大根役者

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大根役者」の項目を執筆しています。

大根役者(だいこんやくしゃ、Ham actor)とは、元々「器用だがいつまでも脇役に甘んじている、主役の取れない残念な役者」を指す単語であったが、現在では一般的に「ただ単に演技が拙劣な役者」を指す単語として使われている。

概要[編集]

食材としての大根の用途は様々であり、煮て良し、焼いて良し、漬物などの保存食にすることもでき、万能の食物として重宝される。しかし多くの場合、大根おろしや沢庵漬けなど、メインの食べ物に味を添えるために使われることが多い。その為「大根役者」という言葉は「演技の幅は広いが、メイン級を張るには華が無い役者」という意味で、半ば蔑称のように使われていた。

しかし昭和30年代頃、大根はヘタ(=葉)の部分も栄養価が高く食材として重宝することから、「演技が下手でも何故か許せる役者」を指す言葉として、元々の大根役者とは全く別の語義で使われるようになった。やがて時代が下るにつれ、単に演技の下手糞な役者を指すようになった。君の親父さんが沢庵漬けや切り干し大根を上手そうに食いながらテレビドラマを見て「この○○って若い役者大根だな」とか言ってるのを見たら、心の奥底で密に哂ってやるといい。一方、大根は長く太く、収穫の際引っこ抜くのが大変な事から、「抜くのが至難の業」という意味で、不細工な女優(特にAV女優でありながら風采が冴えない)を指す言葉として一部界隈では使われている。

余談だが、ドラゴンボールの登場人物であるラディッツは大根(Radish)が名前の由来である。中の人である千葉繁氏は果たしてどんな思いでラディッツを演じたのであろうか。

Ham actor[編集]

英語では演技の下手な役者を「Ham actor」と呼ぶ。これにはアマチュアが訛って「Ham」になったなど諸説ある。一方日本では「いい加減見飽きた、食傷気味の役者」という意味で「またハムか」という気持ちを込めて「ハム・アクター」という言葉が使われている。これはもちろん、中元や歳暮でハムばかりが贈られてくるのが語源となっている。同様に、いい加減見飽きたAV女優を、やはり中元や歳暮で飽きるほど贈られてくることに喩えて「カルピス」と呼ぶことがある。飽きた飽きたといいながら今日もちゃっかり抜いてるじゃないか、その白濁の液体はどう見ても精子じゃないかって? いいえ、ケフィアです。

結論[編集]

別所哲也は偉い。


間に合った! このまま「大根役者」を加筆しなかったら、どうしようもない記事のまま 歴史に残っちまうからな! (Portal:スタブ)