大橋のぞみ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
出典: 八百科事典アンサイクロペディア

大橋 のぞみ(おおはし のぞみ 1999年5月9日 - )は、日本の子役で、歌手でした。今はただの中学生です。身長は、1hydeです。続柄は大橋家の第三女子。称号はのぞみ(号)。身位はセントラル子供劇団所属。敬称はのんちゃん。お印はダンコウバイ(小さな可憐な花とポニョっとした葉から)。

けいれき[編集]

お魚のお歌で有名になる前は、子供役でドラマとかCMとか映画とかにいっぱい出てました。学校でもお友達と仲良くして、いっぱい手も上げてました。 何でお歌を歌うことになったかというと、当時のスタジオジブリはネタが涸れ果て、後継者も上手くいかず、宮崎駿監督も、ろくに仕事せず旅に出てしまい、困った鈴木敏夫プロデューサーは、次期作品へのネタづくり収集などを極秘のうちに便所紙で有名な2ちゃんねるで実験的に行っていました。それを始めから見てたので話しますと、崖の上のポニョは、ジブリが社員旅行に行ってる頃、「宮崎監督がもし天才監督ならシェィクスピアロミオとジュリエットのように低いところから高いところへ恋する物語つくってもらえます?」のような書き込みが発端で始まりました。キャラクターも最初は、お魚でなくカエルケロちゃんようなお化けで、ポニョ名前も宮崎監督がオリジナルでつくったのでなく、レスから貰ったものでした。だからグランマンマーレの「いい名前を貰ったのね。」は真実のセリフなんです。で細かいことは中略しまして、宮崎監督が仕事をもたついてる間に、 2ちゃんねるでは映画の主題歌は東京節(Marching Through Georgia)[[1]]と、シューマン楽しき農夫[[2]]と、ブラームス大学祝典序曲[[3]]を踏襲したものでつくろうね、ということで決まり、早々に 鈴木敏夫宮崎駿久石譲の順で紙のメモで伝わり、映画作品より先に、そして作詞よりも先に 作曲がひとまず完成しました。そのあと当時、一般人には無名だった近藤勝也というひとが2ちゃんねるに突然出られて、「この度、作品の主題歌の作詞担当になりました近藤勝也と申します、皆様からのアドバイス仰ぎます。」と書き込みがあり、「それなら、あの子が大好きと、ワクワクチュッギュッと、パクパクチュッギュッと、あとペタペタとかピョンピョンの台詞を入れたらすぐ出来ると思うよ。」と、親切丁寧で優しい2ちゃんねらのレスがありました。そのあとすぐ初期バージョンの作詞ができて、歌うのは、お父さんと子供がお風呂で歌うイメージが仕事帰りのサラリーマンのレスで出来ました。そのお父さんの声の役は、まりちゃんズの人でとのレスから最初からまりちゃんズでほぼ決定していました。藤巻直哉の方は以前から仕事でジブリに出入りしてたのだそうです。いっぽう子供の声の役は最初から黒ネコのタンゴ皆川おさむ[[4]]の声に似た雰囲気の子が良いと決まっていて、男の子じゃ二番煎じがバレバレだし、宮崎監督には女の子のほうがいいでしょうということで、では誰がいいだろうということになって、これも2ちゃんねるレスにあった「いぬのえいがに出てるメイちゃんみたいな女の子はどうでしょう?」の、レス文中の『メイちゃん』のところに大の中日ファンの鈴木敏夫プロデューサーの眼にとまりました。大橋のぞみファンの作戦勝ちですね。このとき巨人ファンの女の子ですと追加記入してたら落ちてたと思います。 で早速、のぞみの所に、白髪のけむりくちゃいお爺さんが来て、こういいました。「おじょうちゃん、かわいいね。お爺さんと一緒に楽しいことすると山田涼介くんに会えるよ。」のぞみは、山田涼介が大好きだったので、お爺さんのポンコツの出力ニ馬力の車に乗りました。そしたら、のぞみが見たことない、へんな道具のある部屋に連れて行かれて、そこでポ~ニョ、ポ~ニョと変な歌を歌わされました。白髪のお爺さんはニヤニヤ笑って楽しそうでした。少ししたら、別のおじさんが2人きて、「のぞみちゃん、お人形さんあげるから、おじさんたちといいことしない?」て聞いてきました。このおじさんたちも笑っていました。お人形さんも大好きだったので、のぞみはいい子にしてました。泣かないでがんばりました。「えらかったね」おじさんたちはそういいました。まるでキャバクラみたいな前で歌わされることもあったけど、テレビとかいっぱい出れたので、うれしかったです。下痢だったけどこーはくもでれてとてもよかったです。でも、おじさんたちのしりあいのおばあちゃんが「ふじまきさん、ぶたつれてどこ行くの?」といっていたのはこわかったです。現在は、香蘭女学校在学中。

大好きなもの[編集]

お父さんのにがおえ

のぞみが大好きなものがあるんです。一人はお父さんです。やさしくてとっても大好きです。山田涼介くんもかっこよくてすきです。将来はけっこんしたいですけど、お父さんにしようかなぁとも思っています。あと、ポニョのお人形も宝物です。

あとそれから、のぞみは絵をかくのもすごく上手なんです。かいた絵がじゅうまんえんで売れたときはうれしかったです。あと右の絵はお父さんなんですけど、お父さんの様子が最近少しだけ変なんです。ポニョのお歌がたくさん売れてからずっと、小さな本みたいなのをみてずっとニヤッって笑ってるんです。

どんな面白い事が書いてあるんだろう?とフシギになったのでこっそりお父さんがいないときにみてみました。

そしたら数字がたくさん書いてあって、20000000...ってゼロが一番多く書いてありました。 何でお父さんが笑うのかわからないけど、ニコニコしてるのでラッキーです。

今ならのぞみがほしいおもちゃとかお人形さんをおねだりできます。 クリスマスプレゼントも去年よりごうかなものをサンタさんにおねがいしようと思います。

のぞみは今からとても楽しみです。

しょうらいのゆめ[編集]

しょうらいは、ほいくえんの先生とかパン屋さんとかになろうかなってなやんでます。だけど、お歌がたくさん売れたので、もしかしたら女ゆうさんになるかもしれません。

ゆめがかないました[編集]

 テレビきょくのえらいひとの目にとまって、連続ドラマに出る事ができました。共演したおじさんはとてもいいおとこでした。お父さん役のえんどうさんもいい人でしたが、かんゆうをしてきました。

それから、宮崎駿監督じゃないほうのコナンにもでられました。ヒロインじゃなく、ショタのやくだったのでがっかりしました。

でもね[編集]

私、2012年に女子中学生になるのね。ゆめもかなったし、それを機会に勉強に専念しようとしているの。あたたかく見守っていてね。

かんけいするこうもく[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大橋のぞみ」の項目を執筆しています。