大村

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大村市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「大村市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「大村市」の項目を執筆しています。

大村(おおむら、ダイソン「吸引力の変わらない、ただ一つの掃除機」)は、名実ともに人口が日本最大(9万人)で、日本で最も都会的な。歴代名誉永久村長は伊藤マン

なお、大村は我々の住む世界と非常によく似ている(が、細部はビミョーに異なる)パラレルワールドに存在する世界である。

村の概要[編集]

九州中田舎にある。が、前述の通り、日本で最も都会的な村なので九州時間は適用されない。方言も通じないと思った方が良い。

村の成り立ち[編集]

元々は七宝町(しちほうちょう)という立派なであった。七島町の名前の由来はこの地に七つの島が浮かんでいたことに依る(箕島とか古賀島とか。杭出津は半島)。それが1945年のアル晴レタ日ノコト(長崎は雨だった)、長崎方面から大量の人と土砂が降りそそぎ、島と島の間が埋め立てられ、ついに大村の完成となった。なお、福岡北九州同様、大村と長崎人口保存の法則が成立している。諫早はSAGA。

伊藤マン(ショ)[編集]

伊藤マン(本名: 伊藤マン・ショ・イナホ・メガクロッサ)は日本で初めて「○○マン」を名乗った人物である。大体1550年ぐらいの人。村の中西部には伊藤マンが三人の部下を従えて対岸の西彼杵半島(≠朝鮮半島)で一番高い山に登ろうと意気溌剌している銅像がある。(他の三人の出身地にはそれぞれその人物が主役となっている像がある。)キリスト教に転向された彼がそのために犯罪者とされたために、以降村長は犯罪者で無ければならないという慣習法が有効に機能している。しかし、本当にやっちゃいけない犯罪は犯してないものと信じているというか、最も都会的な村なので村政に興味が無い者がほとんどである。

交通アクセス[編集]

大村空港[編集]

大村湾に浮かぶ日本初の世界初の本格的じゃない海上空港。(世界初の本格的な海上空港) 何をもって本格的というのかはもちろん大阪人と大村人の主観による。

大村空港が本格的な海上空港でない理由[編集]

何をもって本格的というのかは大阪人と大村人の主観による、が、いちおう考えられる理由を列記してみた。

  • 大村は最初から手頃な島があってズルイから。
  • 大村と大阪どっちが大都会だったか分からなくなったら困るから。
  • 関空を作った時に「世界初の海上空港」はして売り出すはずが何かインチキくさい「海上空港」がすでにあったために、しぶしぶ「本格的な」を付けたから。
  • 大村湾は水深たかだか数メートルで、水深が百数十メートルはある大阪湾を埋め立てた努力が何だったのか分からなくなっちゃったから。

大村新幹線[編集]

何故か、いつの間にか出来上がっていた大村空港とは反対に、大村人の犯罪者の手先が誘致に躍起になっているのが大村新幹線である。従前の長崎本線がこっちを通ってないのに、新幹線は何故かこっちを通るので大村新幹線と呼ばれる。因みに、福岡市オリンピック開催地に名乗りを上げていた時に最も応援していたのは大村人であり、最も東京都(市、対、都が不公平に見えたのは大村人だけではないはずだ)を応援していたのは長崎本線だけが通る鹿島市民の皆様である。大村新幹線問題以前にはお隣のSAGA諫早町とは境界線上の岩まで奪い合う仲だったが、その干拓合併好きの性質に大村人は大いに期待している。諫早は大村の希望の星なのである。諦観の強い長崎人は多分来ないと言っているが、大村人としては、大村線佐世保線三セクにしてもいいから欲しい物である。

産業[編集]

ウィキペディアには大学誘致がどうのこうの、大村ハイテクパークは全部埋まったけどオフィスパークは半分空いてるだのいろいろ書いてあるものの、主産業は地名と勝照な風景(人口9万ながら平屋しか建ててはいけないので見栄えはいい。海もあるし)を生かした老人ホームである。村で一番高い建物は駅前の8階建て老人ホームだ。大村で一番高いのだから、日本の村で一番高い建物は老人ホームということになるだろう。さらに、高齢化社会の実現に伴って村の人口はうなぎ登りである。ただし、老人だけが入ってくるのでいつまで経っても村のままである。

地域[編集]

高い建物禁止条例[編集]

最近、日本一の超超超超高級住宅街六麓荘で「三階建て以上の建物は駄目よ条例」が可決されたが、大村においては村の発足時から「平屋以外不可」というきつ~い慣習法が現地に根付いている。そのため、大村全域が六麓荘よりも古い超超超超超高級住宅街と言うことができる。ただし、見晴らしが良く色々なもの(高速道路と夜景と世界初の本格的じゃない海上空港と内海と対岸の半島の海岸線から山のてっぺんまでとその向こうの軌道エレベーター)が見えるのは南部の山の斜面に限られる。(北部の斜面では村八分の看板が見える。)「平屋以外不可」の慣習法を破るとトラディショナルな人たちから村八分に会わせられるが、日本で最も都会的な村である大村ではむしろそっちの方が過ごしやすいくらいである。もう村人の半分は長崎人と思った方が良いかもしれない。そのため、二階以上の建物も沢山建っている。

観光名所[編集]

際立った観光名所はこれといって特にないが、あまりの交通アクセスのよさに、多く(というかほとんど)の芸能人が知らず知らずのうちに来村している。

村の風俗事情[編集]

大村には性風俗店は無い。青少年の教育環境に良くないからである。ただし、SAGA諫早町の駅前には大村人経営者の、大村人の女の子による、大村人のための6千円で禁則事項ですまで出来る店がある。この店を巡って村と町ではいざこざが続いていたが、鹿島市民のおかげで村と町の友好は回復しつつある。

Mikuru Asahina.jpg
ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、対象箇所は消去しました。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]