日本相撲協会公式賭場阿武松部屋公認賭場大嶽部屋

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「こいつと結婚したい」
貴闘力忠茂(16代大嶽) について、大鵬幸喜
「もう離婚したい」
賭博を極端に嫌う奥様(大鵬三女) について、貴闘力忠茂(16代大嶽)

日本相撲協会公式賭場阿武松部屋公認賭場大嶽部屋(にほんすもうきょうかいこうしきとばおうのまつべやこうにんとばおおたけべや)とは、大相撲の相撲部屋のひとつ賭場の支店の中間管理も行っている大手賭場である。通称は大嶽部屋であるので、本項では以下は大嶽部屋と表記する。日本相撲協会公認の賭場阿武松部屋の支店であり、大嶽部屋は阿武松部屋公認の賭場としてニ所ノ関一門の力士には知られている。またこの部屋の師匠はヤクザ幹部も兼任する。なお他一門の力士は阿武松部屋へ直接出向いて賭博を行う。部屋は大横綱だったらしい、八百長の神様・第48代横綱大鵬幸喜が大鵬部屋として開設したのを名称変更して現在に至っているが阿武松部屋公認賭場となったのは大鵬親方定年後である。現在は賭場としての活動を一時中止しているが、十両力士の師匠に面白さなんかわかるわけねーよなっ!

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大嶽部屋」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大相撲野球賭博問題」の項目を執筆しています。

特長[編集]

日本において違法行為となっている賭博行為だが、唯一治外法権が認められているのが阿武松部屋。したがってその支店である大嶽部屋も治外法権が認められている。ただ支店長であった16代大嶽(元関脇・貴闘力)がゴールド会員琴光喜とともに日本相撲協会を賭博で解雇されてしまったことから、17代大嶽(元十両・大竜)の命によってほとぼりがさめるまで賭博活動を休止することが正式に宣言されている。

また、教祖が八百長の神様・大鵬幸喜であることから、教祖様じきじきに八百長指導が無料で行われている。有料であれば時津虱部屋にて行われているが、大鵬に無料で教えを乞うのであれば大嶽部屋に入門するか、最低限でも貴乃花グループの部屋(貴乃花部屋間垣部屋・阿武松部屋)に入門する必要がある。

この他、16代大嶽時代は「右肩上り」やら「森麗(もりうらら)」やら、弟子にふざけた四股名を付けることでも知られていた。16代大嶽は現役時代にも弟弟子に「関ノ山」と名づけている。

賭博と八百長の二大看板成立の課程[編集]

第48代横綱大鵬幸喜は類稀なる話術で八百長を行い優勝32回をはじめとした数々の功績を持っていた。趣味として違法賭博があり、密かに暴力団と行っていた。なおいい顧客であると認められた大鵬は暴力団から間に企業を経由しているものの紋付化粧回しを貰っている。

1971年12月に大鵬親方は大鵬部屋を創設した。しばらくは弟子とともに八百長を伝授しながら部屋経営を続け弟子に恵まれなかったもののそれなりの実績をあげていた。そんな中1992年9月に転機が訪れる。

大相撲界で一番賭博に対して理解のある12代阿武松親方(元関脇・益荒雄)が押尾川部屋から移籍してきたのだ。しばらく賭博から離れていた大鵬親方の心は大きく揺れ動き、1994年10月に分家独立した阿武松部屋を日本相撲協会への積極的な交渉によって公式に賭場として認められた。賭場認定は1995年4月。阿武松部屋へ大鵬親方は出向き賭博に再び目覚めた。

2002年9月には娘婿である16代大嶽親方(元関脇・貴闘力)が二子山部屋所属であったものの引退と同時に大鵬部屋へ移籍、大鵬部屋継承の準備に入った。

2004年1月、停年退職を翌年5月に控えた大鵬親方は部屋経営から身を引き大嶽親方が師匠となる。部屋名称は大嶽部屋となった。

貴闘力が賭博好きだと知った大鵬親方は阿武松親方と相談して日本相撲協会へ届出を行い、阿武松部屋公認賭場の設置権を認めされることになった。しかし権限が認められる前の2005年5月で大鵬親方は停年退職となり権限を認められた2005年7月、権限認可と同時され、公認賭場となった。

2008年9月、自主的に大相撲タイマーの会(本部・間垣部屋)に入会していた弟子の露鵬が協会に不当解雇される(詳しくは露鵬の項を参照)。親方も抗議したものの実らなかった。たまたまこの事件直後に任命された日本相撲協会外部役員によって部屋は滅茶苦茶となる―――

2010年5月、「日本相撲協会公式賭場阿武松部屋公認賭場大嶽部屋」の顧客の1人であった大関琴光喜佐渡ヶ嶽部屋所属)が雑誌に賭博をしていると報じられた。これに過剰反応し協会が公式に賭場を設置していると知らなかった協会外部役員が琴光喜と支店長の大嶽を協会から解雇処分で永久追放とする不当解雇が行われた。とりあえず支店長に17代大嶽(元十両・大竜)を指名した。だがほとぼりが冷めるまで賭場活動を自粛することになったため現在は賭博が行われていない。申し訳ありません。

師匠支店長兼ヤクザ幹部[編集]

16代大嶽以降は「財団法人日本相撲協会公式賭場阿武松部屋公認賭場大嶽部屋」の支店長を兼任する。

  • 一代:大鵬幸喜(たいほう こうき、48代横綱・大鵬、北海道) 1971年12月 - 2003年12月
  • 16代:大嶽忠茂(おおたけ ただしげ、関脇・貴闘力、兵庫) 2004年1月 - 2010年7月
  • 17代:大嶽忠博(おおたけ ただひろ、十両4・大竜、大阪) 2010年7月 -

力士[編集]

幕内[編集]

関脇[編集]
小結[編集]
前頭[編集]

十両[編集]

関連項目[編集]