大友宗麟

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

大友宗麟(おおともしゅうりん)とは、戦国時代九州地方で流行った日本キリスト教のうちの一派、大友宗の入信者を表す隠語である。

概要[編集]

日本列島に中国由来の文化のほかの教えが伝わったのは1542年[要出典]のとき、種子島の鉄砲伝来である。当時こそ中国人が引っ張ってきてくれたのだが、日本の話を聞いた欧州民族は植民地視察も兼ねて偵察を開始。手始めに同時一大宗教のキリスト教を入れようと目論み、宣教師が次々に九州を訪れていた。一方で日本人は、種子島で聞いた鉄砲に興味を示し、今か今かと鉄砲を待ち望んでいた。その中で宣教師はキリスト教を人々に説き、無知の日本人を虜にさせた。

だが、大名からすればそれは主従関係を崩しかねない事態でもあった。そのことに危機感を持った当時の有力大名、大友氏は考え、「キリスト教の文化を自分たちで取り込んでしまう」という大胆な発想により、大名の支配する国の中でキリスト教を作った。これにより、キリスト教の教えを受けつつ、かつ領国をしっかり統治できる新たな宗派とし、日本に根付いた。これを導入した大名は「キリシタン大名」と呼ばれ、その中で先駆けとなった大友氏は「大友宗」という名でキリスト教が伝わったのである。

信者[編集]

キリシタン大名は所有する国にキリスト教を統治しやすい形で受け入れた。そのためにこの宗派の信者は統治されていた地の住民と言われている。だが領民にはとどまらず、九州で商売を行っていた商人にも流布していた。これは商売がやりやすくはるだけでなく、名誉を獲得する上でも効果があった。この商人らはその後の朝鮮出兵において、必要な物を運ぶ際に一緒にキリスト教を流行させた。それが兵士から全国に広まった原因とも言われる。

キリン[編集]

そして明治維新以後、要出典厨が怒りに震えそうなレベルの歴史書が東京を横行したのである。その中の民明書房『九州基督始』。この歴史書の中にこのような一節がある。

「信者ハ大友氏持参シ珍品物珍キ顔眺至姿麒麟如」

この中で、領民らは大友氏南蛮船から持ってきた珍しい品を物珍しく眺めていた。それはあたかも首を長くしてみているキリンのようだとある。この言葉は大友氏の領民らの性格を表す言葉となり、そのうちに訛り、大友宗麟となったとされている。

現在[編集]

今は欧州文化を踏襲した「カトリック」や「プロテスタント」などが主にはなってしまったが、昔日本にあった「エセキリスト教」はこの大友宗が元であった。いまでも大友宗麟という形は受け継がれているとされる。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]