大塚範一

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

大塚 範一(おおつか のりかす、2003年4月24日 - )は、戦闘攻撃アナウンサーである。早稲田大学政治経済学部で開発され、無事卒業した。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大塚範一」の項目を執筆しています。

スペック[編集]

萌え!!

開発から実用までの道筋[編集]

時は199X年。世界はヲタのアモールに包まれた。東京は都市圏は裂け、あらゆる生命体がヲタ化したかにみえた。 しかしテレビ局は絶滅していなかった。日本国のテレビ局の機関の一角を担う「フジテレビ」はこのヲタを死滅させるために、あるプロジェクトに乗り出した。 Fujiyama Volcano Project。当時の時代の技術の粋を集めた最新鋭兵器を使用し、ヲタの世界から守ろうと言う計画。 その初号機として作られたのがこの大塚範一である。生体CPUを兵器として採用し、様々な武装を装填し、装着した。 ここまでは問題は無かったのだが、問題は生体CPUの知能指数である。これを突破するために多くの薬物投与並びに記憶素子の導入でたった半年で早稲田大学を卒業できるまでのレベルに達した。が、この過激な薬物投与とCPUのストレス故に体系全てが非常に老けてしまい、実年齢とは事遠く離れてしまった。 それでも兵器としてのラインは十二分に発揮出来、無事フジテレビの初号機として実用されるようになった。

初のリフトオフ事件[編集]

当時はまだ本格的にヲタと戦った事が無く、機械等の的で模擬戦を行っていた。そして2004年についに、ヲタがお台場に出没するようになった。その日が大塚範一の初のリフトオフとなった。 生体CPUと機兵武装との珪素神経束接続は15.6秒、ルートチェックに1.56秒、その他諸々を重ねて結果的に156秒で射出。対象のヲタは2体。その強靭たる武装と正確な知能によってこれを突破。 問題はこの後である。ヲタが消滅したと同時に落ちた所持品を大塚が勝手に触れたのである。これがきっかけで大塚は半分ヲタとなりかけてしまうが、整備員及び救護班の早期発見によって汚染部分は無事除去した。

ヲタ[編集]

ヲタとは、日本の秋葉原の二次元関連のグッズ及び道具から発生する謎のエネルギー萌えに感染し完全に汚染した人間の事を指す。 萌えに感染した人間は徐々に体と精神が蝕み、最終的には二次元の壁を開くための怪物と化す。 多くの感染増加原因はヲタの所持する物が他者へと移り、それが更に他者へと移るという物である。 このメカニズムは解明してる物の、どうして秋葉原なのか、諸悪の根源が何であるのかは一切不明。 ヲタによる萌え感染拡大行為(本人たちは布教と叫んでる)を後に人は「アモール(愛)」と呼ぶようになった。 尚且つヲタは狂人的な力・精神力を手に入れただけであり、人間としての構造は全く変わっていない。 現代科学のこの病気の治療法は、地下に数十年間監禁をするか、一旦体を仮死状態にしエネルギーを完全に取り除くの二択しか無いとされている。

運用国[編集]

主な出演番組[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Bud Society-Combat Rebel Announcer Module : eXperiment 00 Fuji - 萌え社会に対し反逆する戦闘用アナウンサーモジュール


この項目「大塚範一」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)