大宮駅 (埼玉県)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

大宮駅(おおみやえき)とは、埼玉県さいたま市に存在するJR東日本東武鉄道およびさいたま新都心交通が乗り入れる駅のことである。首都圏どころか、JR東日本管内のなかで「最も地味な駅」という称号を持つ不思議な云われのある駅である。JR東日本管内の鉄道マニアの戦場でもある。

概要[編集]

大宮駅は当初存在しない駅であった。そこには一面不毛の大地が広がり、人ひとり住んでいるかどうかというほどであった。せいぜい氷川神社への初詣の需要がある程度で、当駅を利用する住民などはいなかったのである。しかしお上の方々お偉いさんの暗躍により、ここに車輌工場と駅をまとめて置いたのが大宮駅としての始まりであった。ただの田舎だったのだ。しかしそれからというものの、東北本線の分岐点となったほか様々な路線が乗り入れ、しまいには新幹線の主要駅となって今に至っているのだ。まさに交通の要衝ということばがふさわしい駅である。

しかし、この駅の一番と言ってよい特徴は地味であることだ。では、何故地味だと言われるのだろうか。これより地味な理由を2つ挙げていく。

地味な大宮駅[編集]

設立の理由[編集]

一つ目の理由は大宮駅のできた経緯にある。もともとの埼玉県の中心地浦和を通る高崎線のどこかから東北へ向かう路線を分岐させる必要があった。ところが本来浦和駅のほうが大規模になるべきなのに、鉄道によって発展したのはむしろ大宮駅。それに加えて新幹線やニューシャトルなどが所狭しと大宮駅にホームを構え、埼玉県最大といっても過言でないほどの大きな駅になったのだ。

大宮駅はこんな歴史的経緯を持っているが、ただの交通の要衝以外の何物でもなく特に人はそんなに住んでいなかった。結局人々が住まうのは浦和などであり、大宮駅「ただの乗換駅」というレッテルがくっついてしまったのだ。ベッドタウンというお株は川越や岩槻、越谷が持っていったのだ。

さいたまのイメージの悪さ[編集]

駅から出れば、こんな風景が広がってません。

二つ目の理由は「ださいたま」と呼ばれるほど、埼玉は田舎でありダサいことにある。東京都民や神奈川県民はあざ笑う、その程度だ。浦和はまだ東京の北区の延長線上と認めるが、大宮まで来るともう田舎中の田舎。田舎臭さが蔓延しているようである。この理由でいくと地味というよりも疎ましい駅と感じられるが、都会の人間はそうとは思わないようだ。

更なる発展[編集]

しかし、だからこそ大宮の発展の余地もあるわけで、大宮駅の地味さはどんどん薄れていくに違いない。これからの発展が期待される。 その一例として、大宮駅にはやぶさが停車したり、湘南新宿ラインや上野東京ラインなどによって新宿、東京、上野、そして鎌倉、熱海まで行ける。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大宮駅 (埼玉県)」の項目を執筆しています。