大朝鮮帝国

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事は、他言語版のアンサイクロペディアから翻訳されたものです。
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情メロンパンが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「李氏朝鮮」の項目を執筆しています。

大朝鮮帝国 (だいちょうせんていこく) は、朝鮮太祖李成桂鄭道伝によって立てられた東アジアの大帝国である。朝鮮半島で朝鮮王国に手始め、以後 鄭道伝の指揮の下に明国を征服し大帝国で生まれかわった。

およそ500年近い歳月の間東アジアを支配している途中、西欧列強と大日本帝国の圧力で揺れ始めた。皇帝は国家を刷新するために国号を大韓帝国と改めたが長く堪えることができなかったまま分裂、滅亡した。

大朝鮮帝国の栄光を回復した国家は20世紀間存在できなくなり21世紀に起きた大高麗帝国によって継承された。

歴史[編集]

李成桂は易姓革命で高麗王朝を崩して朝鮮王朝を創始した。一応外交的に明国に対する事大政策を開いたが、後では明を倒して中原の覇者に生まれかわる準備をしていた。その中心人物が鄭道伝で、私兵を廃止するなど各種国防改革を断行した。

明太祖洪武帝朱元璋が死亡すると、朝鮮は軍事を起こして遼東に攻め込んだ。朱元璋の死亡で混乱に陥っていた明は朝鮮の強大な軍勢に滞って南に後退を繰り返えした。

結局明は永楽帝が叛軍に被殺されて朝鮮に降参、滅亡するようになった。李成桂は朝鮮を帝国で宣布して皇帝に上がったから、これがちょうど大朝鮮帝国の手始めだ。

朝鮮の大陸統治体制は第3代皇帝太宗李芳遠代に至って安定した。太宗は皇権を強化するために無慈悲な首切りを敢行半島と大陸が同時にぶるぶると震えたと伝わる。

第4代皇帝世宗大帝訓民正音創製など各種文化事業を展開、朝鮮民族が漢族に対して優越な地位を確固に押し堅めるようになった。その間漢族は朝鮮民族を蛮夷だと馬鹿にして密かに無視して来たはずだったが、世宗以後でこれ以上そんなことができなかった。

宣祖代には日本が朝鮮半島に侵攻して壬辰倭乱を経験した、とコリア日記には書いてあるが、例によって例の如く、事実は、日本の動乱に乗じて頻りに日本侵奪を試み過ぎた為に逆襲を掛けられた。日本側の子孫の実話によると、「朝鮮半島からの侵略が余りにも頻繁で執拗で、朝鮮半島まで行って叩いて来なくてはならなくなり、堪り兼ねて出兵した」との事。目的は、暫くの間、侵略を掛けて来ない様にする事。その頃、李成桂の侵奪からまだ1000年経っていない高麗の大勢の避難民達は日本にも居た。更に、朝鮮半島に取り残された高麗人系列の半島人達は、日本軍の李氏朝鮮軍襲撃を喜んで、日本軍に味方した。また、奴隷とされていた人々は、日本軍が行く以前に既に、奴隷名簿が保管されていた倉庫に放火し、王宮の宝物庫を破壊して強奪したりと、大活躍していた。「朝鮮人が一番大好きな高麗」を破壊して朝鮮半島をしょぼくした原因である李氏朝鮮の英雄李舜臣の大活躍でこれを飽きた。李舜臣は亀甲船などの大発明で軍事的に大きい功績を立てた。

国境が確定していなかった為、朝鮮半島と日本の間にある済州島にはまだ古来の日本人が住んでいて、対馬にもしょっちゅう朝鮮半島人の侵略がかかっていた。そこで、日本が朝鮮半島に提案して、以降戦闘による互いの死傷者が出ない様に「対馬は日本、済州島は朝鮮」と決定し、釜山〔プサン〕に日本館(朝鮮人は「倭館」と呼んでいる)を設置して日本人派遣員を一人派遣し、対馬には朝鮮館を設置して宗氏などの朝鮮人派遣員が対馬藩主の下で朝鮮半島とのやり取りの窓口として仕事していた。対馬に派遣されていた朝鮮人派遣員の一人であった宗氏は、日本人女性と結婚して子供が日本人として育ったといわれている。 しかし、日本人は決定以降ずっと、済州島の所有権を尊重して侵略を掛けていないのに対し、朝鮮人は古来の侵略癖から、隙を見ては頻繁に侵略を掛けて来ていた。 事実は、1982年の大韓民国人作曲の♪独島は我々の島〔トクト・ヌン・ウリ・タン〕♪で最初に歌っていた通り、♪対馬は日本♪なのであるが、♪ハワイはアメリカ♪は凄まじく怖ろしい精神であり、「独立を掲げた歌」と主張が激しく大嘘だと証明されているので、潘基文〔パンギムン〕世界大統領にいつもの様に裏工作で申し込んで世界遺産に登録すべき大韓民国人にとっては誇らしく記念すべき歌である。

