかの如く地震を乱発されたりと非常にろくでもない目に遭っている。これはヒトがどれだけ地球に尽くそうとも全て同じような物だと捉えられている証である。

中国の方面から汚染物質がによって飛来してきているという話があるが、かつて日本は中国に対して日清戦争満州事変といったトラブルを引き起こしたことによって恨みを買い、それらの報復活動である可能性も捨てきれないが大気汚染は自然現象であるため、たまたま風に乗って広がっているだけであると結論付ける事ができる。なお中国と同じく大気汚染で騒がれているインドに関しては、日本がインドに行った行為はインド人を右にした程度であり報復活動の報告は現在のところ確認されていない。

世界的な抵抗[編集]

上記のような事柄に対抗すべく、一枚岩程度の薄い友情を得るためにウィキペディアンの退屈な集まりレベルの会議を何故かヨハネスブルグという世界的にも著名な危険地域で開くなどしているが、リスクの割りにあまり目立った成果は得られていない。

京都議定書の件に引き続き、この会議でも日本は「お前らもっと環境に配慮しろよな」と戯けた事を言われるのだが、ヨハネスブルグの存在するアフリカは近年稀に見る大気汚染が発生しているうえに、大半の参加した国々が日本以上に大気汚染が激しいため、まさにお前が言うな状態であった。

なお大半の国が建前程度に対策を講じたが、特に目立った成果は上げられていない。集まっても所詮は烏合の衆、ヒトはヒトに過ぎなかったという事である。

関連項目[編集]