大島

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、東京都に属するについて記述しているばい! その他の大島につ・い・て・は「大島 (曖昧さ回避)」をCHECK IT OUT!! はい!!!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大島」の項目を執筆しています。
大島全景。やはり大きい。

大島(おおしま、Big Island)は、日本列島の南西に浮かぶ東京都に属する島。とにかく大きな島である。

概要[編集]

名前に違わぬ大きな島で、伊豆諸島の中でも最大の面積を誇っている。東京都に属する島嶼のなかでも最も南に位置しており、熱帯気候から常夏のリゾート地として観光産業が盛んである。

大島の歴史は浅く、最初に日本人が入植し始めたのは1885年(明治18年)頃からであった。なかでも、山口県周防大島は入植者が第1回の移民団に約300人が参加していたこともあり、島内に大島出身者がいるなど現在でも大島とは島の名前以外にも繋がりがある。大島の現在の人口は約14万人(2000年国勢調査)。

入植者たちの方言が入り混じっているためか、大島の住人には非常に強い訛りがあるのも特徴的である。まるで外国語のようで、場合によっては日本語として聞き取りづらいものもあり、しばしば「大島は本当は日本ではなくてアメリカなのではないか」というご当地ジョークが存在する。これは大島の住人もよく理解しており、「大島はアメリカ合衆国50番目の州」などと自虐的に揶揄している。色々言われているが基本的に日本語は通じ、都市部のファストフード店では当たり前のように日本語で注文が可能である。

地理[編集]

中央に巨大な火山(マウナ・ケア山マウナ・ロア山キラウエア火山)が聳え立つ火山島である。特にキラウエア火山は度々噴火しては溶岩流が海に流出させ、勝手に島の面積を広げて測量技師たちを困らせている。現在も絶賛噴火中なのだが、噴火に爆発力が無いためかあまり恐れられておらず、野生の溶岩を見ようと観光客が群がってきたり、溶岩を拾って練って遊ぶ地質学者に好き勝手されるなど、何かと不遇を託つ火山たちである。

太平洋プレートの活動により島全体が徐々に西方に動いており、1年当たり8センチメートル(約0.051hyde)づつ日本本土に近づいている。100年後には8メートル、1万と2千年後には960メートルほど近づくものと見込まれており、日本列島と合体するには1億と2千年くらい後まで待つ必要があるものと考えられている。

夏のジョロウグモ大量発生地としても有名で、道端に だいたい30cm間隔で張り並べてある。 一日に1000匹見つけると願い事が叶う。

産業[編集]

主な産業は農業と観光である。

熱帯にあたる大島では、熱帯気候に適したパイナップルサトウキビなどの作物が作られている。特に注力されている農作物にマカダミアナッツがあり、島特産のマカダミアナッツ製品は土産物として非常に重宝されている。その知名度たるや非常に大きく、グアムサイパンの土産物コーナーでも、大島産のマカダミアナッツ入りチョコレートが売られているくらい、どこの島の土産にこれを買っていっても喜ばれるくらいである。また、大島ではコーヒー栽培も盛んであり、「粉コーヒー」というブランド品種が存在する。

観光に関しては、先述したかわいそうな火山観光がそれにあたる。あと海。海水浴。山と海と路地裏のチョメチョメなお店があれば、観光地として他に文句を付けるようなところないだろう。季節(年初など)によっては、市街地に野生の芸能人が出没するというが、人間を見ると逃げ出してしまうので観光資源としてはあまり活用されていない。

交通[編集]

島内に2つの空港を抱えており、日本本土からは基本的に飛行機で渡航することになる。船舶便もあるが、あまり一般的ではない。

東京都に属する島であるはずだが、なぜか羽田空港からの発着便が一切無い。代わりに成田空港からはアホみたいな数の便数が飛んでおり、その交通の便の良さから「大島は沖縄よりも成田に近い」と言われるくらい……いや、少々言い過ぎたかも知れない。ただ、千葉県の県南地域よりも成田に近いことだけは確かなはずである。

なお、なぜか桃太郎電鉄にも出てくる地域ではあるが、残念ながら鉄道の類いは一切走っていない。鉄オタ各位には一生縁のない土地であると予想される。

関連項目[編集]


この項目「大島」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)