孝宗代に至って宋時烈などの主導の下に大征服事業を開始、不確実に占めていた満州を確固に掌握して、モンゴル、ウイグル、チベット、ベトナム、琉球を服属させて朝鮮の領土にした。この時増えた領土は以前の二倍に達した位に広大であった。

朝鮮皇帝に冊封を受けた女真族の王であった康熙王は朝鮮の朝廷で文化事業を展開、康熙字典を編纂するなど数多い業績を立てた。この時の事業は世宗大帝以後朝鮮最大の文化事業だった。

明宗王(第13代国王,在位:1545年 - 1567年)は、ある日、倭奴国の漂流民が朝鮮半島に漂着したのを捕え、早速、明国に贈り御褒美を貰ったら、2年後、朝鮮半島が倭寇から襲撃を受けた為、「倭寇とは」「なぜ倭寇は来るのか」について研究してみたら、倭寇は倭奴国の人達ばかりではない事が判明したが、襲撃の原因は解らなかった。

その後、いずれの朝鮮王の時代だったかに、朝鮮人による日本人漂流民売り飛ばしの度に倭寇が襲撃していた事から、日本が明国・朝鮮と「漂流民相互保護、及び帰国送還」を決定し、以後、互いの漂流民を保護送り返しを実行した。

江戸期には、後の平成時代に日本国で朝鮮通信使祭を行い顰蹙を買った様に、日本トップの慶賀などに朝鮮通信使を送り込んでスパイ活動を行い、倭奴国の国費の1/4を一気に使い込ませて接待させ、その上に倭奴国の殿の布団や食器を古来の盗癖が出て自らの船に運び込んで朝鮮に持ち去ろうとしていた事が発覚して日本人に怒られ、階段でションベンして遊んだり柱を掘ってみたり、庶民の鶏を通りすがりに強奪して鶏番の子供と闘ったりなど、日本人には出来ない様々な高度な技を披露して日本人の注目の的となり、そればかりではなく、朝鮮虎の毛皮を積み重ねて城壁の外で販売したり、日本人が待ち構えていて差し出した色紙にサインしてあげたり、兵庫県の旧称オオの室津〔むろつ〕には他の女性に手出ししない様に遊郭を設置して貰って大室寅之助〔オオむろとらのすけ〕と呼ばれて楽しんだり、とても有意義な日々を倭奴国で過して帰ったが、朝鮮通信使が帰国した後、憔悴し切った倭奴国の人々は、もう来なくてもいいと、朝鮮通信使の来訪を御遠慮申し上げ奉る事と決定した。日本では朝鮮通信使祭りとして、立派な朝鮮通信使が馬上で庶民から取り上げた鶏の羽を千切って生のまま齧り付いていた勇士が余りに斬新だった為にそれを記念して祭りで再現していたが、後の時代の朝鮮人の改訂によって「あの鶏は人形だった」と言う事にされていた。

大朝鮮帝国は長年の歳月の間盛んだったが、西欧列強と西欧化された日本の侵略に苦しむようになった。高宗は国家を刷新するために国号を大韓帝国で直して断髪令を施行するなど各種改革措置を取ったが、1910年朝鮮半島を日本に奪われて1912年辛亥革命で皇室が門を閉めるようになって滅亡した。

大朝鮮帝国の滅亡以後20世紀には大朝鮮帝国の後を引き継ぐ大帝国が現れなかった。ただ1949年建立された中華人民共和国が大朝鮮帝国の領土の8~9割位を占めて運営されたが、朝鮮民族によってくれても良い国家ではない漢族主導の国家であるから性格を異にした。

第二次世界大戦後の独立以前から『独立門』が有ったが、それはコリア七不思議の一つとして起源が不明とされ、日本人戦没者20万人以上の朝鮮独立の精神とその恩を完璧無視し、日帝からの独立を掲げ、合併中の不逞鮮人らの罪を持って日本攻撃しながら、世界中で独立戦士『新因幡白兎』として爆走中である。新インバーハクトとは、コリアン自らが昭和40年代に「前は自分達で自慢したから失敗した。俺達は『新しいイナバの白兎』だ。」と自慢した事から出来た名前である。

