大崎市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
渡辺さん
渡辺「あれれぇ~、ここでは市を紹介しているよぉ~?
町については……」
……
……
渡辺「ふえぇぇん……大崎町のページはまだできてないよぉ~……」
佐藤「……(かわいい///)」
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大崎市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「大崎市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「大崎市」の項目を執筆しています。

大崎市(おおさきし)は、古川市平成の大合併により無理やり合併させられてとてつもなく広くなった都市である。

かなりいびつな形をしていて、南北に長いって言うか、西に長いって言うか、って感じです。

概要[編集]

古川市や鳴子町が平成の大合併により田舎に変身してしまった姿である。北は秋田県に面し、南は仙台支配圏という細長いような大きいような市になってしまったのである。玉造郡と志田郡との文化の違いで、市役所はもう戸惑っている。

宮城県であることから初めから伊達家の領土だと思われがちだが、大崎は元々伊達家の領土じゃなく、大崎家(代表的な当主:大崎義隆など)の領土だった。つまり、大名由来の都市名の一つである。本拠地とした大名に因んだ都市名には、「大崎市」以外にも、亘理町相馬市岩城市田村市とかがあるけどね。しかし、大崎家も戦国時代末期には、伊達政宗率いる伊達家に屈服して、伊達家の領土に入れられた。

地理[編集]

  • 古川市や鳴子町とゆかいな仲間たちとの合併をしてできたため、宮城県で2番目に大きくなった。この合併は古川市をより田舎にさせるための政府の陰謀だというウワサがある。
  • 実は、鬼首カルデラなんてものまである。そのおかげで火力発電が出来るがその代わりに禁則事項ですが起きちゃった。

ゆかいな仲間たち[編集]

  • 温泉君
    • 鳴子町。読みは「なるご」と読む。言わずと知れた温泉郷。鳴子温泉ともみじが有名である。逆に言うと温泉しかない。
  • 牧場君
    • 岩出山町。言っても知られていない牧場だらけの町。一応城下町だったりする。道の駅とか結構売り上げがすごいらしい。
  • 蕪栗君
    • 田尻町。この合併で唯一の遠田郡。蕪栗沼と遺跡があるが誰もしらない。なにもない君と共に美里町を見事にサンドしている。
  • ひまわり君
    • 三本木町。になるとひまわりがたくさん咲いている。ひまわり温泉なんてものもある。PAにはトイレ自動販売機がある。
  • 干拓君
    • 鹿島台町。鎌田三之助が町内にあった品井沼という沼を干拓したことで宮城県教科書に載っている。が知られていない。
  • なにもない君
    • 松山町。花と歴史の香る町と名乗っていた。コスモスがところどころに咲いている。フランク永井の出身地でもある。

実はゆかいな仲間たち候補[編集]

  • 3分の4君
    • 南郷町。田んぼだらけの町で、合併候補だったが、美里町として人生を歩んでる。
  • 駅最高君
    • 小牛田町。町の中では都会なほうで、合併候補だったが、美里町として人生を歩んでる。
  • 黄金君
    • 涌谷町。黄金伝説な町で、合併候補だったが、独身ライフを楽しく送っている。
  • チリ
    • 中新田町。人口が10000人の町で、合併候補だったが、加美町として人生を歩んでる。
  • テツギョ君
    • 宮崎町。テツギョが住んでる町で、合併候補だったが、加美町として人生を歩んでる。
  • わさび
    • 小野田町。わさびが生息している町で、合併候補だったが、加美町として人生を歩んでる。
  • カッパ
    • 色麻町。エゴマっていうゴマがある町で、合併候補だったが、独身ライフを楽しく送っている。

観光[編集]

花の背景を見るとどれだけ田舎観光に対して積極的なのかがわかる。

がたくさんあり、の代わりに温泉や田や沼があるという斬新なスタイルで自然たっぷりの観光名所が多い。歴史の中のゆかいな仲間たちの項目でも説明したように、南側のひまわり君となにもない君のところには花がたくさん咲いており、自然を売りにしてるといっていいほど田舎である。自然を大切にしている。あと、東北新幹線止まる駅があったり、道の駅が2つあったりと観光に対しては積極的である。

観光名所[編集]

  • 鳴子温泉
    • 温泉君のところにある温泉がベストだが、別にいつ行ってもかまわない。
  • 蕪栗沼
    • 蕪栗君のところの沼。バードウォッチングぐらいしか出来ないところ。
  • 大崎八幡神社
    • 蕪栗君のところにある神社。結局仙台市に移動したため、跡みたいな感じで残っている。
  • 感覚ミュージアム
    • 牧場君のところにある、五感をテーマにするミュージアム。お客様がどれくらい来ているかはお察し下さい
  • 小野小町のお墓
    • なぜこんなところにあったのかはわからないが、旧古川市にある。ちなみに小野小町のお墓は全国に九つある。[1]
  • どこでもドア

名称決め合戦~大崎vs古川~[編集]

それはだいたい21世紀の初めごろ、古川氏と三本木氏・大崎氏があることで合戦をしたのである。その名も、「名称決め合戦」!!その合戦は古川氏が仕掛けてきたのじゃ。大崎家が大崎市一帯を占めて欲しいという市民の希望により大崎家が大崎市一帯を占めるはずだったんじゃ。ただ、そこからが問題だったのだ。古川氏の軍が反対運動を大崎市各地で起こしたのじゃ。そこで大崎氏側の人々は応戦したんじゃ。そこで、古川氏の軍の大将の佐々木謙次大将が、大将をやめて大崎市の市長になって古川市に改名させてみせるといってやめたのだ。そこで合戦は休戦したのじゃ。そしてようやく市長になったのじゃ。だが古川市にはなれず、また市長になろうとしたらそのほかの三本木氏と大崎氏の軍などが反対、市長にはなれなかったのじゃ。そして、古川氏の軍がまた反対運動を始めたのじゃ。始めたのじゃが、大崎氏・三本木氏側の人々などは、無視して「人口増加にはどうするべきか」を考えており、大崎氏側ではもう終わった出来事と考えているのじゃ。だから、この合戦は今も続いているのか続いていないのかわからん状態になっているのじゃ。でも終わってるムードが高いために、合戦は終わったと考えていいと思うんじゃ。めでたしめでたし。

カンガルー[編集]

牧場君のところでカンガルーらしき動物が見つかったらしい。黄土色で1.5mでピョンピョン跳ねて大きな耳だからってカンガルーと決め付けるのはどうかと思うがこの特徴の動物はそのほかにいないか考えてみても・・・やっぱカンガルーしか思い浮かばないので多分カンガルーだと思うらしい。 ちなみに、隠しカメラを設置しても見つからず、待ち伏せしても見つからないと、本当にいるのか疑わしいので、目撃情報はデマだと思う人もいるらしい。これに対して市の職員は、カンガルー飛び出し注意の看板を設置したらしい。

だいたいカンガルーがこんな寒いところで生きていけるわけがない。

脚注[編集]

関連項目[編集]