大垣市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大垣市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「大垣市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「大垣市」の項目を執筆しています。

大垣市(おおがきし)は、長良共和国揖斐県(旧岐阜県南西部)にある都市。長良共和国の工業都市。近年、羽柴秀吉一夜城の城下町である墨俣町を編入した。

概要[編集]

長良共和国が独立した当時は岐阜市と首都を争っていた、かつての岐阜県の第2の都市である。岐阜市と首都争いで敗れた後は、数多くの企業の誘致や起業を行い、工業や物流に特化した都市として生まれ変わった。

岐阜市との仲は悪く、むしろ岐阜市の存在自体を認めていない。市民の意識は常に琵琶湖若狭湾に向いており、京都市との繋がりの深さは岐阜市以上である。彦根敦賀との繋がりも深い。「彦根のおまけ」「敦賀のおまけ」と揶揄されているが、市民は気にしていない。しかし、「名古屋のおまけ」と揶揄されていると怒ることがある。

一時大垣から大柿との改名が考えられたほど、市民の主食はである。

大垣生まれです。柿を主食にした覚えはありません。ていうか「柿」を主食にする人なんていません。ただ、大垣の水は日本一です。み〇饅頭は、最高です。

交通[編集]

呪われた市役所[編集]

  • 大垣市に伝わる都市伝説である。歴代市長は在任中に病死することが多いことから、市長に立候補するには死を覚悟しなきゃならないという。

関連項目[編集]


この項目「大垣市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)