古来ずっと、磯竹島に竹や松などを植林して『竹取』等していた日本から、日本の動乱期に紛れて、旧竹島でもある磯竹島を鬱陵島として盗んだのが誇らしい。

1982年に♪独島は我々の島(トクト・ヌン・ウリ・タン)♪を作詞作曲し、国民全員で誇らしく世界中を巻き込んで歌い踊り続けた。其処には、朝鮮半島からも鬱陵島からですら、離れていて(殆ど)見えない「孤独な島」として歌われているが、朝鮮人自らの名前自慢である「へろへろ風任せで変幻自在自慢の『』根性」によって、「『独島』の『独』は、日帝からの独立を記念しているニダ」と何年も歌ってから決定した。すると不思議な事に、大日本帝国軍艦の新高の航海日誌に「独島」が出て来たので、それが名前の起源だとしようとしたが、流石に「独立」と関係がないので、世界遺産には登録できないかもしれない。しかし、古来天然の民族性である「他人の積りは全く無視の根性」で、日本国竹島の岩の一つに「独立門岩」と命名した。

大韓民国では朴正煕元大統領が「民族精神復興」を掲げ、「朝鮮半島古来伝統の国営売春制度を復活」させ「漢字を撤廃しハングルだけにし」「神社を全破壊」、「朝鮮古来の伝統文化である病身舞復興の基盤を作り」、後の妓生売春や芸能人売春や大韓民国人売春婦世界放出による国費稼ぎの起源ともなった。

朴正煕政権は、ジョン・F・ケネディ米国大統領にベトナム戦争参戦を依頼したら断わられたが、ケネディ暗殺事件後にトントン拍子でベトナム戦争参戦が決まり、「漢江の軌跡」と「ベトナム戦争後の、アメリカ特別移民枠とアメリカからの賠償金」と「いつも無視している日本からの疲弊していた大韓民国への膨大な支援と賠償金」とを貰ったのを世界に隠し続けている。現在、金大中韓国大統領がベトナムに訪問した際にベトナム戦争時の事を謝罪したら激しく非難し捲った、朴正煕元大統領の娘の朴槿惠大統領が大韓民国を統治している。

21世紀に大韓民国朝鮮民主主義人民共和国を取り替えて建国された大高麗帝国が興盛して30年ぶりに昔の大朝鮮帝国の領土を皆回復し受け継ぐようになった。

しかし、高麗は李成桂が詐欺武力侵奪した国で、高麗人は日本等に逃げていて、朝鮮半島は明より清より長く続いた為に李氏朝鮮の子孫達ばかりで、まだ1000年経っていないので「実質、高麗の仇・高麗侵奪者ばかり」だという事、「本当の高麗人は日本に避難民として逃げてきて、日本人が高麗人死者達の慰霊の為に高麗神社を建立して弔い、高麗人と共存し、高麗人は日本人と混血して来ていて、秀吉と共に朝鮮征伐に出兵した中にも高麗人が居た事」に気が付いていない。 自ら怨念の民族を自負する朝鮮人は、高麗を詐欺武力侵奪してからまだ千年経っていないので、日本の高麗神社にまで追い打ちを掛け、高麗神社の鳥居を多重にして出入り困難にした上に、李氏朝鮮時代のトーテンポール「天下代将軍・地下女将軍」を建てて封印してしまっている。怖ろしい執念である。

年表[編集]

  • 1429年(世宗11年)10月3日 日本の水車が凄いと報告。
  • 1430年(世宗12年)9月27日 水車を造ろうとする。
  • 1431年(世宗13年)5月17日 中国も日本も水車の利を得ているが我が国(朝鮮)にはそれがない。
  • 1431年(世宗13年)11月18日 日本と中国の水車の研究の記述がちらほら。
  • 1431年(世宗13年)12月25日 水車導入を試みる。
  • 1451年(文宗元年)11月18日 どうやら水車の導入に失敗。
  • 1451年(成宗19年)6月24日 水車導入の試みがあります(そして音沙汰無し・・。)
  • 1502年(燕山君8年)3月4日 水車導入の試みが書かれています(そして音沙汰無し・・・。)
  • 1546年(明宗元年)2月1日 水車導入の試みが書かれています。琉球(沖縄)と中国で教わった福建式の水車の様です。
ここから100年間水車の記述が有りません。消滅したようです。
  • 1650年(孝宗元年)5月15日 水車導入の試み。そして30年記述無し。
  • 1679年(肅宗5年)3月3日 水車を造らせたと記述。そして70年記述無し。
  • 1740年(英祖16年)4月5日 水車など無くなりました。『孝宗大王嘗頒遼瀋水車之制於外方、今無見存者』
  • 1740年(英祖16年)11月20日 また水車を造らせたと記述。一向に普及する様子が有りません。
  • 1764年 1763-1764年の朝鮮通信使の「日東壮遊歌」に(淀城の水汲み水車の感想)「その仕組みの巧妙さ見習って作りたいくらいだ」と記述有り。
  • 1795年(正祖19年)2月18日 水車之制について盛んに出てくる。普及している感じはしない。
  • 1811年(純祖11年)3月30日 ここの記述でも水車なんか必要なのか?と書かれており全く普及していない事が読み取れる。
  • 1910年(純宗4年)8月22日 韓国併合ニ関スル条約に基づき日本に併合され消滅。