大川周明

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事は左右に寄っているのでバランスが保たれています。

大川周明(おおかわしゅうめい、1886年12月6日~1957年12月24日)は、日本思想界随一の危険性を誇るファシストである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大川周明」の項目を執筆しています。

一生[編集]

戦犯指名まで[編集]

1886年、山形県の医者の家系に生まれる。東大卒。思想的にはキリスト教マルクスプラトン、西洋の古典的哲学を経てインド哲学に辿り着いた。…筈だったのに、いつの間にやら軍国主義に走り、国民感情の誘導に加担、戦後は戦犯に指名される。

東京裁判[編集]

裁判の一コマ

敗戦後、大川はA級戦犯になり、東京裁判に引っ張り出される。この裁判において無罪判決を受けた者はいない。しかし、刑を受けていない人間は3名いる。うち2名は公判中死亡、残る一人、つまり大川は「精神疾患により免訴」である。具体的には、東条英機の頭を何度も引っ叩く、妄言を発する、といった奇行の結果、GHQから「狂った」と判断されたのだ。(とは言え、獄中でコーランの和訳に励めるような人物が精神病なのかどうかはかなり怪しい。)釈放後は、農村で地に足の着いた保守活動を行い、余生を過ごした。

著書[編集]

  • 日本二千六百年史…その名の通り、皇紀2600年に向けて出版された。しかし、この本は二度のBANを喰らっている。
  1. まず、出版当初の政府から不敬罪でBANされ、一部を削った出版となる。
  2. 終戦したらしたで、GHQに危険視され、そもそも発禁に。

関連項目[編集]

日章旗 【拡散希望】この項目「大川周明」をこのまま放置してしまうと、内容が反日左翼によって韓国北朝鮮中国の都合のいいものに歪曲されてしまう危険性があります。愛国者の皆様の加筆・修正日本特定アジアの魔の手から護りましょう! (Portal:スタブ) 旭日旗