大崎駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大崎駅」の項目を執筆しています。

大崎駅(おおさきえき)とは、E231系それとたまにE235系が職場に出勤する際の最寄り駅であり、JR山手線埼京線東京臨海高速鉄道りんかい線湘南新宿ラインが利用可能な地上駅である。いずれの線にとっても始発駅かつ終着駅である。大人の事情により、なぜか宮城県大崎市ではなく東京都品川区にある。

概要[編集]

上記の通りE231系それとたまに(ryが職場に出勤する際の最寄り駅となっている。

朝、JR東の大崎寮を出たE231それと(ryはタイムカードを押すと続々と大崎駅から本線へ入っていく。朝っぱらからラッシュのサラリーマンを載せてひと運動した後、一部は大崎止まりとなって寮での昼寝タイムとなる。それ以外はトイレ休憩もできないまま一日を走り通さなければならない。はたからは同じように見えるE231だがこの辺の優劣には仲間内の微妙な力加減が働いているようである。しかし、例の新入りが割り込んだため今となってはE231なんて検閲により削除夕刻になると昼寝組も再び本線に戻って運行本数を増やし、最後はみな寮に戻ってくる。ちなみに寮の門限は終電までと意外と良心的である。

いくらかの割合で池袋駅あたりで昼間に居眠りする奴や門限に間に合わず池袋で野宿するハメになったりする奴もいる。

大崎寮[編集]

山手線で働くE231系それt(ryのための全寮制の施設である。寮は引退したE231系や205系の先輩たちが管理を行っている。現役の205系が使用することがあるらしいが、E235どころかE231にも比べていろいろと効率が悪かったりしていじめられ、端においやられているともっぱらの噂である。さらに東京周辺でこき使われ疲れ果てた車両たちが休養に訪れたり、ヘマをして教育的指導を受けに車両たちがやってくることもある。

駅点景[編集]

前世紀までの同駅はさして注目されることはなかった。りんかい線が大崎まで地下をもぞもぞと延伸して最強線との相互直通運転を開始したことによって、ずいぶんと忙しい感じの駅になったが、強豪集う山手線の中ではさして注目に値するほどではない。

りんかい線はお台場という観光地を通るため運賃も馬鹿高い観光地価格となっている。ゆえに一般のJR利用客は日常的な利用でりんかい線を避ける傾向にあるようだが、わざわざレインボーブリッジをのんびりのろのろと渡るゆりかもめと違い、地下を猛然と進んでいくため時間を急ぐビジネスマン(会社の経費だしね)とお台場の戦場に出向く戦士達(一例としてあれ)には人気である。

また、近年流行の湘南新宿ライン(笑)も当駅を通る。そのため湘南からみちのく越後を目指す人たちのちょっとした休憩ポイントとなっている。高崎線沿線の人が西大井に行く際15分を満喫するところでもある。

ちなみに駅付近で猫が歌って踊るのを目撃した人がいるらしい。生物学的にありえない幻視…といいたいところだが動物は進化していくものなのでもしかしたらありえるかもしれない。信じるか信じないかはあなた次第である。が、今は横浜へアジトを移したらしい。

関連項目[編集]

Gomen.jpg この「大崎駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)