大島洋平

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大島洋平」の項目を執筆しています。
2010年日本シリーズ第4戦のお立ち台で号泣する大島
「センター獲得したら、入場曲書き下ろしてやるよ。」
大島洋平 について、秋元康
「大島洋平??誰それwww」
大島洋平 について、大島優子

大島洋平(おおしま ようへい)は、CND48の新センター(2010年から)である。

今のところ本家とされる方とは別のようだが、真相は不明。

来歴[編集]

高校、大学でもそれなりの活躍をしていたが、オーディションに呼ばれることはなかった。 その後社会人時代を経て、2009年のオーディションでCNDから5位でスカウトされた。入団会見では妻子とともに望み、「センターに定着できたら、新人王になります!」と発言、これが落合博満の耳に入り、2010年開幕戦でいきなり選抜メンバー入りする。しかし後に「嘘ぴょーん」と発言したことが落合の怒りを買い、2軍に落とされる。 その後、7月に行われた第42回選抜総選挙で見事センターに返り咲いた。しかし、センター決めじゃんけんには弱く、先輩の英智がセンターを務めることも。最終的にプロ入り1年目にして104公演でセンターを務め上げた。さらに同年の日本シリーズにおいて2323な活躍をして、優秀選手賞をゲット。2010年はのOh Yeah!が入場曲だったが、2011年はAKB48大声ダイヤモンドに決まりそうである。

プレースタイル[編集]

俊足、強肩の持ち主である。左打者ながら左投手に強いという若干和田一浩なところがある。2011年はさらなる飛躍とセンターの維持、そして大島優子より有名になることを握手会にて誓った。

人物[編集]

CNDの同僚には、大学の先輩の新井良太野本圭がいる。また社会人1年目にして(ほぼ)レギュラーを獲得し、外野の守備もそこそこという点では、同じく社会人1年目でなぜかレギュラーを獲得し、内野守備はお察し下さいだったものの外野に行って覚醒したbtbtとよく似ている。さらには美しい肌やキリっとした目つきやそんなに打率よくなくても使ってもらえるところや、さらには大一番での勝負強さ(2006年WBCでの福留のツンデレ)も一致しており、福留再来と評する声もある。

大島優子との関係[編集]

大島優子とは面識がなく(2010年10月現在)、また特に意識していないと言われているが、先の握手会にて、「立浪選手のように40歳まで野球を続けたい」と発言。これは「今をときめく大島優子でも、40歳まではAKBにいれないだろう」というかなり失礼な挑発とも取ることができるので、実際は意識しているのだろう。センター・Y.大島まで一緒であれば仕方あるまい。 なお、実際にはこっちが40歳の時には、あっち嗚呼…カーソル合せる勿れ…歳である。

関連項目[編集]



この項目「大島洋平」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)