学生運動

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
大学紛争から転送)
移動: 案内検索
「しょぼい人数だな、後楽園には5万人も集まっているのに。」
学生運動 について、岸信介

学生運動(がくせいうんどう)とは、学生(自称も含む)というマイノリティ階級による、まさに社会構造的矛盾に対する階級的憤激とその矛盾の内なる自己存在の必然的矛盾に直面した階級的憂鬱感の理論的解決の一手段たる実力としての階級闘争、すなわち自己存在と認識の問題であるとともに、これは社会主義への過渡期的事象として一種の歴史的必然性を有するものである。すなわち学生階級はプロレタリアートでもなければブルジョワジーでもなく生産もしなければ搾取もされず社会的存在の位置づけが不明瞭となり必然的に社会的疎外が生ずるが、学生階級を革命的前衛階級として位置づけし直しアウフヘーベンすることによって、自己合理化を行ったのである。すなわちその革命的闘争の・・・(その実情については概要を参考にすべし

概要[編集]

友達を作る事も出来ぬ程コミュニケーション能力が無い、彼女が居ない、それどころか何と童貞大学の成績が可と不可ばかりかそれよりも絶望的。現代ならば2ちゃんねるにでも没頭するしか無い様な悲惨な学生の救済手段として期待された。

一緒になってこの運動に参加する事で、居場所と自我を見つけた気分になる。これは自己満足であるが、本人に限れば救済されたと言える。彼らは、やたらと「闘争」だの「自治」だのという言葉を自らの組織に付けるが、これは勢いの良さとか体面とかそう謂うのを気にしているからである、その点ではヲタクの様な清い解脱の境地とは程遠い。彼らは、自分の主張が否定されると直ぐ「言論弾圧」だのと喚き、反戦平和を声高に叫ぶが、実際に暴力を使って自らの主張を押し通そうとしているのは彼ら自身である。かなり矛盾した行動をしているが、そもそもこの運動は「体操」の一種であり、行動する事自体に意味がある訳で、結果はどうでもよいのである。

1960年~1970年代初頭に掛けてこの学生運動は最盛期を迎えた。成田空港反対、ベトナム戦争反対、権力を倒せと声高に叫んでいた彼らは団塊世代と呼ばれる。彼らは自分で物事を考えようともせず、学生時代に易姓革命を崇拝し、また社会に出たら会社に依存する事で個を放棄し、付和雷同、群れ(集団)に属する事で安堵する習性を持っている、只の家畜である。グローバル化が進んでいる現在において、彼らは時代のスピードについていけず社会から既に半分以上排斥されている。その一部は変革を恐れて、未だに昭和の幻想にしがみつき革命家気取りで自身を美化し「今時の若い者は・・・」を連発するなど、若い世代から侮蔑と嘲笑を買っている。

学生運動のルール[編集]

学生運動の必需品、ヘルメット。
色とりどりのヘルメット。宝石のようである。
  • 安全のため必ずヘルメットを着用すること
    • チーム別に違うデザインのヘルメットを準備するのが望ましい。
    • 所属チームが無い選手は黒色のヘルメットを着用するが、場合によってはアナキストと誤認されるので注意。
  • 武器は角材(通称ゲバ棒)・火炎瓶程度まで(核兵器生物兵器化学兵器の使用はルール違反で失格)。
  • 学籍が無くても自称学生ならば参加できます、五十歳でも。

学生運動の例[編集]

  • 自分たちの頭が悪いことから目をそらすため、東大の入試の中止を認めさせる。
  • 自分たちが講義をサボりたいから、教授の解任を認めさせようとする。
  • 「反戦」や「平和」というカッコいい言葉を使いたいから、国会に突入する。

学生運動の様子[編集]

うららかな天候に恵まれた24日午後、千代田区の法政大学市ヶ谷キャンパスの正門前で、中核派170人と警察官約200人によるけんかまつりが、今年も盛大に行われた。「法政けんか祭り」は、約40年の伝統を誇る法政大学の神事で揃いのヘルメットと手ぬぐいのイナセないでたちで、赤い旗を振り、ビラを撒きながら警察官と激しくもみ合い、家内安全、無病息災を祈願する。中核派のかつての繁栄をしのばせる貴重な神事として、平成9年には国の重要無形文化財に指定された。

警視庁公安部によると、このけんか祭りで年男の活動家合わせて6人がめでたく留置所に安置されたという。世話人の活動家、法楽吉二郎さん(67)は、「昔は町内の人たちが私らに、力水や塩や石を投げ付けて盛り上げてくれたもんです。今は後継者が少なくてねぇ…まだ私も現役ですよ」と寂しく笑いながら火炎瓶を投げ飛ばしていた。法政のけんか祭りが終わった東京は、間もなく初夏を迎える。

ミニゲーム[編集]

  • 内ゲバ(内部ゲバルト):他チームの選手に角材で殴りつけたり、投石したりと暴行を加えること。ノンセクトや一般人を内ゲバの巻き添え、あるいは攻撃側の誤認によって死傷した場合は「誤爆」と言う。相手の死傷者が多いほど高得点。誤爆した場合は減点となる。
  • ゲバ:警察官など公権力の手先に暴行を加えること。基本ルールは内ゲバと同様。
  • 立てこもり:安田講堂攻防戦など。占拠期間が長いほど、相手の死傷者が多いほど高得点。

著名な学生運動のチーム[編集]

関連項目[編集]

結論[編集]

やることやってから主張しようね。


この項目「学生運動」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)