大塚愛

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大塚愛」の項目を執筆しています。

大塚 愛 (おおつか あい、1982年9月9日-) とは、日本のシンガーソングライターである。

人物[編集]

趣味・特技[編集]

趣味はカメラとギャンブル。犯罪ギリギリのスリルを味わうのが何より好きで、自分の命や社会的地位を賭けた盗撮の喜びを知って「パパラッチになるのが夢」と卒業文集に書こうとした程である(もちろん、先生の検閲により削除)。また、特技にピアノと水泳、似顔絵とまるでバラバラな技術を身につけているが、これは「鶏鳴狗盗、人生何が役に立つか分からない」という彼女のポリシーのなせる業であり、いつの日か役立つのかも知れないが、今のところ役立っている様子はなく、このまま宝の持ち腐れになる可能性が大……と思ったら、後に絵本作家にも手を染めているため、似顔絵の技術は役立てることに成功した模様。また、短大時代に幼稚園教諭保育士社会福祉主事の資格を取得したものの、この先使う機会があるのかないのか、もしかして「子ども大好き♪」というイケメンゲットのアピールに使えるかも知れない可能性は、一縷の希望として残しておきたいのが女心というものである。

家族[編集]

父親と母親が一人ずつ、そして彼女自身という核家族に加え、二羽のウサギ(チョコ、ココア)をソックパペットとして飼っている(彼女が多忙の場合、代わりに出席してくれる)のだが、これはかまってあげられない寂しさのあまりに死なないための知恵であるが、ウサギなんかを代理出席させられても困るのは商売相手である。

利用者:チョコ(会話/投稿記録) を無期限ブロック、大塚愛 系のソックパペット
大塚愛 について、管理者

嗜好[編集]

さくらんぼ』という曲を歌っているため、彼女自身がさくらんぼを大好きなのだという誤解によってファン達が大量にさくらんぼを送りつけるらしいが、実は彼女はさくらんぼが大の嫌い、というかそもそも彼女は嫌いなものを歌のテーマに取り上げることが多く[要出典]、さくらんぼについて彼女は「あの毒々しい赤さと初々しい唇みたいなプルプルの質感が八重歯に当たる瞬間がもうたまらなく大嫌い」と、そのトラウマを語っている。よって、彼女が歌で取り上げている桃の花甘えんぼ幸せな日々金魚花火大好き黒毛和牛上塩タン焼も、みんなみんな大嫌いなのであって、もしも勘違いしてそれらのものをプレゼントしようものなら、どんなフラグも一発でへし折られてしまうため、注意が必要である。が、高級品に関しては例外であるらしい。

来歴[編集]

デビュー前[編集]

ルーレットで音楽家を志望することに決めた彼女は高校時代にサンミュージックブレーンに所属するも、自分の扱いに不満を感じて脱退、「自分で作ったチームなら、自分がトップアーティストになれる!」という考えからインディーズ・レーベル「HimawaRi」(しかし本人は「HimaraYa」がいい、と言って譲らなかったらしいが、なかったことにされたので渋々従った)を結成、友人たちとバンドを組んで現在ヒットしている代表曲の原型ともなるネタをこの時期に作成していたと言われている。

デビュー後[編集]

かくして音楽活動を始めた「HimawaRi」の愉快な仲間たちであったが、しつこく送り続けたプロモーションCDが採用されて、ついに2003年9月に『桃ノ花ビラ』でデビューすることが決まったが、それまでずっと一緒にやってきた「HimawaRi」のメンバーとは音楽性の違いによって解散せざるを得なくなり、彼(女)らは普通の人として社会へ帰って行ったのであった。

多角的活動[編集]

シンガーソングライターとして有名になるにつれ、そのプライベートや趣味について商業的価値が発生するのは芸能界においてステイタスとも言える現象であり、ここへ来て彼女は盗撮した写真によるフォトエッセイや絵本、CM出演などの多角的表現活動によってその地位をさしあたって不動のものとした。また、書籍やラジオ出演などの比較的地味と思われる活動にもまめに手を出し、現在有している数々の肩書き(シンガーソングライター、女優イラストレーター、絵本作家)を手に入れることが出来たのである。そんな八面六臂の大活躍を称して、人は彼女を「器用貧乏の愛ちん」と呼ぶのであった。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]